プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 5.29シンポジウムへの賛同ありがとうございました

「事故が起きたら逃げられるのか? 女川原発の安全性を問うシンポジウムpart2」 への賛同ありがとうございました(5.29現在)
※なお、入金が確認された方をアップしておりますので、ご了承お願いします。また、公開可・不可が不明の方は匿名にカウントさ>せていただいております

【団体】女川原発廃炉を求める大崎連絡会 、放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク、名取変電所と健康を考える会、宮城県生活協同組合連合会 、自由法曹団宮城県支部、塩釜地方護憲平和センター 、三陸の海を放射能から守る岩手の会、女川原発の危険から住民の生命と財産を守る会、自治労宮城県本部、自治労宮城県本部青年部、自治労宮城県本部女性部、特定非営利活動法人 麦の会 、郵政合同労働組合、女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション、女性ネットみやぎ、東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター、生活協同組合あいコープみやぎ、宮城県保険医協会、宮城県護憲平和センター、宮城県平和運動推進労働組合会議、食・緑・水を創る宮城県民会議、仙台地方平和労組会議、宮城県高齢者問題懇談会、日本基督教団東北教区放射能問題支援対策室いずみ 、宮城革新懇、原発いらない宮城・ツユクサの会 、宮城県母親大会連絡会、新日本婦人の会塩釜支部さつき班、社会民主党宮城県連合、宮城全労協、原発ゼロをめざす塩釜地域連絡会、脱原発ひまわりネット、電気通信産業労働組合、 全水道宮城県支部 、船形山のブナを守る会、鉄道産業労働組合、さよなら原発inいしのまき実行委員会、女川から未来を考える会、みやぎ脱原発・風の会、全金本山労働組合、カトリック正義と平和 仙台協議会、

【個人】辻春男、日野正美、原伸雄、伊藤由子、佐藤継雄、鈴木幸信、須江達雄、斉藤俊子、大内秀明、前野忠夫、前野恭子、西澤晴代、浅田純一、成田一紘、鈴木政喜、高木静香、沼倉潤(たんぽぽ舎事務局長)、布原啓史、大場拓俊、山田幹夫、荒井まり子、高桑順一、畠山久美子、遠田裕美、小野寺秀也、原田禎忠、北村斉子、佐藤昭一、吉田梢 、佐藤隆、古川さつき、橘美登里、中野七郎、中野郁子、加納真喜子、岩渕康治、斎藤春美、馬内里美、高橋道郎、根岸誠、佐藤清之助、岸本祐治、山下司郎、篠原弘典、谷関恭子、本田敏夫、須藤英允、佐藤功、菅原晃悦 、服部賢治、青柳充、芳川良一 、松原くに子、小野健児、千田嘉三 、鈴木健三、高橋徳、中紙延久、松原宏、木村敏子、鈴木典明、横山大玄、鈴木宏一、芳賀ヒロ子、佐藤ちと、多々良哲、高橋喜一、兵藤則雄、金田基、早坂修、宇根岡實、舘脇章宏、坂本拓大、須田剛、石川徳春、手嶋邦衛 、鈴木智子、三浦智美、菊池正、菊池よし、菊池節子、佐藤千鶴子、松田智恵子、匿名30

  • 事故が起きたら逃げられるのか?市民による女川原発の安全性を問うシンポジウム part2

女川原発シンポ第二回チラシ表女川原発シンポ第二回チラシ裏

事故が起きたら逃げられるのか?
市民による女川原発の安全性を問うシンポジウム part2


日時:2016年5月29日(日) 12:30~16:30 (開場12:00)
会場:仙台国際センター・大ホール (地下鉄東西線国際センター駅下車 徒歩3分) 
入場無料


2011年3月、東電福島第一原発事故により、多くの住民が着の身着のままで避難を余儀なくされました。原発で何が起こっているのか分からない恐怖と混乱の中、激しい渋滞の列が延々と続いたのでした。
もし女川原発で重大事故が起こったら、私たちは安全に逃げられるでしょうか? 県民の被曝を防ぐことは出来るのでしょうか?
私たちは、まず福島の体験を知ることを通して、この問題を考えなければなりません。そして自治体に策定が課せられている「原発避難計画」の実効性を検証しなければなりません。
女川原発がそこにある限り、原発に賛成であろうが反対であろうが、すべての宮城県民が当事者となる問題です。県議会議員、自治体関係者、そして県民が一堂に会して、共に考えましょう。

■主催:脱原発をめざす宮城県議の会
市民による女川原発を問うシンポジウム実行委員会
連絡先:電話&FAX 022-373-7000(篠原) hag07314@nifty.ne.jp(舘脇)

■プログラム:
基調講演1 「福島原発事故 そのとき浪江町民は」 馬場有氏(福島県浪江町長)
基調講演2 「原発避難計画の実効性を問う」 上岡直見氏(環境経済研究所代表)
パネルディスカッション
女川原発からの放射能拡散シミュレーション
福島県・宮城県の市町村の防災担当者からの報告など

■講演者プロフィール:
馬場 有(ばば たもつ)氏
浪江町議、町議会議長、福島県議を経て、1997年12月より浪江町長。「協働のまちづくり」の理念の下、町民が主体的に参画するまちづくりを進めている矢先に、東日本大震災が発生。直後から対策本部を設置し、次々と事務所の移動を強いられる中、一貫して事務スペースで職員と寝食をともにし、捜索や避難の対応にあたる。現在もなお続く避難指示の中、避難生活支援やふるさと再生のため陣頭指揮にあたっている。

上岡 直見(かみおか なおみ)氏
環境経済研究所代表。技術士(化学部門)。1977年早稲田大学大学院修士課程修了。1977年~2000年化学プラントの設計・安全性評価に従事。ブラジルサミットのころより環境と交通の関わりについて自主的に勉強をはじめ、2000年より環境経済研究所にてエネルギー、大気汚染、都市政策などを本格的に研究している。2002年より法政大学非常勤講師(環境政策)。「原発事故 避難計画の検証」(合同出版)など著書多数。

■賛同人・賛同団体大募集!
賛同金  個人一口1,000円  団体一口3,000円
賛同いただいた方はブログ、当日パンフレットに記載して紹介させていただきます(匿名希望の方はその旨ご連絡ください)。
郵便振替口座 02210-0-120053
口座名 市民による女川原発シンポジウム実行委員会
※恐れ入りますが振込手数料のご負担をお願い致します。

■主催団体:
脱原発をめざす宮城県議の会
昨年12月、宮城県議会(定数59)の超党派の県議有志20人によって結成された。①原発依存から脱却を目指す ②女川原発再稼働に反対する人々、慎重な対応を求める人々と思いを同じくする…の2点を目的とし、学習会や意見交換会などを中心に活動を進める。このような「脱原発」をうたった会の設立は原発立地14道県議会で初めて。会長は佐々木功悦県議(みやぎ県民の声)。副会長は菅間進県議(無所属の会)、中嶋廉県議(日本共産党)。事務局長は岸田清実県議(社民党)。

市民による女川原発の安全性を問うシンポジウム実行委員会
<実行委員会構成団体>
女川から未来を考える会/女川原発の危険から住民の生命と財産を守る会/女川原発の再稼働を許さない石巻地域の会/女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション/女川原発の廃炉を求める大崎連絡会/原発問題住民運動宮城県連絡センター/子どもたちを放射能汚染から守り、原発から自然エネルギーへの転換をめざす女性ネットワークみやぎ/「さようなら原発inいしのまき」実行委員会/自由法曹団宮城県支部/生活協同組合あいコープみやぎ/脱原発仙台市民会議/脱原発ひまわりネット/止めようプルサーマル!止めよう核燃料サイクル!女川原発地元連絡会/東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター/船形山のブナを守る会/放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク/宮城県護憲平和センター

  • 5.29シンポジウムへのチラシ持ちこみについて

・チラシの折り込みを希望する方がいれば、事前連絡の上、チラシ1000枚を当日10時に会場の国際センター大ホールへもってきていただくと共に、折り込み要員を最低1人以上お願いいたします。
・また、置きチラシコーナーを設置しますので、もし少数のチラシしかない場合はこちらでお願いします。(ただ、フリーの時間が短いことをご了承ください。また、シンポジウム終了後残ったチラシをお持ち帰りください)
⇒いずれも、事前に主催者にご連絡お願いします。また、主催者の判断でお断りする場合がありますので、ご了承ください。(連絡先)メール hag07314@nifty.ne.jp (舘脇) 電話022-373-7000 
  • シンポジウム part2 講師・パネリストプロフィール

「事故が起きたら逃げられるのか?
市民による女川原発の安全性を問うシンポジウム part2 」
講師・パネリストプロフィールです

馬場 有(ばば たもつ)氏
浪江町議、町議会議長、福島県議を経て、1997年12月より浪江町長。「協働のまちづくり」の理念の下、町民が主体的に参画するまちづくりを進めている矢先に、東日本大震災が発生。直後から対策本部を設置し、次々と事務所の移動を強いられる中、一貫して事務スペースで職員と寝食をともにし、捜索や避難の対応にあたる。現在もなお続く避難指示の中、避難生活支援やふるさと再生のため陣頭指揮にあたっている。

上岡 直見(かみおか なおみ)氏
環境経済研究所代表。技術士(化学部門)。1977年早稲田大学大学院修士課程修了。1977年~2000年化学プラントの設計・安全性評価に従事。ブラジルサミットのころより環境と交通の関わりについて自主的に勉強をはじめ、2000年より環境経済研究所にてエネルギー、大気汚染、都市政策などを本格的に研究している。2002年より法政大学非常勤講師(環境政策)。「原発事故 避難計画の検証」(合同出版)など著書多数。

鈴木 絹江(すずき きぬえ)氏
福島県田村市のNPO法人ケアステーションゆうとぴあ理事長。ご自身も車いすを利用する障がい当事者。ご夫妻で1981年に未開拓地に入って有機農業を始め、電気のないランプでの生活を8年続ける。1994年頃より障がい者自立生活運動に参加。2001年「ケアステーションゆうとぴあ」を設立し、障がい者の自立生活をサポートしているところに、福島原発事故に遭遇。利用者・スタッフ・家族と共に集団避難を敢行した。

二上 洋介(ふたかみ ようすけ)氏
石巻市役所総務部次長(原子力・防災担当)。女川原発の立地自治体である石巻市の原子力防災計画、避難計画づくりに携わる。このたびの熊本地震では、石巻市と災害時相互応援協定を結ぶ熊本県八代市に入り、災害対策本部の運営等を支援した。石巻市出身。
  • 原子力安全対策課と、検討会の進め方について話し会いました。他

4月25日
宮城県安全対策課と、「女川原発安全性検討会」の進め方について話し合いを持ちました。


市民団体側の参加者は12人、原対課の職員は5人、同席して下さった「宮城県議の会」の議員さんは7人でした。
新年度に入り、原子力安全対策課のスタッフ体制が変わり、安全性検討会も再開されようとしています。
今後、女川原発の安全性をどの様に確認されるのか、昨年10月8日に提出した以下の5点の要望を中心に説明をお願いしました。

➀検討会の議題や進め方を委員の側が主導し、女川原発の安全性に関する論点を体系的網羅的に挙げ、それに沿って検討を進めてください。
②検討会への専門家委員の追加招集を積極的に行ってください。
③住民の避難計画・避難訓練の問題を、重大事故対策の重要項目として取り上げ、検討会において検討してください。
④報道機関を含めたカメラやビデオの撮影の制限をやめてください。
⑤パブリックコメントや意見聴取会等、県民が意見を述べ、議論に参加する機会を必ず設けてください。

県からの説明は従来と変わらないものでしたが、説明を受けた後に参加者からは、様々な意見が活発に述べられました。要望の5項目は、改めて今後の検討会の運営で無視できない問題であると念を押すことができたと思います。
これまで安全性検討会が中断していた理由として、東北電力が東日本大震災後に行った設備点検のデータに、不備やねつ造が4000件以上あり、東北電力の説明に信用性が無くなっている事が挙げられていました。昨年度末に東北電力から原子力規制委員会に報告書が出されていますので、再開される第9回の安全性検討会の最初の議題には、東北電力のデータ不備・改ざんの体質の問題を取り上げるよう念を押して確認をしました。
最後に、県民の安全安心にかかわる問題として広く知らせるために、検討会当初には実施されていた「マスコミの会議全編撮影」と「動画の公開」を強くお願いしました。


<次回安全性検討委員会開催予定>

■第9回女川原発2号機安全性検討会
5月26日(木)13時30分からハーネル仙台

http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/gentai/kentoukai.html



《他・報道より》

■4月27日(朝日新聞)
原発の安全工事
来年4月厳しく
 社長が見通し
 女川原発と東通原発(青森県東通村)で進めている安全対策工事について、原田社長は会見で「目標とする来年4月中に完了するのは厳しい」と述べた。工事が長引けば、来年4月以降としている2基の再稼働時期も遅れることになる。東北電は女川原発で国内最大級となる標高29メートルの防潮堤建設など計3千億円を超す大掛かりな工事を進めている。しかし、原子力規制委員会による安全審査の中で」、設計の見直しや追加工事が発生している。再稼働時期が延期されれば女川は2回目、東通は3回目となる。


■4月29日
女川・東通廃炉
東北電に提案
「株主の会」(河北新報)
 「脱原発東北電力株主の会」は28日、東北電力に対し、女川原発と東通原発を再稼働させず、廃炉作業を開始することなどを求める株主提案をした。6月28日開催予定の株主総会で議論される見通し。
 提案は5項目。東京電力福島第一原発事故に伴う巨額の賠償費用や長期に及ぶ廃炉作業を踏まえ、東北電に原発事業からの撤退を決断するよう要求。使用済み核燃料などの放射性物質を自社の原発敷地内で管理することも求めた。使用済み核燃料再処理工場と高速増殖炉もんじゅの事業からの撤退、原発事故時の費用を東北電が全額負担することも盛り込んだ。株主の会の提案は21年連続。東北を中心に個人株主201人が賛同した。


■4月29日
指定廃の解除可能に
特措法施行規則を改正(河北新報)
 東京電力福島第一原発事故に伴い発生した放射性廃棄物を巡り、環境省は28日、8000ベクレル超を基準とする指定廃棄物の指定解除を可能とするため、放射性物質汚染対処特別措置法の施行規則の一部を改正する省令を施行した。8000ベクレル以下になった場合、一時保管者などと協議したうえで指定解除できる。
 国は地元の要望に応じ、解除に向けた測定を行う。一時保管者が測定し、介助申請することもできる。指定解除後の処理責任は、稲わらなど指定前に一般廃棄物だったものは市町村、下水汚泥など産業廃棄物は排出事業者にあるとした。丸川珠代環境相は28日の閣議後の記者会見で「指定解除後の処理について、国は安全性の技術的支援や財政的支援をする。解除後の処理の見込みがあるか話を聞きたい」と述べた。同省の担当者は改正理由として「特措法が制定された2011年当初は早期処理を目的としたため、指定解除の仕組みはなかった。5年がたって放射能濃度の減衰が予想され、解除手続きを整備すべきだとの結論に至った」と説明した。
  • 原発に「抜き打ち」検査 (IAEA調査報告に対応)

4月25日
<河北新報 4月26日>
原発に「抜き打ち」検査 
規制委・制度見直し運用20年めど

 原子力規制委員会は25日、臨時会合を開き、原発の検査制度を抜本的に見直し、電力会社に事前通告しない「抜き打ち」検査や、検査官が独自の判断で設備やデーターを確認できる仕組みを導入する方針を決めた。来春に原子炉等規制法を改正し、2020年からの本格運用を目指す。(以下略)

             原発検査の法改正ポイント
                     従来                 今後
■電力会社への事前通告      あり                  なし

■期間               四半期ごとに2週間       日常的に実施

■検査の制約          任意調査では電力会社     いつでも自由に設備や
                   の協力が必要           データーを確認

■方式              「チェックリスト」方式        検査官判断で項目選定                           
  • 5.29資料へチラシを挟み込んで配布することをご希望の方へ

5.29シンポジウムでの資料にチラシをはさみこんで配布することをご希望の方は、事前連絡の上、チラシ1000枚を当日10時に会場の国際センター大ホールへもってきていただくと共に、折り込み要員を最低1人以上お願いいたします。
また、置きチラシご希望の方は受付に声をかけていただくとともに、お帰りの際は必ず回収お願いいたします。
いずれの場合も配布の可否につきましては、主催者の判断とさせていただきますのでよろしくお願いいたします。