FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • あす14日・県民投票条例案の集中審議(宮城県議会)

明日3月14日・
県民投票条例案の集中審議(連合審査会)開催!!。

連合審査会インターネット中継!!
http://www.miyagi-pref.stream.jfit.co.jp/

  3月15日 本会議 審査決議

<連合審査会の流れ>
日程 3月14日
開会:10時40分 多々良代表 意見陳述(20分)
    11時00分 質疑応答(20分)
    11時20分 参考人 武田真一郎氏  意見陳述(20分)
    11時40分 質疑応答(20分)
    
    12時00分 休憩
    
    13時00分 参考人 河村 和徳氏 意見陳述(20分)
    13時20分 質疑応答(20分)
       
     両委員会の委員と総務部・環境生活部で「連合審査」
      
   「連合審査」終了後、総務企画委員会開催にて決議

◎連合審査会の会場内で傍聴できる人数は38人までです。
 入り切らない方は議会庁舎1Fラウンジのモニター前の椅子で傍聴できます。

◎県民投票条例案に賛成してくださっている4会派(みやぎ県民の声、日本共産党、社会民主党、無所属の会)の議員さん達による条例案の修正案(村井知事の意見書を検討した上で)を総務企画委員会へ提出する流れとなります。
  • 第150回女川2号機新規性基準適合性審査会合

■3月12日
第150回女川2号機新規性基準適合性審査会合

【会議資料】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002187.html

【議題】
「杭基礎構造防潮壁の設計方針」「津波による損傷の防止」


<報道・河北新報3月13日より>
女川2号機
耐津波設計議論追加回答求める
規制委
 原子力規制委員会は12日、東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機の新規性基準適合性審査会合開いた。耐津波設計をテーマに議論を継続した。東北電は、女川町沿岸部の震災復旧工事による地形変化を踏まえた津波解析結果を示し、津波の最高・最低への水位への影響は小さいと主張。津波漂流物の評価も説明を追加した。規制委は「防潮堤への衝突加重が大きい津波漂流物に何を選ぶのか、現段階の見通しを示してほしい」と求めた。津波の流入を減らすため、1号機放水路を狭くする工事についても説明が不十分として追加の回答を求めた。東北電は7月中に審査終了を目指すスケジュールを示している。



  • <女川再稼働>街頭で賛否問い県民投票をPR 仙台「実現する会」


■3月9日
<各局報道より>

【河北新報】
<女川再稼働>街頭で賛否問い県民投票をPR 仙台「実現する会」
 東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)再稼働の是非を問う県の住民投票条例案への関心を高めようと、条例制定を直接請求した仙台市の市民団体「県民投票を実現する会」が9日、青葉区の一番町平和ビル前で街頭活動を行った。
 メンバー約20人が参加。住民投票の賛否を通行人に尋ね、ボードにシールを貼って意思表示してもらった。多々良哲代表は「県議会に県民の気持ちを届けよう」と呼び掛け、1時間で約280人の協力を得た。
 条例案は開会中の県議会2月定例会に提出されており、14日に開かれる総務企画、環境生活農林水産の両常任委員会による連合審査会で審議される。多々良代表は「県民の思いを受け止め、熟議を尽くしてほしい」と話した。

【東北放送】
http://www.tbc-sendai.co.jp/01news/fr.html?id=00004759

【NHK仙台】
https://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20190309/0004812.html
県民投票に賛否を シール投票

03月09日 15時51分

東北電力女川原発2号機の再稼働の是非を問う県民投票条例案をめぐり、条例制定を村井知事に直接請求した市民グループが、仙台市で道行く人たちに「シール投票」を呼びかけ、県民投票を行うことへの意思表示をしてもらいました。

この市民グループは、東北電力女川原子力発電所2号機の再稼働の是非を問う県民投票条例を制定するよう、ことし1月、村井知事に直接請求し、条例案は県議会で議論されています。
9日は、多くの人に関心を持ってもらおうと、県民投票を行うことに賛成か反対かの意思表示をする「シール投票」を、仙台市青葉区の繁華街で道行く人たちに呼びかけました。
投票に応じた人たちは、市民グループが用意したボードに丸いシールを貼り付けて賛否の意思を示していました。
「賛成」に投票した白石市の男性は「県民の意思をはっきり示すほうがよいと思います」と話していました。
一方、「反対」に投票した石巻市の男性は「県民の代表である議員や知事がよく考えてほしい」と話していました。
市民グループによりますと1時間で270人余りが投票し、ほとんどが「賛成」だったということです。
これについて市民グループの多々良哲代表は「県議会は県民の思いを受け止めて熟議を尽くしてほしい」と話していました。
県民投票条例案は今月15日に開かれる県議会の本会議で採決される予定です。

  • 第149回・第148回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

■3月5日
第149回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

【会議資料】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002183.html
【議題】
「原子炉本体の基礎の復元力特性について」
「耐震設計の基本方針について」
「設計基準対象施設について」
「重大事故等対処設備について」
「火山影響評価」
「外部火災について」

<報道・河北新報3月6日より>
女川2号機審査
耐震や火災対策追加回答求める
 原子力規制員会は5日、東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機の新規性基準適合性審査会合を開いた。耐震設計の全体像や外部火災を議論した。東北電は①建物・構築物②機器・配管③屋外土木構造物・津波防護施設ー に関する耐震設計を網羅的に説明。東日本大震災や審査の先行例も踏まえ、安全側に立った基本方針だと主張した。外部火災では森林火災、航空機墜落のシュミレーション結果と対策を示した。規制委はいずれも考え方の整理が不十分として追加の回答を求めた。降灰対策など火山影響評価については了解した。 


■2月28日
第148回女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

【会議資料】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002181.html

【議題】
「可搬型重大事故等対処保管場所」
「重大事故等対策の有効性評価」
「格納容器破損防止対策」

<報道・3月1日河北新報より>
女川2号機審査
重大事故対策で経路再考求める
 原子力規制員会は28日、東北電力が再稼働を目指す女川原発2号機の新規性基準適合性審査会合を開いた。重大事故時に原子炉格納容器の破損を防ぐ対策や使用する可搬型設備、現場までのアクセスルートについて議論した。東北電は、原子炉や格納容器に代替循環冷却系で注水する方法を変更することで、従来案より温度を下げられるとの解析結果を提示。格納容器内の蒸気を放出し、圧力や温度を下げるフィルター付きベント(排気)の運用基準を一部見直した。炉心溶融で落下する核燃料をせき止める「コリウムシールド」の設計や材質も説明した。規制委は非常用発電機などへの燃料補給体制を除き、おおむね了承した。アクセスルートの確保では、作業員が移動する屋内ルートの選定、建物や鉄塔の倒壊で生じるがれき撤去の検討が不十分と指摘し、再考を求めた。