FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 第172回女川原発2号機新規制基準適合性審査会合

□8月9日
第172回女川原発2号機新規制基準適合性審査会合
【会議資料】
http://www2.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/2000007246.html
 
【議題】
「基礎地盤及び周辺斜面の安定性評価について」
「火山影響評価について」です。

<報道・8月10日河北新報より>
地盤と斜面評価「おおむね妥当」
 原子力規制委員会は9日、東北電力女川2号機の新規性基準適合性審査会合を開いた。重要施設の基礎基盤と周辺斜面の安定性評価についての議論を継続し、規制委は「おおむね妥当」と判断した。東北電は防潮堤の設置位置に分布する二つの部層(岩盤)について「強度は大差がなく、安定性評価上、部層の違いによる影響は小さい」と重ねて主張。重要施設と周辺斜面間の距離を調べ、斜面の崩壊による施設への影響がないことを確認したと説明した。火山活動の影響評価についても議論した。火山に関する前回会合(2017年2月)から、約2年半がたち、東北電は最新知見などを反映させた変更点を説明。「考慮すべき事象は降下火砕物(火山灰)」といった結論に影響はないとして理解を得た。地震、津波分野は計11の審査項目のうち大半の審議が済み、敷地内断層に関する説明などが残っている。
  • 甲状腺検査 17人が集計漏れか

□7月24日

甲状腺検査 17人が集計漏れか
07月24日 19時51分 NHK福島 より

福島県が原発事故のあと、当時18歳以下の子どもを対象に行っている甲状腺検査で、がんやその疑いがあるという報告に含まれていない可能性がある患者が少なくとも17人いることが民間の調査でわかり、長期にわたって県民の健康を把握するとした県の調査のあり方が問われることになりそうです。

県は原発事故のあと、被ばくの影響を受けやすいとされる事故当時18歳以下の子どもおよそ38万人を対象に、甲状腺の検査を実施しています。
県は、甲状腺がんやその疑いと診断された子どもの数をことし3月末時点で218人と報告していますが、専門家の委員会による検討では、これまでのところ、がんと被ばくとの関連は認められていません。
しかし、患者や家族を支援する「3・11甲状腺がん子ども基金」が24日に会見して明らかにした調査によりますと、基金が支援する患者の中に、県の報告に含まれていない可能性がある人が少なくとも17人いることがわかりました。
このうち16人は、県が行う検査以外でがんやその疑いと診断されていて、県が把握するのが難しい人たちで、もう1人は、事故当時4歳だった子どもで、県の検査で経過観察となり、その後にがんと診断されたため、県の報告には含まれていないとみられるということです。
甲状腺検査をめぐっては、おととしにも報告から漏れた4歳の子どもがいることがわかり、県が調査した結果、同様に報告に含まれなかった人が12人いたことがわかっています。
今回、新たに報告に含まれていない患者がいる可能性が明らかになったことで、正確な把握が難しく、長期にわたって県民の健康を把握するとした県の調査のあり方が問われることになりそうです。
基金の崎山比早子代表理事は「正確な甲状腺がんの人数を把握できていないまま、放射線の影響が検討されていることは大きな問題。集計から外れる人をなくし、信頼できる解析を行った結果を報告してもらいたい」と話しました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20190724/6050006274.html
  • 5.29シンポジウムへのチラシ持ちこみについて

・チラシの折り込みを希望する方がいれば、事前連絡の上、チラシ1000枚を当日10時に会場の国際センター大ホールへもってきていただくと共に、折り込み要員を最低1人以上お願いいたします。
・また、置きチラシコーナーを設置しますので、もし少数のチラシしかない場合はこちらでお願いします。(ただ、フリーの時間が短いことをご了承ください。また、シンポジウム終了後残ったチラシをお持ち帰りください)
⇒いずれも、事前に主催者にご連絡お願いします。また、主催者の判断でお断りする場合がありますので、ご了承ください。(連絡先)メール hag07314@nifty.ne.jp (舘脇) 電話022-373-7000 
  • 5.29資料へチラシを挟み込んで配布することをご希望の方へ

5.29シンポジウムでの資料にチラシをはさみこんで配布することをご希望の方は、事前連絡の上、チラシ1000枚を当日10時に会場の国際センター大ホールへもってきていただくと共に、折り込み要員を最低1人以上お願いいたします。
また、置きチラシご希望の方は受付に声をかけていただくとともに、お帰りの際は必ず回収お願いいたします。
いずれの場合も配布の可否につきましては、主催者の判断とさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
  • 第70回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合(4月1日)

4月1日
第70回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

議題
「地震、津波及び火山について」
https://www.nsr.go.jp/data/000145637.pdf
資料・映像
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/onagawa2/committee/index.html

<報道・河北新報>
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201604/20160401_13027.html
<女川原発>沸騰水型4原発 適合性審査再開

 原子力規制委員会は31日、東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)など東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型の4原発について、中断していた設備・運用分野の新規制基準への適合性審査を再開した。各電力会社から審査項目別の準備状況を確認した上で、4原発を並行して審査する方針を確認した。
 他の3原発は中国電力島根原発2号機(島根県)、中部電力浜岡原発4号機(静岡県)、日本原子力発電東海第2原発(茨城県)。沸騰水型炉の審査で規制委は昨年8月から、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)を優先的に審査していた。
 東北電は審査会合で、女川2号機の重大事故対策のうち、新設する緊急時対策所の設計見直しや、外部から炉心に注水する場合の想定見直しなど、審査申請時からの変更点を説明した。
 規制委は柏崎刈羽原発の審査資料をひな型に、ほかの沸騰水型も審査する方針。柏崎刈羽に関しても、終えていない項目の審査は4原発と並行して進める。
 再稼働の前提となる規制委の審査は設備・運用分野のほか、地震・津波分野がある。審査は、すでに再稼働した九州電力川内原発(鹿児島県)など加圧水型が先行しており、女川など沸騰水型はいずれも審査終了のめどが立っていない。