プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題

県民が決める!女川原発再稼働の是非オモテ面
県民が決める!女川原発再稼働の是非ウラ面
(クリックすると画像が大きくなります)

……………………………………………………………………………………………………
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~
……………………………………………………………………………………………………
日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 ( 開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会
   女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原) 
Email:hag07314@nifty.ne.jp
ブログ:http://dkazenokai.blog.fc2.com/

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

※カンパを募集しております。お振込みなどで、ぜひカンパのお申し込みをいただけますようお願い致します。(カンパ頂いた方のお名前は公表いたしませんので、ご了承お願いいたします)

お振込先  郵便振替口座  02280-2-135354
口座名  女川原発再稼働を許さないみやぎアクション(※恐れ入りますが、振込手数料のご負担をお願い致します)

☆彡 プログラム
12:30 開場
13:00 開会 講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」
田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」
後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
15:10 休憩
15:25 会場を交えたディスカッション
16:30 閉会

☆彡 講演者プロフィール

田中 三彦(たなか みつひこ)さん
1968年東京工大卒業後、日立製作所の系列会社「バブコック日立」に入社し、福島第一原発4号機などの原子炉圧力容器の設計に関わる。1977年退社し、サイエンスライターとして翻訳・科学評論を執筆。「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」呼びかけ人。東電福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)元委員。

後藤 政志(ごとう まさし)さん
工学博士。1989 年、東芝に入社。原子炉格納容器の圧力と温度に対する強度設計を研究。十数年にわたり原子炉格納容器の設計を手がける。福島第一原発事故の翌日、田中三彦氏らとともに記者会見し、炉心溶融の危険性をいち早く指摘した。以来、原子炉格納容器設計者の観点から福島第一原発事故の分析を行っている。
 【9月以降の催事の御案内】

■9月3日
女性ネットみやぎ5周年記念 上映&河合弘之監督講演会
「日本と再生」

日時:9月3日(日)
場所:仙台福祉プラザふれあいホール
上映時間:1回目 10:30~12:10
       河合弘之監督講演 12:20~13:10
       2回目 13:20~15:00
参加費:一般 999円(前売り 800円)
     学生 500円・小中学生無料
前売券の申し込み先 ☎・FAX 022-215-3120


■9月10日
放射能汚染ゴミ解決は自治力で

とき:9月10日(日)午後1時半~3時半
ところ:仙台弁護士会館
講師: まさのあつこ さん
    ジャーナリスト 著書「あなたの隣の放射能汚染ゴミ」など
主催:放射能汚染廃棄物「一斉焼却」反対宮城県民連絡会
問い合わせ:☎022-399-6970

*県南開催日  9月9日午後1時半~
  場所:      大河原町オーガ(駅前)
  連絡先     080-1801-7219(長谷川さん)


■9月12日
放射線リスク研究者と考えるシンポジウム

東京電力福島第一原発事故に伴う放射線の影響と、
正確な情報に基づいたリスクコミュニケーションのあり方を、
研究者と考えるシンポジウム
日時:9月12日 午後1時半から
場所:仙台市青葉区のSS30
報告者:磯貝恵美子教授(東北大大学院農学研究科)
        *牛やイノシシなどの動物に放射性物質がどのような影響を及ぼしているか
     吉田佳督教授(修文大看護学部教授)
        *被災地の住民への放射線影響のリスクコミュニケーションの現状と課題
連絡先:宮城大022(245)1607


■9月14日
ミニカフェ・トーク
(いまさら聞けない放射能のこと『きほんのき』から知り、お話してみませんか?
放射能のことに詳しいお医者さんがお話しをします。その後、みなさんの関心ごとや疑問、心配事などをシェアします)        日時:9月14日(木) 10:30~12:00
会場:放射能問題支援対策室「いずみ」談話室
         (仙台市青葉区錦町1-13-6)
話題提供者:山崎友行先生
        (上岩出診療所内科・皮膚科・小児科)

      問い合わせ先:放射能問題支援対策室「いずみ」電話022-796-5272    


■9月17日
子ども甲状腺エコー検査

日時:9月17日(日)13:00~17:00
会場:東北教区センター「エマオ」(仙台市青葉区錦町1-13-6)
申し込み・問い合わせ・電話022-796-5272(平日9時~17時)



■10月7日
県民が決める!女川原発再稼働の是非
原発技術者が語る女川原発再稼働の問題

日時:10月7日(土)午後1時~4時30分
会場:仙台市福祉プラザ(ふれあいホール)
主催:脱原発をめざす宮城県議の会
    女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
        
【8月以降の催事のご案内】

■8月20日
女川から未来を開く夏の文化祭
日時:8月20日(日)午前10時~午後6時
会場:女川町まちなか交流館
主催:「女川から未来をひらく夏の文化祭」実行委員会
    (代表 阿部みきこ 問い合わせ:090-1107-6893・荒井)
入場無料


■8月26日
電力自由化と再エネの展望
とき:8月26日(土)午後2時~4時半
ところ:仙台市市民活動サポートセンター6F
入場無料・受付開始 午後1時半 (注・96名で受付終了)
講師:竹村英明先生
主催 NPOきらきら発電・市民共同発電所
連絡先:☎・FAX 022-379-3777
 
(講師紹介・竹村英明先生
        広島生まれ。脱原発運動歴30年。自然エネルギー普及取り組み15年。
        イージパワー株式会社社長、緑茶会(脱原発政治連盟)代表、市民電力連絡会会長などなど。
        発電事業、小規模再エネ事業サポートと市民による電力小売事業を探求中。
 

■8月26日
産直でんき はじめます
   ~みどりの電気が地域を興す~
日時:8月26日(土)午後1:30~
会場:エルパ~ク仙台 スタジオホール
講師:飯田 哲也 氏(世界・日本・そして宮城の自然エネルギーについてわかりやすくお話しいただきます)
参加費:無料 
お問い合わせ:「あいコープみやぎ」まで ☎0120-255-044(月~金 9:00~17:00)


■9月3日
女性ネットみやぎ5周年記念 上映&河合弘之監督講演会
「日本と再生」

日時:9月3日(日)
場所:仙台福祉プラザふれあいホール
上映時間:1回目 10:30~12:10
       河合弘之監督講演 12:20~13:10
       2回目 13:20~15:00
参加費:一般 999円(前売り 800円)
     学生 500円・小中学生無料
前売券の申し込み先 ☎・FAX 022-215-3120


■9月10日
放射能汚染ゴミ解決は自治力で
とき:9月10日(日)午後1時半~3時半
ところ:仙台弁護士会館
講師: まさのあつこ さん
    ジャーナリスト 著書「あなたの隣の放射能汚染ゴミ」など
主催:放射能汚染廃棄物「一斉焼却」反対宮城県民連絡会
問い合わせ:☎022-399-6970

*県南開催日  9月9日午後1時半~
  場所:      大河原町オーガ(駅前)
  連絡先     080-1801-7219(長谷川さん)
【7月以降の催事のご案内】

■7月8日
 福島の現状
~フォービギナーズ 甲状腺検査と小児甲状腺がん~
日時:7月8日(土)18時30分~20時30分
会場:市民活動サポートセンター 6Fセミナーホール
資料代:300円
主催:みやぎ脱原発・風の会(問い合わせ・090-8819-9920)

話題提供者:服部賢治さん


風の会公開学習会
<チラシ クリックすると拡大>

■7月23日
ウクライナ3人の使者からのメッセージ
子どもを蝕む体内被ばく
チェルノブイリから31年

日時:7月23日(日)14:00~
場所:仙台弁護士会館
主催:日本科学者会議宮城支部…連絡先:小林立雄(090-2369-6186)
参加費:1000円

「子どものすさまじい被害・ナロジチの救済運動」
★ナロジチ中央病院 マリア・パシュック院長

「1.1ベクレル/Kgの食事で頭痛ー非汚染地域の村」
★ノビィ・マルチノビィッチ村一般学校 イーゴリ・ズべンコ校長

「日本プロジェクト」という番組をウクライナのTV局アルタで制作した。
★オレグ・ヤルムリェンコ・ディレクター

通訳・イーゴリ―オコレロフ



■7月23日
甲状腺エコー検査

日時:7月23日(日)13:00~17:00
会場:東北教区センター「エマオ」
検査費:無料
お問い合わせ先:放射能問題支援対策室いずみ
http://tohoku.uccj.jp/izumi/


■8月20日
女川から未来を開く夏の文化祭
日時:8月20日(日)午前10時~午後6時
会場:女川町まちなか交流館
入場無料

<クリックすると拡大>
女川820

女川820裏
  • <ご案内>6月25日・『 市民科学 研究成果発表会 』 ・in仙台

     高木仁三郎市民科学基金 (高木基金)
      『 市民科学 研究成果発表会 』 のお知らせ
  
◆その1:6/18(日) 東京、全水道会館 中会議室にて
  ◆その2:6/25(日) 仙台、エル・ソーラ仙台 大研修室にて
  ◆その3:7/ 8(土) 名古屋、名古屋YWCA ビッグスペースにて

 高木基金は、2000年に亡くなった「市民科学者」高木仁三郎さんの遺志に
よって設立され、仁三郎さんの遺産と、基金の主旨に共鳴する一般の方から
の会費・寄付を財源として、「市民科学」を志す市民や市民グループへの助
成を行っています。

 この発表会では、2016年度に高木基金の助成を受けて実施された取り組み
の成果を、助成先のみなさんに発表してもらいます。テーマは様々な分野に
わたり、一つひとつが私たちの暮らしに関わる切実なテーマですが、その問
題性がよく知られていないものも多く、そのような課題を多くの方に知って
いただくためにも、ひろく参加を呼びかけるものです。

 今後、高木基金の助成を受けたいという方にも、「市民科学」を知る良い
機会となります。学生、社会人を問わず、お気軽にご参加いただければ幸い
です。
 今年度は、東京、仙台、名古屋の3ヶ所で開催いたします。ご関心のある
テーマ、足を運びやすい会場に、ぜひお越しください。

 なお、資料準備のため、E-mailかFaxで、事前に参加のお申し込みをいた
だけると助かります(当日参加も可能です)。各会とも参加費1,000円です。
 どうぞよろしくお願いいたします。
 
    連絡先:高木仁三郎市民科学基金 事務局
E-mail:info@takagifund.org Fax:03-5539-4961

=================================

   <高木基金 2016年度助成の成果発表会(その1)>

    日 時:2017年 6月18日(日) 12:00~16:30 
    会 場:全水道会館 中会議室
        〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-1
         JR水道橋駅 東口2分、
         都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口1分
    http://www.mizujoho.com/zensuido/access/tabid/82/Default.aspx

    ※ 当日は、同会場で午前10時から、高木基金の総会を開催します。
      どなたでもご参加いただけますので、午後の成果発表会とあわ
      せてご参加いただければ幸いです。

<発表者>

 ◆ 福島原発事故の健康被害に関する相談窓口および
   被ばく影響情報プラットフォームの立ち上げ
                   FoE Japan / 満田夏花さん

 ◆ 米国政府・政界・学界等における原子力エネルギー政策の検証
   :連携の可能性を求めて
             新外交イニシアティブ / 猿田佐世さん

 ◆ 地域環境における有害性VOC発生源と分布の探求-続き
    化学物質による大気汚染から健康を守る会 / 津谷裕子さん

 ◆ 高レベル放射性廃棄物処分場選定手続きにおける
   社会的合意形成手法と安全性確認に関する研究<その2>
               原子力資料情報室 / 澤井正子さん
                        
 ◆ 福島原発事故に伴う生活環境の放射能汚染実態調査と
   住民の被ばく最小化
    福島老朽原発を考える会(フクロウの会) / 青木一政さん
    
 ◆ 北海道の原発と地層処分問題の科学的検討
        行動する市民科学者の会・北海道 / 斉藤海三郎さん
  
===============================

    <高木基金 2016年度助成の成果発表会(その2)>

    日 時:2017年 6月25日(日) 13:00~18:10
    会 場:エル・ソーラ仙台 大研修室
        〒980-0021 仙台市青葉区中央1-3-1 アエル28階
        JR仙台駅 徒歩2分、
        地下鉄南北線・東西線仙台駅から徒歩4分
        http://www.sendai-l.jp/whats_ls/

<発表者>

 ◆ たらちねβ線放射能測定プロジェクト
     いわき放射能市民測定室たらちね
        / 根本富実子さん・木村亜衣さん・上遠野宏美さん
        
 ◆ 宮田村の低レベル放射性廃棄物を含む処分場の建設計画による
   地域環境社会への影響の研究
             駒ヶ根の環境を守る会 / 岸 真結子さん
             
 ◆ 福島県大玉村における水田の放射能遮蔽効果の測定と、
   休耕田の実験的利活用の実践
     OPT (Ootama village Paddy field Tensegrity)
                        / 林 剛平さん
                       
 ◆ 政府の行う福島原発事故に関連する調査研究委託の成果物の
   分析・評価
         情報公開クリアリングハウス / 三木由希子さん

 ◆ オフグリッドエアーサンプラーの開発、オートラジオ
   グラフィーによるフィルター検査方法の確立と東北支援
            放射能市民測定室・九州 / 大木和彦さん

 ◆ NaIシンチレーターによる土壌中放射性セシウム濃度測定の
   精度向上と検証のための取り組み
   ~市民放射能測定所の連携強化を目指して~
             みんなのデータサイト / 石丸偉丈さん

 ◆ 原子力規制行政の市民による検証
         原子力規制を監視する市民の会 / 阪上 武さん

===============================

   <高木基金 2016年度助成の成果発表会(その3)>

    日 時:2017年 7月 8日(土) 13:00~17:30
    会 場:名古屋YWCA ビッグスペース
        〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-3
        地下鉄東山線・名城線 栄駅 東5番出口より東へ2分    
    http://www.nagoya-ywca.or.jp/mapfiles/ywcamap.html

<発表者>

 ◆ オリンピックの開催で開発が予定されている神奈川県逗子市
   小坪大崎の藻場およびそこに生息する動植物の調査
                         大久保奈弥さん
                      
 ◆ 原発被災者生活再建のための政策研究     藤原 遥さん
                    
 ◆ 日本の官民による「回廊開発」がモザンビーク小農の暮らしに
   及ぼす影響に関する研究-小農主体の調査・政策提言を目指して
     モザンビーク開発を考える市民グループ / 渡辺直子さん

 ◆ 上関原発予定地周辺海域における希少海鳥の生態および
   エサ資源調査
              上関の自然を守る会 / 高島美登里さん

 ◆ 沖縄県沖縄市泡瀬干潟のサンゴ群落調査(移植サンゴを含む)
             泡瀬干潟を守る連絡会 / 前川盛治さん

 ◆ 電力小売全面自由化にむけて
   ~地域再エネ電力会社の状況調査と情報共有
     パワーシフト・キャンペーン運営委員会 / 吉田明子さん
   
   
   --------------------------------------------

    特定非営利活動法人 高木仁三郎市民科学基金
                事務局長 菅波 完

    〒160-0003 東京都新宿区本塩町7-7 新井ビル3F
    TEL 070-5074-5985 FAX 03-5539-4961
    URL http://www.takagifund.org
    E-mail sugenami@takagifund.org 
    郵便振替 00140-6-603393
    加入者名 高木仁三郎市民科学基金

    高木基金は認定NPO法人です。高木基金への
    ご寄付には税制上の寄附優遇が適用されます。