プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
事故が起きたら逃げられるのか?
市民による女川原発の安全性を問うシンポジウム part2

日時:2016年5月29日(日) 12:30~16:30 (開場12:00)
会場:仙台国際センター・大ホール (地下鉄東西線国際センター駅下車 徒歩3分) 
入場無料

■主催:脱原発をめざす宮城県議の会
市民による女川原発を問うシンポジウム実行委員会
連絡先:電話&FAX 022-373-7000(篠原) hag07314@nifty.ne.jp(舘脇)

■プログラム:
基調講演1 「福島原発事故 そのとき浪江町民は」 馬場有氏(福島県浪江町長)
基調講演2 「原発避難計画の実効性を問う」 上岡直見氏(環境経済研究所代表)
パネルディスカッション
女川原発からの放射能拡散シミュレーション
福島県・宮城県の市町村の防災担当者からの報告など

■賛同人・賛同団体大募集!
賛同金  個人一口1,000円  団体一口3,000円
賛同いただいた方はブログ、当日パンフレットに記載して紹介させていただきます(匿名希望の方はその旨ご連絡ください)。
郵便振替口座 02210-0-120053
口座名 市民による女川原発シンポジウム実行委員会
※恐れ入りますが振込手数料のご負担をお願い致します。

2011年3月、東電福島第一原発事故により、多くの住民が着の身着のままで避難を余儀なくされました。原発で何が起こっているのか分からない恐怖と混乱の中、激しい渋滞の列が延々と続いたのでした。
もし女川原発で重大事故が起こったら、私たちは安全に逃げられるでしょうか? 県民の被曝を防ぐことは出来るのでしょうか?
私たちは、まず福島の体験を知ることを通して、この問題を考えなければなりません。そして自治体に策定が課せられている「原発避難計画」の実効性を検証しなければなりません。
女川原発がそこにある限り、原発に賛成であろうが反対であろうが、すべての宮城県民が当事者となる問題です。県議会議員、自治体関係者、そして県民が一堂に会して、共に考えましょう。



……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

5.29「事故が起きたら逃げられるのか」シンポジウムの動画です
それぞれクリックしてください

市民による女川原発の安全性を問うシンポジウム・主催者挨拶
基調講演1 「福島原発事故 そのとき浪江町民は」 馬場有氏(福島県浪江町長)
基調講演2 「原発避難計画の実効性を問う」上岡直見氏(環境経済研究所代表)
パネルディスカッション・閉会挨拶

20165291.jpg20165292.jpg
201605294_20160530223314bfc.jpg

5月29日、仙台国際センター大ホールで「事故が起きたら逃げられるのか?市民による女川原発の安全性を問うシンポジウムpart2」が開催され、前回を上回る630名の市民・議員などの御参加を頂くとともに、いろいろな立場・視点から原子力防災・避難計画の問題について多角的な議論が繰り広げられました。講演者・パネリストの皆様、御参加・御賛同頂いた皆様、本当にありがとうございました。以下は当日の資料です(発表者の許可を得てアップしております)。

馬場浪江町長講演資料(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/uces
石巻市避難計画の概要(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/uceA
上岡直見氏講演資料(1)(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/uceG
上岡直見氏講演資料(2)(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/uceK
上岡直見氏講演資料(3)(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/ucfk
上岡直見氏講演資料(4)(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/uceS


<報道より〉
■5月29日 仙台放送
http://ox-tv.jp/nc/p/search_list.aspx?t=share&d=20160529&no=4

仙台市で女川原発の安全性を考えるシンポジウム開催
29日、宮城・仙台市青葉区で、女川原発の安全性を考えるシンポジウムが開かれ、福島・浪江町の町長が、事故が起きた際の迅速な避難行動などについて講演した。 浪江町の馬場 有町長は「放射性物質が、放出されてからでは遅い。(その)前に、避難できるように、国の指示を待たずに、町の判断で避難指示が出せる態勢をつくらなくてはならなかった」と述べた。 このシンポジウムは、「原発事故が起きたら逃げられるのか」をテーマに、女川原発から30km圏内にある、自治体の避難計画を検証しようと、県議会議員などが開いたもの。 29日は、浪江町の馬場町長が、福島第1原発事故直後の住民の避難行動を振り返り、複数の情報伝達手段を持つことが重要と話した。 馬場町長は「(迅速な避難へ)防災エリアメールとか、ウェブサイトとか、SNSとか、音声ではなく、目で見るサイネージなど、新しいツールを考えなければいけない」と述べた。

■5月30日 毎日新聞
女川原発 安全性を問うシンポジウム
避難計画に批判相次ぐ

 東北電力が来春以降の再稼働を目指している女川原発の安全性を問うシンポジウム(脱原発をめざす宮城県議の会など主催)が29日、仙台市で開かれた。立地自治体(女川町・石巻市)などが策定する住民の避難計画や事故時の想定について、参加者から疑問や批判が相次いだ。
 東京電力福島第一原発事故を受け、国は原子力災害対策指針を改定し、原発事故時の避難計画の策定を30キロ圏の自治体に求めている。両立地自治体のほか、登米市、東松島市など5市町が含まれる。中嶋廉県議は、国の原子力規制委員会が、原発から同心円状の距離を基本に放射性物質の拡散を想定していると批判。福島第一原発事故では距離に関係なく高い放射線量を観測した地域があることから、山などの地形や風向きなどの気象条件を踏まえる必要があると指摘した。東北東の風の場合、高いレベルの放射性物質が30キロ圏の南三陸町ではなく、海を越えて仙台市方向などにも及ぶという研究機関の想定を紹介した。事故当時福島県田村市で障がい者自立支援施設を運営していた鈴木絹江さんは、国の指針で5~30キロ圏は事故直後に屋内退避とされていることについて「障害を持っている独居者や高齢者は真っ先に避難が必要。(介護の)ヘルパーも来られない状況では餓死してしまう」と訴えた。石巻市の避難計画を策定している二上洋介・総務部次長は、避難手段として車が想定されていることに関連し、車両の放射線量の測定や除染をするポイント2か所で発生する渋滞が35キロに及ぶ可能性を説明した。

■5月30日 朝日新聞
避難計画の問題点、議論
    原発事故テーマにシンポ

 女川原発の安全性を問うシンポジウムが29日、仙台市内であり、約650人(主催者発表)が参加した。「事故が起きたら逃げられるのか」をテーマに避難計画の問題点を話し合った。
 福島県の浪江町の馬場有町長は基調講演で、福島第一原発事故の当初、情報伝達が不十分だったことや、町外への避難ルートも未定だったことを説明。「私自身が安全神話につかっていた。事故後は住民がバラバラに避難し、混乱した」と話した。
 主催した脱原発を目指す県議の会副会長・中島廉県議(共産)は、民間のシュミレーションシステムを使い、女川原発で重大事故が起きた場合、風向き次第では仙台市中心部も避難を余儀なくされる可能性を指摘。「まともな想定をしないで(自治体の)避難計画が作られている。現実味のある避難計画に作りなおすべきだ」と訴えた。
 討論会では石巻市の避難計画づくりを担当する二上洋介総務部次長が、自治体ごとに計画の策定を義務付けている国の方針を問題視。隣り合う市や町の計画が連動しないと実効性がないとして、「国や県が先頭に立って一つの計画をつくるべきだ」と主張した。
11月23日
シンポジウム
simpo2_20151128213702e0c.jpg

被災原発を再稼働させて大丈夫!?
「市民による女川原発の安全性を問う シンポジウム」

【当日資料】
11.23シンポジウム資料(前半)
11.23シンポジウム資料(後半)

【映像記録】
https://youtu.be/HISM4THdUzY



肌寒い雨の一日でしたが、会場は530名の参加者で大盛況のなか無事終えることができました。

シンポジウムにご賛同くださった皆様
当日ご参加くださった皆様、
原子力市民委員会の皆様
シンポジウム呼びかけ人の皆様
本当にありがとうございました。

長期間の準備を重ねた結果、意義深いシンポジウムとなり、
女川原発再稼働を止めるための次へのステップを、広く大きく作る事が出来ました。
ご尽力下さった皆様に心から感謝申し上げます。 

映像は、登壇者が実際に原子力開発に携わった経験や、長年の研究に基づいた発表と議論の記録です。
当日聞き逃された方、専門的でお話が難しいと感じられた方も
あらためてどうぞじっくりご覧下さい!
そして、ぜひ多くの方にもご紹介ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

 
【報道】
●11月24日<河北新報>
被災原発 安全懸念
 仙台女川再稼働でシンポ

 東北電力が2017年4月以降の再稼働を目指している女川原発の安全性を考えるシンポジウムが23日、仙台市青葉区の市情報・産業プラザであった。原発再稼働に反対する市民団体による実行委員会が主催し、約500人が参加した。
 原発の元技術者や大学教授がパネリストとなり、東日本大震災で受けた女川原発の被害を分析し、持論を展開。原子炉の冷温停止に必要な外部電源の多くが破損し、紙一重で確保したことなどから、市民の求める完全な安全性は保たれていないとの認識で一致した。このうち、大手メーカーOBで原子炉格納容器の強度設計を研究した後藤政志さんは「放射能物質の拡散を防ぐための格納容器は、炉心溶融(メルトダウン)してしまうと、まったく事故の進展を抑えられない」と原発の問題点を指摘した。
 井野博満東大名誉教授(金属材料学)も「技術はつくる立場の意図を反映して実現され、その立場の価値観で評価される。すべて分かった上でつくられるわけでもなく、不確実性が存在する。そうした原発の設計思想への疑問は消えない」と述べた。会場からは、福島第一原発事故を教訓とした、新規性基準の合理性などを問う質問があった。


●11月25日 <NHK>
http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20151123/4678591.html
女川原子力発電所の再稼働に反対している宮城県内の市民グループが、仙台市で、原発の問題点を話し合う公開討論会を開きました。
この討論会は女川原発の再稼働に反対している県内の市民グループが共同で開いたもので、500人あまりが参加しました。
この中で、原発メーカーで原子炉格納容器の設計に携わっていた後藤政志さんが「福島第一原発のような水素爆発を防ぐ対策ができていない。特に女川原発は、東日本大震災で損傷しているうえ、福島第一原発と同じ原子炉格納容器の改良型を採用している問題がある」と指摘しました。
このあと会場から「政府は、日本の原発の規制基準は世界で一番厳しいと言っているが本当か」という質問が出されました。
これに対し東京大学の井野博満名誉教授はヨーロッパやアメリカの例を出して、「決して一番厳しいとは言えない」などと答えていました。
主催者の篠原弘典さんは「きょう出たさまざまな問題を、今後、国や県にぶつけて女川原発の再稼働に反対していきたい」と話していました。
東北電力は「資源の乏しい日本の実情を踏まえれば、安全確保を前提に原子力は一定程度必要だ」として、安全対策を強化した上で、女川原発2号機の再稼働を目指しています。
【10月以降の催事のご案内】

■10月5日
〜3.11震災5年企画〜 公開講演『日本の原発問題を俯瞰する
       〜特に放射線健康被害について』
【日時】  10月5日(水)19:00〜21:00

【会場】 仙台弁護士会館4階
    (仙台市青葉区一番町2丁目9—18)
【講師】  河合 弘之 氏
  (さくら共同法律事務所所長、映画「日本と原発」監督)
【参加対象】テーマに関心のある方はどなたでもご参加
      いただけます。みなさんお誘い合わせの上、
      ご参加ください。

【参加費】 無料

【主催】 宮城県保険医協会 公害環境対策部
【申込・問合せ】 *要事前申し込み
宮城県保険医協会 事務局
TEL:022-265-1667
FAX:022-265-0576
E-mail:miyagi-hok@doc-net.or.jp 
HP:http://miyagi-hok.org


■10月7日
コンサート&総会
□とき: 10月7日(金)18:30~
□ところ:東松島市コミュニティセンター 二階階研修室
□一部 「UPZシンガーズ」による脱原発コンサート
□二部 市の避難計画について(東松島市防災担当・交渉中)
□三部 会員総会(一般市民のみなさんの参加も歓迎します)
□主催 「女川原発の再稼働に反対する東松島市民の会」
     連絡先☎ 07054725267(石垣)


■10月23日
☆脱原発みやぎ金曜デモ☆
200回ダヨ!全員集合!

日時:2016年10月23日(日)
  午後2時~集会 午後3時過ぎデモ出発
会場:元鍛冶丁公園 (仙台市青葉区国分町二丁目9-13)

☆各地からのスピーチ
☆歌・踊り・コント
☆「民衆の歌」合唱 など
ブースも募集中!(準備は全て自前でお願いします)申し込み締め切り10月17日
主催:みやぎ金曜デモの会<お問合わせ>070-5092-1701(西)


■11月12日
核廃棄物の後始末をどうするか
意見交換会in宮城・栗原

日時:11月12日(土)  午後1:00開始~4:00(会場12:30)
会場:栗原市(金成支所)金成ほたるホール(金成沢辺町沖200 ☎0228-42-1111)
資料代:500円

【報告者】筒井哲郎(プラント技術者の会)
      満田夏花(国際環境NGO FoEJapan理事)
【意見交換】コーディネーター:岡山 博(元仙台赤十字病院呼吸器科医師)
■みなさんの御意見をお寄せください。当日も活発な意見交換を!

【協力】原子力市民委員会
【主催】「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」 http://kuriharasimin.blog.fc2.com/
連絡先:本田敏夫  ☎・FAX 0228-23-7707




■11月20日
「‐命をまもるために 知ろう、つながろう‐かまちゃんの映画と対話の会」

『六ヶ所村ラプソディー』『ミツバチの羽音と地球の回転』など
多数のドキュメンタリー作品を作られている鎌仲ひとみ監督。
今回は監督の最新作「小さき声のカノン」を多くの方に観て頂きたいです。
皆様のお越しをお待ちしております。

◇ 日時:2016年11月20日(日) 13:30~16:40(13:05~受付/開場)
◇上映作品「小さき声のカノン」 監督:鎌仲ひとみ 製作・配給:ぶんぶんフィルムズ/119分
◇会場:仙台メディアテーク7階スタジオシアター(仙台市青葉区春日町2-1)
    *地下鉄南北線勾当台公園駅下車「公園2」出口から徒歩6分

:スケジュール:
13:30- ぶんぶんフィルムズ予告編
13:35- 本編上映(119分)
15:55- 休憩(10分)
16:05- 「戦争の作り方」(7分)上映
16:15- 鎌仲ひとみ監督トーク(質疑応答)
16:40- 終了

*18時より交流会を開催(「かまカフェ」19:30まで 定員20名申込み要)
◇入場料:前売り1000円 / 当日1200円(小学生以下無料
*託児はございません。
*定員180名(満席の際は当日券は販売いたしません)

:お申込み:
◇こくチーズ
http://kokucheese.com/event/index/426763/
◇メール
info@kamanaka.com

◇前売りチケット取扱店
 「火星の庭」http://kaseinoniwa.com/ 
「慢瑶茶(まんようちゃ)」URL(facebook)/ https://www.facebook.com/ManYaoCha
 「ゼロ村市場」http://www.zerocraft.com/zero-village/zeroichiba.html






■12月3日
今中哲二氏講演会
『福島原発事故から5年-チェルノブイリと福島の放射能汚染を考える』

福島原発事故から5年半、放射能汚染の問題がメディアに取り上げられることも少なくなりました。この間、ある意味で「順調に」放射線量は減衰してきましたが、しかし今後は、汚染の主役=セシウム137の半減期が30年であることを考えると、数十年(数百年?)単位の対応を考えていかねばなりません。決して「風化」させてよい問題ではないのです。
この問題について考えるために、今中哲二さん(元京都大学原子炉実験所助教)の講演会を開催します。今中さんは、福島原発事故の直後から福島県飯舘村に入り、村内の放射線量を詳細に測定、その後も毎年、定点観測を継続しておられます。
今中さんのお話をとおして、これから私たちが放射能汚染問題にどのように向き合っていくべきか?を共に考えましょう。

日時 :2016年12月3日(土) 13:30~16:00
 場所: 仙台市戦災復興記念館・記念ホール (仙台市青葉区大町2丁目12-1)
講師: 今中哲二
参加費: 無料

主催 放射能問題支援対策室いずみ/生活協同組合あいコープみやぎ


9月15日
第80回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合
【議題>
重大事故等対策の有効性評価について

<開催案内、会議資料、会議映像>
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/onagawa2/committee/index.html
9月14日
第24回福島県「県民健康調査」検討委員会
【検討会 配布資料】
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai-24.html


<報道 9月15日河北新報より>
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160915_61031.html
<甲状腺検査>福島の検査体制 議論継続

 東京電力福島第1原発事故による被ばくの影響を調べる福島県の県民健康調査検討委員会が14日、福島市であった。事故当時18歳以下の子どもらの甲状腺がん検査について、星北斗座長は検査の在り方を引き続き議論していく方針を明らかにした。
 甲状腺検査を巡っては、がんが見つかることで、本人や家族が原発事故の影響を不安視するなど「過剰診断」の可能性を指摘する意見もある。
 委員からは「長期的な影響を調べる必要があり、今後10年は縮小はあり得ない」「検査の短所と長所を伝えた上で検査を続けるべきだ」などと検査体制の維持を求める声が大勢を占めた。今後の議論では期限を設けず、体制見直しも含めて適切な在り方を検討していくことにした。
 検査に対しては、患者らでつくる「311甲状腺がん家族の会」が8月23日、規模縮小に反対する要望書を県に提出。県小児科医会は同25日、縮小を含めて検査の在り方を再検討するよう県に要望した。
 検討委では、今年6月時点と比べ、がん確定と診断された人が4人増え、135人となったことが報告された。

<9月15日 福島民友より> 
http://this.kiji.is/148965489502422521
「甲状腺がん」...累計34人に 2巡目検査、新たに4人が診断
2016/9/15 09:38
 県と福島医大は14日に開かれた県民健康調査検討委員会で、原発事故発生時18歳以下の県民を対象とした甲状腺検査を巡り、2巡目の本格検査(6月末現在)で新たに4人が甲状腺がんと診断され、累計34人になったと報告した。がんの疑いは25人。
 「がん」や「がん疑い」は前回報告(3月末時点)から2人増の計59人で、このうち54人が1巡目の先行検査で「問題なし」と診断されていた。検討委は「現時点で放射線の影響は考えにくい」と従来と同様の見解を示した上で、引き続き詳細な分析を進める。
 検査では、原発事故直後から3年目までの先行検査と、2014(平成26)年4月から始まった本格検査の結果を比べて放射線影響などを調べる。程度の軽い方から「A1」「A2」「B」「C」と判定、BとCが血液や細胞を詳しく調べる2次検査に進む。本格検査は14年度に25市町村、昨年度は34市町村で行い、約27万人が受診した。

 「がん」や「がん疑い」と診断された59人のうち54人は先行検査でA1、A2と診断され、残る5人はB判定だった。59人の内訳は男性25人、女性34人で腫瘍の大きさは5.3〜35.6ミリ。事故当時の年齢は5〜18歳。このうち、事故から4カ月間の外部被ばく線量が推計できたのは32人で最大値が2.1ミリシーベルト、12人が1ミリシーベルト未満だった。
 約30万人が受診した1巡目検査と合わせ、これまでにがんと診断されたのは計135人、がん疑いは39人となった。