プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

[一斉焼却」を阻止する市民集会

■11月23日
第4回
放射能を拡散させる「一斉焼却」をスルナ・サセルナ市民集会
日時:11月23日 14:00~15:30
場所:大崎市図書館 多目的ホール(TEL。0229-22-0002)
<入場無料>
議論のテーマ
1)各議会・議員の動きを知る
2)私は「焼却」をこうして止める
*終了後に駅前までパレードを行います。
主催:放射能を拡散させる「一斉焼却」をスルナ・サセルナ市民集会実行委員会
連絡先:中嶋(大崎の会)0229-47-4494

■12月2日
放射能汚染廃棄物試験焼却反対
12・2県南総決起集会
日時:12月2日 13時半
場所:大河原駅前オーガ2Fイベントホール
   14時半 町内デモ行進
主催 放射能汚染廃棄物一斉焼却反対県南連絡会・同宮城県民連絡会
連絡先 大河原事務所(0224-53-4734)
11月16日
女川原発2号機 原子力規制委員会が現地調査を実施

11月17日 
<報道・河北新報より>
 <女川原発>原子炉建屋のひびなど確認 規制委が調査
原子力規制委員会は16日、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の新規制基準への適合性審査の一環として、現地調査をした。東日本大震災でひびが多数入り、審査で健全性が問われている原子炉建屋の耐震壁などを確認した。
 現地調査は3回目。審査が今後本格化する設備分野担当の山中伸介委員と原子力規制庁の担当者約30人が参加した。
 建屋3階の耐震壁は震災で、幅1ミリ未満のひびが1130カ所入り、最上階は地震への剛性(変形しにくさ)が最大70%低下したことが判明している。山中委員はひび割れ箇所が記された壁を観察し、「ひび割れの深さや方向は検査したのか」などと質問した。
 東北電は「ひびは壁を貫通したとみなして補修している」と回答。建屋の耐力自体に影響はないとする主張を、審査で丁寧に説明していく姿勢を示した。
 規制委は東北電が安全対策工事を進める防潮堤や淡水貯水槽も視察した。調査後、山中委員は「耐震壁は安全性を重視して審査していく」と述べた。
 東北電は安全対策工事を2018年度後半に完了させる予定で、それ以降の再稼働を目指している。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171117_13013.html
第96回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

11月14日
<議題>
女川原子力発電所2号機の設計基準への適合性について
<資料>
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/onagawa2/committee/index.html


<報道・11月15日河北新報より>
女川2号機規制委審査 東北電論点説明 来春終了見通し
 
 原子力規制委員会は14日、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の新規制基準に基づく適合性審査会合を開いた。東北電は今後の審査対応のスケジュール案を説明し、2018年3月までに主要な論点の説明を終えるとの見通しを示した。審査が順調に進めば、来春に最終盤を迎える可能性がある。
 審査会合で、東北電は設備分野の説明準備が整いつつあることを明らかにした。規制委側は設備分野の審査ポイントとして、(1)東日本大震災で被災した原子炉建屋の耐震性(2)地盤の液状化評価(3)防潮堤の安定性-の3点を挙げ「これらが解決しないと審査が先に進まない」と指摘し、速やかな説明を求めた。
 東北電は安全上重要な機器が密集する中央制御室とケーブル処理室、原子炉格納容器内の火災防護対策についても説明。継続審査となった。
 審査後、増子次郎常務は「新たな課題が出てくれば見込み通りにならないかもしれないが、効率的に説明したい」と述べた。
 東北電は、安全対策工事を終える18年度後半以降の再稼働を目指している。今後の審査は地震・津波分野から施設の耐震性などの設備分野に移る。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171115_13043.html
11月14日
29年度原子力防災訓練


<報道・11月15日河北新報より>
<女川原発>事故に備え防災訓練 県と7市町など25000人が参加
宮城県と東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の30キロ圏内にある7市町は14日、原発事故に備えた本年度の原子力防災訓練を実施した。県と7市町に加え、内閣府や自衛隊、消防などの関係78機関、約2万5000人が参加し、緊急時の対応を確認した。
 訓練は宮城県沖で発生した地震で女川原発2号機の原子炉が自動停止し、冷却機能喪失による炉心損傷で放射性物質が放出されたとの想定で行われた。
 仙台市宮城野区の暫定災害対応拠点・オフサイトセンターに、現地災害対策本部を設置。関係機関の担当者が住民の防護対策の協議や情報収集に当たった。
 内閣府と県、7市町をつないだテレビ会議では、村井嘉浩知事や首長が住民への避難指示など対応を報告し、国への支援を要請した。会議中、登米市からの音声が届かなくなるミスがあった。7市町のうち、石巻市や宮城県南三陸町、登米市など5市町では小中学生らが屋内退避訓練にも臨んだ。
 県は本年度、訓練を平日と休日の2日間に分けて実施する予定で、勤労感謝の日の23日には住民避難を中心とした訓練を実施する。今年3月末に7市町全てが原発事故に備えた避難計画の策定を終えており、実効性を検証する。
 阿部孝雄県原子力安全対策課長は「一部でミスもあったが、おおむね順調だった。23日は各市町の避難計画を実行に移した場合の課題を探りたい」と話した。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171115_13021.html
【10月・11月催事のご案内】

<10月>
■10月15日
今こそ原発の廃止
ーくらしの安心と安全を考えようー
日時:2017年10月15日(日)
会場:カトリック元寺小路協会
後援:原田雅樹 氏(清泉女子大学教授・ドミニコ会神父)
パネリスト:梅森寛誠 氏(日蓮宗法運寺住職)
       服部健治 氏(放射能問題支援対策室いずみ事務局長)
       庄子 都  氏(主婦・日本キリスト教団西千代教会信徒)

■10月12日
緊急 放射能汚染ゴミ問題学習会
日時:10月12日(木)18:30~20:00
会場:平和会館 3階 集会室
講師:中嶋信 氏(放射能汚染廃棄物「一斉焼却」に反対する宮城県民連絡会共同代表)

  以上 盛会に無事終了しました。

<11月>

■11月10日 
「世界に逆行して増設急ぐ我が国における石炭火力発電所
の問題点と環境・健康影響を防ぐ課題」 

日時:11月10日 19:00~20:45
会場:宮城県保険医協会 研修ルーム 
講師:広瀬俊雄さん

■11月14日  &   11月23日
原子力防災訓練
宮城県およびUPZ圏内自治体


■11月18日
こども 甲状腺エコー検査
対象年齢:5才~24才
会場:日本キリスト教団いずみ愛泉教会(泉区将監10-12-11)
ご予約:問い合わせ  放射能問題支援対策室 いずみ ☎022-796-5272

■11月23日
第4回
放射能を拡散させる「一斉焼却」をスルナ・サセルナ市民集会
日時:11月23日 14:00~15:30
場所:大崎市図書館 多目的ホール(TEL。0229-22-0002)
<入場無料>
議論のテーマ
1)各議会・議員の動きを知る
2)私は「焼却」をこうして止める
*終了後に駅前までパレードを行います。
主催:放射能を拡散させる「一斉焼却」をスルナ・サセルナ市民集会実行委員会
連絡先:中嶋(大崎の会)0229-47-4494



■11月25日
『飯館の今』を聴く会
http://tohoku.uccj.jp/izumi/wp-content/uploads/2017/11/20171125-「飯舘の今」を聴く会.pdf
日時:11月25日 14:00~
会場:エマオ3F
講師: 伊藤延由さん
入場無料・予約不要

主催・問い合わせ先  放射能問題支援対策室いずみ
電話:022-796-5272



■11月27日
 「脱原発をめざす宮城県議の会」主催・公開学習会 

日時:11月27日15:30~
場所:宮城県議会棟1F 第一応接室
講師:舘野淳氏(原子力研究所出身) 


■12月2日
「さようなら原発inいしのまき2017」
大谷尚子さん講演・パネルデスカッション・パレード 

日時:12月2日・13:00~ 
主催:問い合わせ先 さようなら原発inいしのまき実行委員会
 ☎0225-94-1041

【第Ⅰ部 講演会 PM1:00~2:00】
講師:大谷尚子さん
「3.11後のこどもの健康」
ー無責任な国を前に、地域の大人とこどもで、何ができるか!-

【第Ⅱ部 パネルディスカッション PM2:10~3:30】
<テーマ>地域の大人と子ども、何ができるか!

【第Ⅲ部 市内パレード】


■12月2日
放射能汚染廃棄物試験焼却反対
12・2県南総決起集会
日時:12月2日 13時半
場所:大河原駅前オーガ2Fイベントホール
   14時半 町内デモ行進
主催 放射能汚染廃棄物一斉焼却反対県南連絡会・同宮城県民連絡会
連絡先 大河原事務所(0224-53-4734)