FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

第134・ 135回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

□11月20日
第135回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

【会議資料・映像】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002145.html
【議題】
「土木構造物の解析手法及び解析モデルの精緻化について」
「後施行せん断補強による耐震補強について」

<報道・河北新報11月21日より>
女川2号機規制委審査
東北電「1月終了困難」
原子力規制委員会は20日、東北電力女川2号機の新規性基準に基づく適合性審査会合を開いた。東北電は会合後、来年1月に全ての審査を終えたいとする同社の方針について、先延ばしになるとの認識を明らかにした。審査は地震・津波・設備の両分野で終盤を迎えた一方、今年10月に規制委から「論理展開が十分検討されていない」と追加資料の提出を求められるなどしたため、当初の見込みより数か月の遅れが生じている。東北電幹部は「審査状況などを考えると、来年1月に終えるのが難しくなっている。規制委に追加資料を提出し、審査を終えたい時期を改め見極める」と説明。提出時期は「遅くないうちに出したい」と述べた。この日の審査会合では、屋外重要土木構造物の耐震評価に採用する解析手法など継続議論した。規制委から建物の強度限界を緩める評価だ」と指摘されたのを踏まえ、東北電はより強固な強度限界に見直したなどと表明した。規制委側は追加説明を求めた。



□11月6日
第134回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合
【会議資料・映像】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002139.html
【議題】
「防潮堤の設計方針について」
「防潮堤の構造成立性評結果について」
□10月25日
女川原発1号機廃炉に 東北電力が方針固める 運転開始から35年目
 東北電力が女川原発1号機(宮城県女川町、石巻市)を廃炉にする方針を固めたことが24日、分かった。運転開始から35年目を迎え、さらなる運転期間の延長には巨額の経費を要することなどから判断したとみられる。東北電は近く、立地自治体などに説明する。原田宏哉社長は9月の定例記者会見で「廃炉も具体的な選択肢として検討していく」と述べ、経済性などを理由に廃炉の可能性に初めて言及した。
 女川1号機は1984年に営業運転を開始。東日本大震災以降、停止が続く同社の原発4基の中で最も古く、出力52万4000キロワットは最も小さい。東京電力福島第1原発事故を受け、原発の運転期間は原則40年と定められた。原子力規制委員会が認めれば最大20年延長できるが、事故後の新規制基準を満たすには巨額の安全対策費が必要になる。
 女川1号機は福島第1原発と同じ沸騰水型炉の「マークI」タイプで、福島を除く中部電力、中国電力、日本原子力発電の計4基は、いずれも廃炉が決まっている。
 女川2号機は、再稼働に向けて規制委による審査が終盤を迎えている。女川3号機は審査申請の準備が進んでいる。
 原田社長は「2号機の審査の知見を(1号機に)そのまま反映できないものが出てくる。安全対策も難しさがある」と述べていた。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181025_12039.html
第132・ 133回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

□10月23日
133回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合
【会議資料】
http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002136.html
【映像】
https://www.youtube.com/watch?v=kfrIF32USw8
【議題】
「耐津波設計方針について」


<報道・河北新報10月24日より>
女川2号機
防潮壁の構造東北電変更へ
規制委審査会合

 原子力規制委員会は23日、東北電力女川2号機の新規性基準適合性審査会合を開いた。東北電は、海水ポンプ室などに整備する防潮壁の構造を変更すると表明した。7月の審査会合で規制委が「壁の立て方が複雑で特異な構造」と疑問視していた。防潮壁は、津波が取水路や放水路を通じて敷地に流れ込むのを防ぐため4カ所(高さ5~6メートル)に設ける。東北電は規制委の指摘を踏まえ、地中のくいで安定させる遮水壁をコンクリ―トパネルから鋼板に変更したほか、設計変更によって止水性も高めた。また、原発への津波漂流物としてがれきや車両、最大19トンの小型船舶を想定。付近を通る定期航路船は津波時の退避措置が明確で、漂流物にならないとした。規制委側は大型船舶の漂流を示し、津波監視カメラから海水取水口が見えない状況について見直しを求めた。東北電は来年1月に審査を終える方針を掲げる。



□10月16日
第132回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

【会議資料】
http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002134.html
【会議映像】
https://www.youtube.com/watch?v=_O9udIXjp3g

【議題】
「女川原子力発電所2号炉の設置許可申請書に係る今後の審査について」



<報道・河北新報10月17日より>
女川2号機審査
追加資料提出東北電に指示
 規制委

 原子力規制員会は16日、東北電力女川原発2号機の新規性基準適合性審査会合を開いた。プラントの安全対策を巡り、規制委は「説明の論理展開や審査が先行する原発との類似点や相違点の分析が不十分」と指摘し、追加資料の早急な提出を指示した。今後、審査を進めるかどうかの判断材料にする考え。追加資料は再稼働に必要な設置変更許可の実現可能性を確認する補足説明資料と、柏崎刈羽や東海第2といった審査が先行する沸騰水原発と女川2号機との比較表。重大事故対策など大詰めを迎える審査を前に、綿密な事前準備を東北電に要求した形だ。審査会合で山中伸介委員は「安全に対する一義的な責任は事業者にある。審査書類は事業者自らきちんと検討し、申請するのが筋」とのべた。東北電側は「極力スピード感をもって資料を用意したい」と応じた。東北電は来年1月に審査を終えたいとする方針について、現時点で変更はないとしている。

□9月27日

東北 NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20180927/0002960.html

女川1号機 廃炉も視野に検討へ

09月27日 18時59分

東北電力の原田宏哉社長は、運転を停止している女川原子力発電所の1号機について、国が設けた新規制基準に沿って安全対策の工事を進めるのが難しい可能性があるとして、廃炉も視野に検討を進める考えを初めて明らかにしました。

東北電力は女川原発2号機の再稼働に向け、国の原子力規制委員会の審査を受けながら、2020年度の完了を目指して安全対策の工事を進めていますが、1号機については、運転を停止したままです。
これについて東北電力の原田宏哉社長は、27日の記者会見で女川原発1号機について、廃炉も視野に検討を進める考えを初めて明らかにしました。
東北電力はその理由について、1号機は運転開始から34年がたち、格納容器などの設計が古いことから、2号機で進めている安全対策のノウハウを生かすのが難しいことを上げています。
原田社長は「女川原発2号機の審査が進み、どんな安全対策工事が必要か見極めが可能になったことから廃炉も選択肢の一つとして具体的な検討を進めるにいたった」と述べました。
東北電力では、1号機の廃炉を決める具体的な時期については明らかにしていませんが、2号機については再稼働に向けて、安全対策の工事を進めることにしています。
村井知事は、「原子力発電所の廃炉については、運転年数や新たな規制基準への適合性、それに、電力の安定供給なども考慮しながら、東北電力が総合的に判断すべきものと考えている」とコメントを発表しました。
第130・ 131回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

□9月25日
第131回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合
【配布資料・映像】
http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002122.html
【議題】
「建屋の耐震設計」

<報道・河北新報9月26日より>
建屋の耐震審査終了
女川2号機 規制委が審査会合

 原子力規制委員会は25日、東北電力女川2号機の新規性基準への適合性審査会合を開いた。規制委側は東日本大審査で被災した原子炉建屋などの耐震評価について、一通りの審査を終えたとの認識を示した。女川原発固有の論点の山場を超え、東北電は来年1月に審査を終えたい方針を掲げる。この日の審査会合で、東北電は規制委の指摘事項に回答。規制委側は会合後、「震災を耐震評価にどう反映させるのかめどが立った」と明らかにした。女川2号機は震災後、建屋の耐震壁に多数のひびが見つかり、地震への剛性(変形しにくさ)だ最大70%低下した。設計の想定を上回る低下となり、規制委側が問題視した。東北電はこれまで過去の地震や乾燥収縮しやすいコンクリートを使ったため、ひび割れが進んだが、建物の耐力は鉄筋で保たれていると主張してきた。剛性低下は他の建屋、設備の耐震評価にも反映させる。東北電幹部は会合後、「剛性低下によって耐震評価で想定する揺れが極端に変わることはない。あまり大きい影響にならない」と述べた。同社は建屋の鉄骨で組まれた屋根などの耐震評価に新たな解析手法を採用することも説明した。



*女川原子力発電所 2号炉  事業者とのヒアリング概要 資料(原子力規制委員会 と 東北電力)
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/onagawa2/meeting/index.html

 要旨
https://www.nsr.go.jp/data/000246056.pdf





□8月30日
第130回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

【配布資料・映像】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002115.html
 
【議題】
「耐震設計方針、耐震設計全体概要について」

<報道・河北新報 8月31日より>
女川2号機審査
建屋の耐震設計方針説明を終了 東北電

 原子力規制委員会は30日、東北電力女川2号機の新規性基準への適合性審査会合を開いた。東北電は東日本大震災で被災した影響を踏まえた建屋の耐震設計方針の全体像を報告し、建屋の耐震に関する一通りの説明を終えた。東北電は、震災で建屋の地震に対する剛性(変形しにくさ)が大幅に低下したことを反映させた耐震設計方針や、耐震壁に入ったひびのモニタリングを強化することを説明。規制委側は説明の充実を求めた。審査担当者は終了後「建屋の議論はほぼ収束した」との認識を示した。また審査会合で、規制委は来年1月に審査終了を見込む東北電について「説明資料の準備や論理構築が不十分で、審査日数が増えている」と、これまでの対応を厳しく指摘。他の原発審査への対応によって9がつの審査開催がずれ込む可能性にも言及した。東北電の担当者は「しっかり受け止め、説明資料を充実させる」と答えた。