FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • (1/8)原発避難計画 市民グループが内閣府に質問書 他

■2019年1月8日
原発避難計画 市民グループが内閣府に質問書

再稼働が現実味を帯びている東北電力、女川原子力発電所2号機について、宮城県石巻市の市民グループは、重大事故が起きた際の避難計画には実効性がないとして内閣府に対し、検証を求める質問書を送りました。
  内閣府に質問書を送ったのは、石巻市の市民グループ「女川原発の避難計画を考える会」です。内閣府が主催する「女川地域原子力防災協議会」の作業部会の中で、石巻市が策定した避難計画について、交通渋滞の予測や避難バス確保の見通しなど7項目の実効性を検証し、結果を公開するよう求めています。女川原発の30キロ圏内の7つの市と町は、重大事故を想定した避難計画の策定が義務付けられています。しかし、計画では住民20万人が車で避難する必要があり「現実離れしている」との声が住民から上がっています。
 「脱原発宣言の町」を掲げる宮城県美里町。一部地域が30キロ圏内に含まれているため2016年3月に避難計画をつくりましたが、相澤清一町長は、自らその実効性を否定しています。12月12日、美里町議会も女川原発2号機の再稼働に反対する意見書を賛成多数で可決。脱原発の態度を明確にしました。こうした中、村井知事は、避難計画に実効性があるかどうかは、再稼働の是非を判断する際の重要な材料になるとの考えを示していますが、実効性を検証するのは県の役割ではないと話します。
 女川原発2号機の再稼働について、原子力規制委員会は、2月中旬以降、正式に審査の合格を出す見通しで、東北電力は来年度の2020年度中の安全対策工事の完了と、その後の再稼働を目指しています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000007-tbcv-l04<東北放送>

「女川原発の避難計画実効性について審査を」市民団体が内閣府に公開質問状〈宮城〉 
女川原発の避難計画について宮城県石巻市の市民団体が内閣府宛てに公開質問状を出しました。避難計画の実効性について国に質問状を出すのは、全国でも初めてとみられています。
市民団体は1月8日、石巻市で会見を開き、内閣府宛てに提出した質問状を公開しました。
これは、内閣府の「女川地域原子力防災協議会」の作業部会の中で、避難計画の実効性について審査を行うよう求めるもので、1月17日までの回答を求めています。
質問状では県と石巻市が作った避難計画について、「交通渋滞」や「高齢者への対応」など7つの点で実効性がないとしています。
市民団体では、すでに県と市に対し、女川原発の再稼働に同意しないよう求める仮処分を仙台地裁に申請していますが、その中で避難計画の検討作業が内閣府の担当と判明したことから、今回、直接質問状を出したということです。
女川原発の避難計画を考える会 原伸雄 代表
「内閣府がどうこれをとらえて、我々が心配していることについて議論・指導・支援してくれるのか知りたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000007-oxv-l04<仙台放送>

■1月5日
女川原発廃炉など知事に要請書 宮城県母親大会連絡会

村井知事(右)に要請書を手渡す佐藤会長
 宮城県内の教育、福祉関係団体などでつくる県母親大会連絡会は、東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)の再稼働反対と廃炉を求める要請書を村井嘉浩知事に提出した。
 要請書は、昨年9月に開いた県母親大会で参加者から寄せられた意見などをまとめた。原発廃炉のほか、水道3事業の運営を民間に一括して委ねる「みやぎ型管理運営方式」の導入反対、35人以下学級の早期実施も盛り込んだ。
 連絡会の関係者ら約50人が昨年12月23日、県議会棟を訪れた。村井知事に要請書を手渡した連絡会の佐藤郁子会長は「宮城の子どもが希望を持って生きられる古里にしてほしい」と求めた。
 村井知事は「(原発の再稼働は)県民の声に耳を傾けて熟慮したい。原発がある以上、命を守る取り組みを進める」と述べた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000012-khks-soci<河北新報>
  • (11/27)女川原発2号機「合格」 原子力規制委、審査書案了承 

■11月27日
<河北新報・11月28日より>
女川原発2号機「合格」 原子力規制委、審査書案了承 
再稼働時期めど立たず

 原子力規制委員会は27日の定例会合で、東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)が原発の新規制基準に適合していると認める「審査書案」を了承した。東日本大震災で被災した女川2号機が、再稼働の前提となる審査に事実上「合格」したことになる。
 東京電力福島第1原発事故を踏まえた新基準で「合格」となったのは東北の原発で初めて。震災の地震や津波で被災した原発としては、日本原子力発電東海第2原発(茨城県)に続き2基目となる。
 今後、意見公募(パブリックコメント)などを経て正式合格となる見通し。東北電は高さ29メートルの防潮堤など安全対策工事を終える2020年度以降の再稼働を目指しているが、再稼働に必要な地元自治体の同意や、重大事故を想定した広域避難計画などが焦点となり、計画通りに進むかどうかは見通せない。
 東北電は13年12月に女川2号機の審査を申請した。被災原発として固有の課題が多く、基準地震動(最大想定の揺れ)や基準津波(最大想定の津波)、原子炉建屋で確認されたひび割れと剛性(変形しにくさ)低下といった議論が長期化。審査会合は176回に上り、安全対策工事費は3400億円程度に膨らんでいる。
 地震・津波分野と設備分野で計36の審査項目の実質的な審議を今年9月に終え、東北電は審査内容を反映した補正書を3回にわたり提出した。
 新基準に合格し、再稼働したのは「加圧水型炉」の9基のみ。女川2号機と同じ「沸騰水型炉」は東電柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)、東海第2原発が合格しているが、いずれも再稼働には至っていない。


<11月25日NHKより>
https://www3.nhk.or.jp/lnews/sendai/20191125/6000008056.html

女川2号機の審査 事実上合格へ

11月25日 19時12分

東北電力が再稼働を目指している、女川原子力発電所2号機について、原子力規制委員会は27日、事実上の合格を意味する審査書案を示す見通しとなりました。
審査に合格すると、東日本大震災で被害を受けた原発では、茨城県の東海第二原発に次いで2基目となります。

東北電力は、東日本大震災から2年後の平成25年、女川原発2号機について、再稼働の前提となる審査を原子力規制委員会に申請しました。
その後、地震や津波の想定、重大事故への対策などが議論され、ことし9月に主な審議が終了したあとは、規制委員会が審査の内容を確認する作業を続けていました。
そして25日、女川原発2号機の審査書案を、27日の定例会に示す予定を明らかにしました。
審査書案は、事実上の合格を意味するもので、27日の定例会の議論を踏まえた上で、国民からのパブリックコメントなどを経て、最終的な審査合格が電力会社に伝えられます。
東日本大震災の地震や津波で被害を受けた原発で、これまで審査に合格したのは茨城県にある東海第二原発だけで、仮に女川原発2号機が合格すると2基目となります。
ただし、実際に再稼働するためには地元自治体の了解なども必要で、現時点では、具体的な見通しはたっていません。
東北電力・女川原子力発電所2号機の原子力規制委員会の審査結果が近く示される見通しになったことについて、村井知事は25日の記者会見で、「県民の代表である県議会や、原発が立地する石巻市と女川町など県内の市町村長の意見を聞きながら判断する」と述べ、原発が立地している県として、再稼働について慎重に判断したいとする考えを示しました。
  • (11/20)女川2号機審査 3回目の補正書、東北電が提出

■11月20日 <河北新報より>

女川2号機審査 3回目の補正書、東北電が提出

 東北電力は19日、原子力規制委員会による新規制基準適合性審査が大詰めを迎えた女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)に関する3回目の補正書を提出した。
 東北電によると、今回の補正書は約20ページ。地震動評価に用いた複数の地震の名称を明記し、敷地付近の津波高の痕跡や潮位の引用元を盛り込んだ。 東北電は2013年12月の審査申請時からの変更点を反映した最初の補正書を9月19日、2回目を今月6日にそれぞれ提出した。
 女川2号機の審査は実質的な審議が終了。月内にも新基準への適合を認める審査書案がまとまり、事実上の「合格」となる可能性がある。
  • .女川2号機再稼働 月内にも「合格」か 規制委員長が見通し

■11月14日 河北新報より 

女川2号機再稼働 月内にも「合格」か 規制委員長が見通し

再稼働に向けた審査が大詰めを迎えた東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)について、原子力規制委員会の更田豊志委員長は13日の定例記者会見で、新規制基準への適合を認める審査書案を11月末から12月初めに議論する見通しを明らかにした。早ければ月内に、事実上の合格となる可能性がある。
 更田氏は「順調にいけば2、3週間で、月が替わるあたりに案を示せるのではないか」と述べた。
 審査書案が規制委の委員5人が出席する定例会合で了承されれば、事実上の合格となる。手続き上は意見公募(パブリックコメント)などを経て、再度の定例会合で正式合格となる。
 東北電は2013年12月に2号機の審査を申請し、審査会合の開催は約6年間で176回に上る。再稼働の時期は、3400億円程度の安全対策工事を終える20年度以降を目指す。
 原子炉建屋のひび割れや剛性(変形しにくさ)低下など、東日本大震災で被災した影響が固有の課題となった。
 更田氏は「技術的な細部に入って検討してみると、思ったよりも時間がかからなかった。取り掛かる前に比べると、審査は順調に進んだという感触を持っている」と振り返った。









■11/13 原子力防災訓練実施

<11・14 河北新報より>
.原子力防災訓練 避難計画実効性を不安視 
東松島など住民「時間かかる」

 宮城県と東北電力女川原発(女川町、石巻市)の30キロ圏内7市町による原子力防災訓練が13日、前日に続き実施され、東松島市と美里町で住民避難が行われた。参加住民からは広域避難計画の実効性を不安視する声が上がった。
 同市赤井地区、同町小島地区の住民計80人が参加。一時集合場所からバスや車で避難退域時検査場所を経由し、避難所へ移動した。
 赤井地区ではバスで避難した40人が車内で薬剤師から安定ヨウ素剤の説明を受け、ヨウ素剤に見立てたあめ玉が配られた。検査場所の鷹来(たかぎ)の森運動公園では、東北電力社員らがバス1台と乗用車15台の汚染状況を確認。基準値を超えた車両はぬれた布で拭いた。検査後、岩沼市内へ避難した。
 参加した赤井地区の無職斎藤優一さん(68)は「(事故発生時は)車で避難する人が多く、簡単に岩沼に着けるかどうか不安だ。避難の途中で放射性物質を運ぶ風がこちら側に来る可能性もある」と懸念した。
 県原子力安全対策課の伊藤健治課長は「県職員らの技能習熟も目的だった。丁寧に作業を進めた結果、若干時間がかかった。複合災害の場合、受け入れる職員らをどう配置するかも検討課題になる」と総括した。
 小島地区では町の訓練として、参加した22人が町民バスで避難先の山形県最上町に移動。相沢清一町長は「県外避難は町として初めて行う。事故が起こっても対応できるよう避難行動の認識を高める必要がある」と指摘した。
 住民避難訓練は屋内退避を含め7市町で計画されたが、台風19号の影響で縮小された。