プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
原発のない東北の復興を考える
市民による女川原発の再稼働を問うシンポジウム

日時:2017年1月29日(日) 13:00~16:30(開場12:30)
会場:仙台国際センター 大ホール(地下鉄東西線国際センター駅下車)
入場無料

東日本大震災・福島原発事故から5年半。被災地東北の復興は「新たな地域社会・地域経済をどう再生、再建するか?」というフェーズに入っています。再生可能エネルギーと農林水産業を基盤として、住民を主体とした自立した地域社会/経済を興そうという取り組みがある一方で、やみくもな原発再稼働の動きに象徴されるように、外部からの資本投下による“巨大プロジェクト”型の「復興」もまた推し進められています。
このような岐路に立つ今、東北の復興と原発再稼働問題について考えるシンポジウムを開催します。「東北の復興に原発は必要なのか?」「原発に頼らない地域社会・経済をどうつくるか?」をおおぜいの皆さんと共に考えたいと思います。ぜひご参加ください。

プログラム:
第一部 基調講演 金子勝氏(慶応大学経済学部教授)
『「脱原発」成長論――分散ネットワーク型社会へ向けて』
第二部 パネルディスカッション「原発のない東北の復興を考える」
コーディネーター:
早川俊哉氏(河北新報 論説委員)
パネリスト:
金子勝氏(慶応大学 教授)
佐々木功悦氏(宮城県議会 議員)
阿部美紀子氏(女川町議会 議員)
橋浦律子氏(NPO法人紫波みらい研究所 事務局長/理事)

主催:脱原発をめざす宮城県議の会
市民による女川原発の再稼働を問うシンポジウム実行委員会
連絡先:
電話&FAX 022-373-7000(篠原)
E-mail hag07314@nifty.ne.jp(舘脇)

<講演者プロフィール>
金子 勝(かねこ まさる)氏
慶應義塾大学経済学部教授。専門分野は制度経済学、財政学、地方財政論。テレビやラジオでの辛口のコメントでおなじみ。多忙の中でも執筆に精力的で、「脱原発成長論 新しい産業革命へ」、「資本主義の克服 共有論で社会を変える」、「負けない人たち」など著書多数。1952年東京都生まれ。75年 東京大学経済学部卒業。80年 東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。2000年より現職。

<賛同人・賛同団体大募集!>
賛同金  個人一口1,000円  団体一口3,000円
賛同いただいた方はブログ、当日パンフレットに記載して紹介させていただきます(匿名希望の方はその旨ご連絡ください)。
郵便振替口座 02210-0-120053
口座名 市民による女川原発シンポジウム実行委員会
※恐れ入りますが振込手数料のご負担をお願い致します
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 大盛会!8月10日・女川から未来を考えるつどい

onagawa_20140820001218f26.jpg



「女川から未来を考えるつどい」は
台風による雨の中,
県内外から1500名が参加!
大成功にて終了しました。


小出裕章氏 講演動画
http://youtu.be/Aa6xPMdyzrk

台風の影響で飛行機も欠航する中を、
大阪や各地から駆けつけてくださった方、地元の大勢の皆様
そして当日まで頑張った実行委員の皆様に心より御礼申し上げます。

皆様とともに体育館で共有した思いを力に、
女川はもちろん、それぞれの地元でさらに大きく活動を広げてまいりましょう。
原発に頼らない社会を目指して、今後ともよろしくお願い致します!!!
 
 ☆女性ネットニュース38号でも紹介されています
http://blog.canpan.info/joseinet-miyagi/ 
(拡大してご覧ください)

《つどいのご感想を、お二人の方に寄せていただきました。》
ここ宮城では福島原発事故以降、放射能に
よる健康被害や農産物被害への対策、福島への支援、そして女川原発再稼働を止める
取り組みが様々な形で行われてきました。とりわけ先日8月10日に開催された「女川
から未来を考えるつどい加藤登紀子トーク&ライブwith小出裕章」は歴史に残る企画
になりました。震災の傷が残る女川の人たちを元気にしようと県内有志で準備されて
きたこのつどいに、なんと1500人もの人々が地元女川はもちろん、遠くは北海道や沖
縄からもかけつけてくれたのです。熱気あふれる女川総合体育館で、かつて女川の原
発建設反対に駆け回った小出さんが「まだ放射能に汚染されていない女川は必ず復興
できる」と講演、現地の高校生や生産者が次々と思いと決意を語ったのち、加藤登紀
子さんが特設ステージに登場すると会場は一気に最高潮に達しました。女川の人たち
にどこまでも寄り添おうという思いのこもったステージに誰もが感動し、復興に向け
た志を持ち帰ったと思います。原発にたよらない女川、原発にたよらない東北の未来
にむけて、今後もみなさんと共に歩み続けていきます。
(みやぎ脱原発・風の会 舘脇さん)


登紀子さんに会いに行ったのも、交友関係の広い荒井さんに
ついて行っただけです。初めての体験で緊張、緊張・・
その後、沢山の方がたが実行委員会に入ったのでその道の
達人たちにお任せして私はひたすらチラシまきやカンパ賛同金
のお願いに励んできました。
当日はひたすら動き、接客をし、何か落ちてる事はないか考え
ウロウロしていました。
ですから内容について余り感動とかその場で無くて、たてわき
さんのを読んで「そうだったよね~」という感じです。
これから女川は忙しくなりそうです。よろしくお願いします。
(ツユクサの会・松原さん)


<各紙報道記事より>
8月17日(河北新報)
夢をー女川から―未来を
復興の在り方住民が発表
県内外1500人参加し「考えるつどい」
 東日本大震災からの復興の在り方について問いかける「女川から未来を考えるつどい」(実行委員会主催)が10日、女川町総合体育館であり、県内外から約1500人が参加した。
 地元住民ら9人はリレートークで将来に向けた意見を発表。津波到達点より高い場所に石碑を建てる「命の石碑プロジェクト」を、女川中学時代に進めた常盤木学園高1年の神田七海さん(16)は「避難の大切さを伝える石碑の意義も引き継いでいかなければならない」と訴えた。
 京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は講演で東京電力福島第一原発事故による放射性物質の影響などを解説。東北電力女川原発を抱える地域の現状を踏まえ「原発立地による財源に依存しないまちづくりこそ、女川の復興につながる」と強調した。
 歌手の加藤登紀子さんは「一人寝の子守歌」などを熱唱し、「子供たちの笑顔があれば、どんなつらいことも乗り越えられる」とエールを送った。

8月14日(朝日新聞)
原発のある町で
1500人未来を考える

   女川で「つどい」 
 原子力発電所を抱え、どんな未来を描くか。そう問いかける「女川から未来を考えるつどい」が10日、女川町で開かれ、約1500人が集まった。京大助教の小出裕章さん(64)が福島第一原発事故による汚染を解説し、歌手の加藤登紀子さん(70)がライブを披露。町や近隣に暮らす人たちもマイクを握った。
 加藤さんは「女川の人たちは、『女川の原発を止める』という権利を持っている」と呼びかけた。「自分たちの子どもの命を守る、その気持ちに燃えないといけない」。小出さんは「福島の『帰還困難区域』は残念ながら復興できない。でもこの町は必ず復興する。放射能で汚染するような選択だけは決してしてほしくない」と語りかけた。
 女川町尾浦の漁師、小松吉城さん(40)は、父吉勝さんが生前「事故が起きたらおしまいなんだ」と話していたのを記憶する。「震災を機に原発に頼らない町つくり、何十年、何百年後に震災があっても安心、安全に生活できる街を第一に考えたい」と語った。

8月12日(いしのまき河北)
女川から未来を考えるつどい
住民ら地域振興を訴え
加藤登紀子さん歌声披露
意見発表や講演会
東日本大震災から復興を目指す女川町の住民らが、町づくりの意見を発信する「女川から未来を考えるつどい」(実行委員会主催)が10日、町総合体育館で開かれた。歌手の加藤登紀子さんのライブや原発に関する講演もあり、約1500人が来場した。
 住民による意見発表では、石巻地方や近隣市町村の9人が登壇。農家や子育て中の母親、会社経営者らが、それぞれの経験を基に脱原発や自然を生かした地域振興などを訴えた。
 気仙沼市の保育士、大越規容子さん(25)は「福島第一原発事故の後、自然の中の遊び場を心配するようになった。子供たちが伸び伸び遊べる環境を守るために声を上げることが、大人の役割だと思うと主張した。常盤木学園高1年の神田七海さん(16)は、女川中学時代に取り組んだ、
「命の石碑プロジェクト」について発表。「私たち高校生も女川の復興や未来に貢献できるように頑張りたい」と述べた。
 京都原子炉実験所の小出裕章助教が講演し、福島第一原発事故による放射能汚染の実態や健康への影響を解説。
「一人ひとりの力は小さいが、無力ではない。豊かな海に根差した女川町を作ってほしい」と呼びかけた。
 イベントの最後に加藤さんがライブを披露し、力強い歌声で来場者を魅了した。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する