FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 第122回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

■6月19日
第122回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

【会議資料・映像】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002089.html
【議題】
 「防潮堤の地盤改良」

<報道・6月20日河北新報より>
女川2号機審査
防潮堤の海側に「人口岩盤」整備
東北電が方針

 原子力規制委員会は19日、東北電力女川2号機の新規性基準に基づく適合性審査会合を開いた。東北電は防潮堤(海抜約29メートル)の周辺地盤を補強するため、海側の地面に置換コンクリートを整備する方針を明らかにした。置換コンクリートは地震時に支持力がある岩盤まで打つコンクリートで、「人口岩盤」と呼ばれる。地面を開削できる防潮堤の海側約540メートル区間を対象に打ち込む方針。防潮堤下部の地盤改良工事は防潮堤がほぼ完成しているため、ボーリング穴からセメント系改良剤を地中に噴射する。東北電は「追加対策によって、最大想定の揺れや津波への安定性が高まる」と説明した。規制側は「置換コンクリートに求める機能が曖昧だ」として説明を求めた。東北電は8月末までにすべての論点説明を終える考えを示している。
  • 第31回「福島県民健康調査」検討委員会

■2018年6月18日
第31回「県民健康調査」検討委員会
甲状腺がん悪性または疑い200人超え〜福島県が公表
http://ourplanet-tv.org/?q=node/2269

<6月14日 毎日新聞より>

https://mainichi.jp/articles/20180614/k00/00e/040/236000c?fm=mnm
福島第2原発
全4基廃炉 東電方針 社長、知事に明言

 東京電力ホールディングスの小早川智明社長は14日、福島県庁で内堀雅雄知事と面会し、福島第2原発(同県楢葉町、富岡町)について「4基全て廃炉の方向で検討に入っていきたい」と述べた。福島第2原発を巡り、東電が「廃炉」の方針を明言したのは初めて。  
福島第1原発事故後、第2原発は運転を停止している。この日の面会で、内堀知事が第2原発の早期廃炉を求めたのに対し、小早川社長は「根強い風評、帰還が進まない状況を踏まえると、(第2原発の)あいまいな状況自体が足かせになっている」と述べ、廃炉の方針を表明した。

 内堀知事は面会後に記者会見し、「東日本大震災と第1原発事故以降、多くの県民が県内の原発全基を廃炉にしてほしいと訴えてきた。今日、明確な意思表示をされたことを重く受け止めている。重要なスタートだ」と話した。その上で、「今後、どういうスケジュールがあるのかを東電や国に確認しながら、まず正式な判断を求めたい」と注文を付けた。

 福島県内にある東電の原発について、県は全基廃炉を求めてきた。東電は福島第1原発の全6基について、廃炉を決定したが、小早川社長はこれまで第2原発の4基について「重く受け止める」などと答えるにとどめていた。

 今年10月に福島県知事選が予定されており、内堀知事の再選出馬が有力視されている。内堀知事は4年前の知事選で、県内全原発の廃炉を掲げて初当選。昨年11月には、世耕弘成経済産業相と会談し、第2原発の廃炉に向け、国が東電を指導するよう要請していた。【柿沼秀行】
  • 6月15日 第15回女川原子力発電所2号機の 安全性に関する検討会 

■6月15日
第15回女川原子力発電所2号機の 安全性に関する検討会
<開催案内>
http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/682655.pdf

【議題】
各論点の説明・検討他
新規性基準適合性審査申請について(重大事故対策・緊急時対策所等)


<報道 河北新報5月16日より>
女川原発・重要棟
免震から耐震へ
変更理由を説明

 東北電、県検討会に

 東北電力女川2号機の安全性を検証する県有識者検討会の第15回会合が15日、仙台市内であり、重大事故時の対処拠点となる緊急時対策所などについて議論した。緊急時対策所は2号機中央制御室から約590メートル離れた高台の重要棟に設置される。現在、重要棟を建設するため地盤の造成作業が進められている。東北電は、対策所の要員の被ばくを抑える仕組みを説明。重要棟を免震構造から耐震構造に変更した理由について「免震にすると基準地震動(最大想定の揺れ)の時に垂直方向の揺れが減衰せず、リスクが大きくて設計が成立しなかった」と述べた。有識者から「放射性物質が長期間放出し続ける際の対応は十分か」と問われ東北電は「備蓄食は7日分だが、余裕をもって配備したい」と述べた。このほか、防潮堤を超える津波対策、使用済み燃料プールでの燃料損傷防止対策がテーマとなった。

【第14回・第15回検討会配布資料】
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/gentai/kentoukai.html
  • 第120回・121回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

■6月12日
第121回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合
【会議資料・映像】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002086.html
【議題】
「運転中の原子炉における炉心損傷防止対策」「重大事故等対策の有効性評価」など

<報道・6月13日 河北新報より>
女川2号機
炉心損傷防止策
東北電側と議論

規制委が審査会合
 原子力規制委員会は12日、東北電力女川2号機の新規性基準に基づく適合性審査会合を開き、運転中の原子炉の炉心損傷を防ぐ対策などを議論した。東北電は東京電力柏崎刈羽原発6.7号機の規制委審査の知見を踏まえ、全交流動力電源が丸1日使用できない状況での重大事故4パターンを選定。復水貯蔵タンクから蓄電池で原子炉に冷却水を送るポンプを追加設置するなどして、炉心損傷を防ぐ手順を示した。規制委側は手順の実現性などに追加説明を求めた。放射線監視装置(モニタリングポスト)や気象観測設備の機能についてはおおむね了承した。女川2号機の審査会合は121回目。東北電は8月末までにすべての論点説明を終える意向を示している。


■6月7日
第120回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合
【会議資料・映像】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002084.html【議題】
「使用済燃料貯蔵ラックとサプレッションチェンバーの耐震設計」

<報道・6月8日河北新報より>
女川2号機
審査説明終了
8月末見込む
東北電3度目の延期
 原子力規制委員会は7日、東北電力女川2号機の新規性基準に基づく適合性審査会合を開いた。東北電は今後の審査対応スケジュールを見直し、一通りの審査事項の説明を終える時期を、従来の7月末から8月末に先延ばしした。延期は3度目。女川2号機の審査は地震・津波分野がほぼ終了し、建屋の耐震性など設備分野の議論が進んでいる。規制委側から追加説明を求められる場面が多く「実現可能な日程にすべきだ」と指摘されている。た。審査会合で、東北電は見直し後の日程を示し「これまで以上に効率的な審査に努める」と説明。規制委側は「まだかなり窮屈に感じる。現実的な日程に再考してほしい」とさらなる延期の検討を促した。東北電は使用済み燃料貯蔵ラックやサプレッションチェンバー(圧力抑制室)の耐震設計の考え方についても説明した。
  • 〔安全対策工事完了時期〕・女川原発2号機20年度・東通21年度のそれぞれ延期

<報道・5月23日河北新報より>
安全対策工事の完了時期
東通 21年度に延期
  東北電調整

 東北電力が東通原発の安全対策工事の完了時期を2021年度に延期する方向で最終調整していることが22日、分かった。19年度を目指していたが、4月に延期を表明していた。これに伴い、再稼動も21年度以降にずれ込む。延期は4回目。東北電は同月、女川原発2号機の安全対策工事の完了時期も18年度後半から20年度に延期すると発表。東通も延期することで、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴う同社の原発ゼロの状態は9年以上に及ぶことになる。原子力規制委員会による東通原発の新規性基準適合性審査は、重要施設直下にある3断層の活動性を巡って停滞。断層を避けるように取水設備の位置をずらす工事を決めるなどして、今月18日までに3断層の審査を終えた。今後は敷地の断層に地震を引き起こす可能性があるかどうかの議論に移るが、14年6月の申請以降、審査会数は15回で女川2号機の118回を大きく下回る。議論はようやくスタートラインに立った状態だ。原発事故後、新規性基準下で再稼働したのは5原発8基でいずれも加圧型。東北電力女川、東通両原発や東電福島第1原発と同じ「沸騰水型」はまだ稼働していない。
  • 第118回・119回  女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

■5月31日

第119回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合
<会議資料・映像>
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/20180531.html

<議題>
「竜巻影響評価について」


<報道・6月1日 河北新報より>
女川2号機審査
最大竜巻想定
東北電が強調


 原子力規制委員会は31日、東北電力女川原発2号機の新規性基準に基づく適合性審査会合を開き、竜巻対策を中心に議論した。東北電は、全国で発生した過去最大規模で将来の気候変動を加味し、竜巻の最大風速を秒速100メートルとする設定の妥当性を改めて強調した。敷地が高台にある特性から、竜巻で鋼製材や砂利が飛んで衝突する恐れのある重要施設に関しては、建物の高さを問わず構造全面の健全性を評価するなど安全性重視の姿勢を訴えた。規制委は東北電の説明に理解を示した上で、敷地内にあるクレーンや排気筒といった高さのある構造物も考慮するよう求めた。今後具体的な防護策の議論に入る。


■5月22日

第118回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

<会議資料・映像>
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002076.html

<議題>
「設計基準への適合性及び重大事故等への対策について」


<報道・5月23日 河北新報より>
女川2号機審査
井戸やポンプ
耐震性再考を

  規制委

 原子力規制委員会は22日、東北電力女川2号機の新規性基準への適合性審査会合を開き、地盤液状化に影響を及ぼす地下水位を継続審議した。規制委側は、地下水位を低下させるためにある井戸や排水ポンプについて、地震などで損傷しない「設計基準対象設備」に位置付けるよう東北電に求めた。東北電は敷地海側に全町800メートルにわたって防潮堤を整備し、下部を固める地盤改良も行うことを決めたため、地下水がたまりやすい構造になる。東北電は「設備に異常があっても、代替ポンプで井戸から排水して地下水位上昇を抑制できる」と説明した。規制委の審査対象者は「井戸などは液状化防止につながり、設計基準対象設備に位置付けるべきだ」と強調。山中伸介委員も「根本から再検討してもらう必要がある」と指摘した。東北電は、重大事故に対応する電源車や送水ポンプ車の保管場所、アクセスルートも説明した。