プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 3.25「さよなら原発in仙台」にぎやかに開催されました

ようやく寒さから解放された春の仙台で、3.25「さよなら原発in仙台」が勾当台公園野外音楽堂で開催されました
6233f5ef8a19a740fd9ab79a49a65ac1cea4d88f_51_2_9_2.jpg
4c9734df111f93e70907362b13a736c6dccd6014_51_2_9_2.jpg
676e9462977474381215ac7c9a9c2a05857e0ed1_51_2_9_2.jpg
1b044968d81b7eaa69e6e2a966d8106cc7034c2f_51_2_9_2.jpg
24c32323037c6fc3decc9bcaf714640b628994fc_51_2_9_2.jpg

オープニングは、関久雄さん(福島県二本松市在住)の「原発いらない 命が大事」の歌で、合唱隊なども盛り上げて始まりました。関さんは、佐渡に「へっついの家」を作って子どもたちを保養させるという活動に取り組んでいます。 主催者代表の開会宣言と東日本大震災で亡くなられた人たちへの黙祷の後に、合唱団「ふきのとう」によるコーラスが披露されました。
 今回の発言者は、福島から関久雄さん。保養にとりくんでいる関さんらへのバッシングの話など、複雑な福島の現状が語られました。
 そして県内各地でがんばっている以下のみなさんが発言にたちます。 ・女川原発再稼働反対を現地で戦い続けている女川町議の阿部美紀子さん ・「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」の本田さん ・「放射能汚染廃棄物『一斉焼却』に反対する宮城県民連絡会」の仙南での焼却に反対する抗議アピールを読み上げる広幡さん ・「女川原発UPZ住民の会」代表の勝又治子さん ・「女川原発再稼働の是非をみんなで決める県民投票を実現する会(仮称)」の多々良哲さん ・「脱原発をめざす宮城県議の会」事務局長の岸田清実さん。
 集会は、「国分町三丁目社中」によるちんどんパフォーマンスで元気よく賑やかに締めくくられ、デモに出発!
 「脱原発カー」、「国分町三丁目社中」、そして発言者を先頭に、今回のためにとりそろえた旗を数多くはためかせて、4隊にわかれたデモは春を迎えた一番町の目ぬき通りを、にぎやかに「女川原発再稼働するな!」「原発いらない!」と訴えました。
  • 福島から関久雄さんが来てくれます! 発言者続々決定!STOP!女川原発再稼働 さよなら原発!2018inみやぎ

チラシ2018325

福島事故から7年 STOP!女川原発再稼働
さよなら原発!2018inみやぎ


日時 2018年3月25日(日) 14時~集会 15時~デモ
会場 仙台市 勾当台公園野外音楽堂

福島からの発言として、関久雄さん(福島県二本松市在住の詩人。ライフケア代表理事。新潟県佐渡に保養所『佐渡へっついの家』をつくり、子どもたちを放射能から守るプロジェクトを行っている)が来てくれることになりました!

「原発いらない、命が大事」 関久雄さん
https://www.youtube.com/watch?v=njQqMNB8Ig0

また、演奏者・発言者が続々決定しています 拡散よろしくおねがいします!

演奏:オープニング 関久雄さん(「原発いらない 命が大事」)
   合唱団「ふきのとう」
   ちんどんパフォーマンス「国分町三丁目社中」

発言:福島から 関久雄さん
   女川から 阿部美紀子さん(女川から未来を考える会・女川町議会議員)
   県北から 放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク
   県南から アピール(予定)
   UPZ地域から 勝又治子さん(女川原発UPZ住民の会・代表)
   県民投票条例制定運動から 多々良哲さん(女川原発再稼働の是非をみんなで決める県民投票を実現する会(仮))
   脱原発を目指す宮城県議の会から 岸田清美さん(県議・同会事務局長)

主催 3.25集会実行委員会 (連絡先 西 070-5092-1701)
呼びかけ団体 脱原発みやぎ金曜デモ/女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション/子どもたちを放射能汚染から守り、原発から自然エネルギーへの転換をめざす女性ネットワークみやぎ
  • 第108回・109回・110回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

■3月20日
第108回・女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

会議資料・会議映像
 https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/onagawa2/committee/index.html
【議題】
「 防潮堤と液状化影響」

<報道・河北新報21日より>
規制委審査
女川2号機説明終了は7月末
東北電2度目の延期

 原子力規制委員会は20日、東北電力女川2号機の新規性基準に基づく適合性審査会合を開いた。東北電は今後の審査対応スケジュールを見直し、全ての審査項目の説明を終えたい時期を、従来の5月末から7月末に先延ばしした。延期は2度目。東北電は2月の審査会合で、防潮堤直下の地盤改良工事を追加すると表明。他の審査項目でも規制委から追加説明を求められる場面が多く、担当者からスケジュールの実現性を疑問視する声が出ていた。東北電は審査会合で「審査動向を踏まえて全面的に見直した」と説明。規制委側は「再び延期することがないよう、しっかり準備して審査を進めてほしい」と指摘した。防潮堤直下の地盤改良工事については、規制委が構造や工事の妥当性を確認したうえで着工する見通し。


■3月22日・
第109回・女川原発2号機新規性基準適合性審査会合
【議題】
「重大事故時の炉心損傷防止対策」

<報道・河北新報3月23日より>
炉心損傷の防止東北電対策説明
女川2号機審査会合
 原子力規制委員会は22日、東北電力女川2号機の新規性基準への適合性審査会合を開いた。運転中の事故による炉心損傷防止策がテーマとなり、東北電は原子炉の停止機能を失った際の対策を説明した。東北電は原子炉を停止させる制御棒が作動しない場合、核分裂を抑制するホウ酸水を注入して出力を低下させ、冷温停止状態に持ち込む手順を報告。対策により原子炉の温度や圧力がどう推移するかコンピューターで解析した結果も示し、妥当性を強調した。東北電は巨大津波対策として、事故対応機材の保管場所の高台移転を検討している。機材を使った炉心損傷防止策について、次回以降の審査で説明する予定。



■3月23日
第110回・女川原発2号機新規性基準適合性審査会合
【議題】
「基準地震動の年超過確率」

<報道・河北新報より>
女川2号機規制委審査
基準超える地震確率算出法説明
東北電
 原子力規制委員会は23日、東北電力女川2号機の新規性基準への適合性審査会合を開いた。東北電は最大1000ガルに設定した基準地震動(最大想定の揺れ)を上回る揺れが起きる確率について、評価手法を改善し改めて説明。規制委は「おおむね妥当」との判断を示した。東北電は1000ガルを超える揺れが起きる可能性に関し、新たな海洋プレート内地震などを想定に加えた手法で解析。1万~100万年に1回程度と説明した。女川2号機の地震・津波分野の審査は、地盤の安定性の確認を残すのみとなった。

  • 第107回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

■3月 6日
第107回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合
【会議資料・映像】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/onagawa2/committee/index.html
【議題】
「設計基準への適合性及び重大事故等対策について」


<報道 3月7日河北新報より>
《緊急時対策所》
《東北電が説明》
 原子力規制委員会は6日、東北電力女川原発2号機の新規性基準に基づく適合性審査会合を開き、重大事故時の対応拠点「緊急時対策所」を議論した。東北電は、事故時に放射性物質を大量に含むプルーム(雲)が通過している際の緊急時対処所の要因を78人と想定。対策を徹底し、要員の7日間の被ばく線量は新規性基準の100ミリ未満を下回る約0.7ミリ未満になると説明した。緊急時対策所が入る重要棟を免震構造から耐震構造に変更した理由も改めて説明。規制委は追加説明を求めた。重要棟は3階層で、女川2号機の原子炉建屋から約600メートル離れた敷地内の高台に設置する。現在は設計段階で、2018年度後半までに建設する方針。
<3月以降の催事のご案内>2018年

■3月10日(土)・3月15日(木)
第5回いのちの光3・15フクシマ
~3・15から7年 フクシマが背負ってきたもの 伝えつづけるもの~

【講演会】
3月10日(土)14:00~16:00
講師:小出裕章氏(元京都大学原子炉実験所助教)
会場:カトリック元寺小路協会大聖堂(仙台市)

【いのちの光 3.15フクシマ】
~ミサ~
司式:仙台教区長 マルチノ平賀徹夫 司教
~現地の声~
講師:小沢洋一 氏(ふくいち周辺環境放射線モニタリングプロジェクト共同代表)
会場:カトリック原町教会(福島県南相馬市)

問い合わせ先:TEL 080-9634-2587


■3月14日(水)
あいコープのシネマカフェ
「チヤルカ」  ~未来を紡ぐ糸車~上映会
「高速増殖炉もんじゅ視察 報告会」

会場:日立システムズホール仙台 2階交流ホール(青葉区旭丘2-27-5)
参加費:1000円  定員なし
問い合わせ先:あいコープみやぎ TEL 0120-255-044



■3月15日(木) 13:00~15:00
~福島第一原発事故から7年を節目にして~
   山崎知之医師による講演会


会場:東北教区センター「エマオ」3階会議室
    (仙台市青葉区錦町1丁目13-6)
問い合わせ先:放射能問題支援対策室「いずみ」
          TEL/EAX 022-796-5257



■3月25日
こども甲状腺エコー検査in加美

場所:加美町中新田公民館1回ホール
検査対象:2011年3月11日震災当時18歳以下の子ども)
定員:60名
要予約:「放射能問題支援対策室いずみ」TEL022-796-5272(平日9時~17時)
募集期間:2・13(火)~3・9(金)
詳細はこちら→http://tohoku.uccj.jp/izumi/