プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 5月15日 女川原子力発電所環境調査測定技術会

●女川原子力発電所環境調査測定技術会(宮城県)が5月15日に開催されます.
http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/254662.pdf

女川原発の現状も報告されますので 可能な方の傍聴をお願いします。
福島:避難指示解除準備地域の帰還
 
 楢葉町・川内村

4月27日
避難の楢葉町民「帰還なぜ急ぐ」都内で調整懇談会

http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014042702000123.html
帰宅申請1割だけ 川内村避難区域で長期終日滞在
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014042702000126.html

<関連報道>
4月18日
被ばく調査目的果たせず削除 7か月経最終報告書
http://mainichi.jp/select/news/20140419k0000m040083000c.html

農林業線量高く 年間被ばく政府推計
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/04/post_9824.html

空間線量は示した 内閣府が年間被ばく量を正式発表
http://www.minyu-net.com/news/news/0419/news7.html

*線量表

自治体や職業ごとの年間被ばく線量 (政府推計 単位はミリシーベルト)
自治体 地区 区域種別              農業  林業  教職員(事務職員)  高齢者
川内村 貝の坂 居住制限区域          3.5   5.5       1.8         2.1
熊ノ平 避難指示区域外              1.7   4.8        1.1         1.1
田村市 都路町A 避難指示解除準備区域   0.9   2.3       0.6         0.6
都路町B 避難指示解除準備区域        1.2                
飯館村 飯樋 居住制限区域            7.1   8.8       3.8        4.9
小宮 居住制限区域                 10.7  10.7      5.8        7.9
蕨平  居住制限区域                16.8  17       11.2       16.6
  • 催事のご案内・第3回甲状腺検査 追加!

ー4月以降に予定されている催事のご案内


第三回甲状腺検査(要予約-5月18日
 詳細:放射能問題支援対策室いずみ
 http://tohoku.uccj.jp/izumi/
       終了


4月19日
-風の会公開学習会VOL4-
放射能と私、医師として釣り師として~原爆から原発へ
講師 : 水戸部秀利さん〈医師〉
日時 :4月19日(土)18:30~20:30
場所 :仙台市民会館第一会議室
カンパ:300円
主催 :みやぎ脱原発・風の会


5月24日

宮城県子どもの被ばく線量調査研究・中間報告会
講師 :吉田浩子氏(東北大学大学院薬学研究科ラジオアイソトープ研究教育センター講師)


日時 :5月24日(土)午後3時~5時
会場 :仙台青葉荘教会(仙台市青葉区錦町1-13-48)駐車場あります
http://www.aobasou.com/church
参加費無料(申し込み不要・当日直接会場へお越しください)
主催・お問い合わせ日本キリスト教団東北教区放射能問題支援対策室いずみ
     TEL/FAX 022-796-5272   http://tohoku.uccj.jp/izumi/

<吉田浩子さんからのメッセージ>
「東京電力福島第一原子力発電所(福島第一原発と以下略)事故により、福島第一原発北西部の地域では、2号機から放出された放射性物質を含んだプルームが降雨によって地表面に沈着を起こし、高濃度汚染地域を形成しました。これにより福島県内だけでなく隣県である宮城県もその影響を少なからず受けました。特に、宮城県最南端の丸森町は地理的に南側に突出しており、福島第一原発から最近接で46kmしか離れておらず、宮城県内で最も高い放射性セシウム137の沈着量(~300 kBq/m 2)が計測されたのです。事故発生から約半年後の平成23年9月1日から東北大学大学院薬学研究科ラジオアイソトープ研究教育センターでは、丸森町を中心した宮城県南部地域の子どもを対象として、光刺激ルミネッセンス線量計(OSL)を用いた被ばく線量調査を開始しました。本講演会では、その結果を集約して報告します。」


5月25日
ー被災地からの発信ー
[安倍政権に、私も言いたい!」宮城県民大会
仙台西公園
■プログラム
 第一部/13:00~14:00 音楽とパフォーマンス
        ・白石市「あけぼの小倉太鼓」
        ・制服向上委員会
        ・宮城の歌声
 第二部/14:00~15:00 ゲストトーク 澤地久枝さん
ーーーーーーーーーーーーーリレートーク

■オレンジウェーブ(アピール行進)/15:15~


5月31日
     宮城県保険医協会
総会記念講演会のご案内

【日程】2014年5月31日(土)
【時間】 17:10~18:50
【会場】
 仙台ガーデンパレスホテル
 仙台市宮城野区榴ヶ岡4-1-5  TEL(022)299-6211
【記念講演】福島第一原発事故と日本病
               -世界から見た日本の現状

【講師】元スイス大使
    東海学園大学名誉教授 村田光平 氏
【参加費】無料*この講演会はどなたでも参加できます。
お問い合わせ:宮城県保険医協会 ☎(022)265-1667  FAX(022)265-0576
 詳細こちら  http://miyagi-hok.org/
          




6月1日
「講演会」
女川原発の設計者がお話しします
女川原発の再稼働に反対する7つの理由
日時:6月1日(日)14時~17時終了予定
会場:仙台弁護士会館
   4階大ホール
講師:渡辺敦雄氏
資料代:〈協力費も含めて)1.000円

連絡先:原発問題住民運動宮城県連絡センター事務局
    ☎:022(234)1335 宮城高教組内

       *講師へのご質問は、事前にお寄せください  FAX:022-237-1767

6月8日
さよなら原発inいしのまき 2014
日時 :6月8日(日)AM10:00~PM4:00
会場 :石巻中央公民館大ホール
午前の部   AM10:=PM12:30 出店・音楽界(入場無料)
午後の部   PM1:00~PM3:00 講演会
講師:鎌田慧さん「さよなら原発ー千万署名市民の会」呼びかけ人
     小笠原厚子さん   
 チケット代 500円
 市内アピール行進  PM3;40~PM4:40

主催 さよなら原発inいしのまき実行委員会
  (問い合せ)TEL/FAX0225-94-1041(近藤)


8月10日
「女川から未来を考えるつどい」
加藤登紀子トーク&ライブWITH小出裕章

日時 :8月10日(日)14時~17時
会場 :女川総合体育館(1000人)
チケット 1000円
主催 :女川から未来を考える会(代表 阿部美紀子)
問合せ:090-1107-6894荒井
   スタッフ・協賛・後援募集中!
4月11日 エネルギー基本計画閣議決定


●4月12日・原発推進 エネ計画閣議決定 原子力ムラ復権・東京新聞
   http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014041202000113.html


4月13日 脱原発へ新法制定を 原子力市民委が政策大綱・福島民友新聞
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140413-00010008-minyu-l07

●原子力市民委員会が12に日脱原発を実現するための政策大綱を発表し、
「原発ゼロ社会について実現は難しくない」と強調しました。
記者会見
http://www.youtube.com/watch?v=2BnXVODCZFA&feature=youtu.be
原子力市民委員会
http://www.ccnejapan.com/?page_id=3000
大綱PDF版
http://www.ccnejapan.com/20140412_CCNE.pdf

4月4日 函館市が大間原発差し止め提訴
(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140403/k10013479531000.html
  • 福島県外の子に甲状腺がん・被爆影響なくとも同程度 (環境省)他

3月25(毎日新聞)
福島原発事故:被ばく線量を公表せず 想定外の高い数値で
http://mainichi.jp/select/news/20140325k0000m040151000c.html

3月27日(河北新報)
大間原発差し止め提訴案
函館市議会が可決



3月28日<環境省報道資料>
甲状腺結節性疾患追跡調査事業結果(速報)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17965

 *環境省発表までの経緯
<2月7日>
第14回福島県「県民健康管理調査」検討委員会
http://t.co/nrm1rC7PhC
 ・第14回検討委員会 配布資料2
 <福島県小児甲状腺検査結果>
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/260207siryou2.pdf
・配布資料3
 平成23・24年度 県民健康管理調査「健康診査」の実施状況について
www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanr/250213siryou3.pdf…
〈注:福島健康診査の小児白血球分画データでは、23年度では好中球減少症のおそれがある1500個以下が3%程度います。24年度では0~6歳の0.1%に重症例の500個以下が出てきています。)
 

<3月26日>
第4回住民健康管理の在り方に関する専門家委員会
 前半http://www.youtube.com/watch?v=kJxwlL6AuXo
 後半http://www.youtube.com/watch?v=mZk_iX2JO1U

3月29日 
福島県外の子に甲状腺がん・被爆影響なくても同程度
環境省は28日、福島県外(長崎市・甲府市・青森県弘前市の無症状の3~18歳)の子供約4400人の甲状腺検査で、1人ががんと診断されたと発表した。
福島の子供の甲状腺検査では結果が判明した約25万4千人のうち74人に甲状腺がんや疑いがあると診断されている。環境省は「今回の調査により、症状のない子供を検査すると、被ばくに関係なく、がん登録よりもガンが多く見つかることが確認できた」としている。(朝日新聞より概略)
http://www.asahi.com/articles/ASG3X64FWG3XULBJ00Y.html


4月1日
田村・都路避難解除
原発事故福島11市町村で初


*福島の避難指示解除 どこまで安全か?(ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 4月8日)
http://www.nationalgeographic.co.jp/


4月2日
国連科学委員会報告書 福島事故ガン増加確認できず。

 国際連合広報センター

http://www.unic.or.jp/news_press/info/7775/


  • 女川2号機・第3回安全審査会合開催(3月26日 原子力規制委員会)

3月26日
女川2号機・第3回安全審査会合開催

原子力規制委員会において(公開第3回目)女川2号機の安全審査会合が開かれ
東北電力は原発から30キロ圏に活断層が3本あることを説明しました。
第2回審査会合(1/28)で原子力規制委員会は東北電力に26項目の論点を提示し
説明を求めています。今回出された活断層評価はその一部です。
 http://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/data/0073_02.pdf
(第2回安全審査会合)

次回会合は4月2日の予定

  ●<第99回原子力発電所の新規制基準適合性に係る審査会合・第3回公開審査会合>
http://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/20140326.html
  <審査会合の録画・2:24:20頃からが女川の議論>
    http://www.youtube.com/watch?v=R7uFUDR4Pd4

   (*これまでの女川原子力発電所 2号炉 審査状況)
    https://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/shinsa/onagawa2.html

●<第3回審査会合に関する報道>
河北新報
女川2号機 30キロ圏に活断層3本審査会合で説明 (3月27日)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201403/20140327_13018.html

NHK 東北電力海輪社長記者会見
 http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20140327/3121622.html
26日の審査会合で東北電力は、女川原発の半径30キロ圏内に長さ12キロから17キロほどの3つの活断層があることを説明しました。これについて、東北電力の海輪誠社長は、27日の記者会見で、「3つの活断層が連動して活動したとしても震災を踏まえて見直した最大規模の揺れの想定を超えない」と述べ、原発の安全性に影響はないという考えを示しました。