プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
原発のない東北の復興を考える
市民による女川原発の再稼働を問うシンポジウム

日時:2017年1月29日(日) 13:00~16:30(開場12:30)
会場:仙台国際センター 大ホール(地下鉄東西線国際センター駅下車)
入場無料

東日本大震災・福島原発事故から5年半。被災地東北の復興は「新たな地域社会・地域経済をどう再生、再建するか?」というフェーズに入っています。再生可能エネルギーと農林水産業を基盤として、住民を主体とした自立した地域社会/経済を興そうという取り組みがある一方で、やみくもな原発再稼働の動きに象徴されるように、外部からの資本投下による“巨大プロジェクト”型の「復興」もまた推し進められています。
このような岐路に立つ今、東北の復興と原発再稼働問題について考えるシンポジウムを開催します。「東北の復興に原発は必要なのか?」「原発に頼らない地域社会・経済をどうつくるか?」をおおぜいの皆さんと共に考えたいと思います。ぜひご参加ください。

プログラム:
第一部 基調講演 金子勝氏(慶応大学経済学部教授)
『「脱原発」成長論――分散ネットワーク型社会へ向けて』
第二部 パネルディスカッション「原発のない東北の復興を考える」
コーディネーター:
早川俊哉氏(河北新報 論説委員)
パネリスト:
金子勝氏(慶応大学 教授)
佐々木功悦氏(宮城県議会 議員)
阿部美紀子氏(女川町議会 議員)
橋浦律子氏(NPO法人紫波みらい研究所 事務局長/理事)

主催:脱原発をめざす宮城県議の会
市民による女川原発の再稼働を問うシンポジウム実行委員会
連絡先:
電話&FAX 022-373-7000(篠原)
E-mail hag07314@nifty.ne.jp(舘脇)

<講演者プロフィール>
金子 勝(かねこ まさる)氏
慶應義塾大学経済学部教授。専門分野は制度経済学、財政学、地方財政論。テレビやラジオでの辛口のコメントでおなじみ。多忙の中でも執筆に精力的で、「脱原発成長論 新しい産業革命へ」、「資本主義の克服 共有論で社会を変える」、「負けない人たち」など著書多数。1952年東京都生まれ。75年 東京大学経済学部卒業。80年 東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。2000年より現職。

<賛同人・賛同団体大募集!>
賛同金  個人一口1,000円  団体一口3,000円
賛同いただいた方はブログ、当日パンフレットに記載して紹介させていただきます(匿名希望の方はその旨ご連絡ください)。
郵便振替口座 02210-0-120053
口座名 市民による女川原発シンポジウム実行委員会
※恐れ入りますが振込手数料のご負担をお願い致します
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 10月27日 女川原発検討委員会についての公開質問状・県に提出

10月27日 (河北新報)
女川原発検討委員会
「信頼性を欠く」県に公開質問状
   脱原発住民9団体

 県が11月に設置する東北電力女川原発の安全性検討会に関し、脱原発を求める住民団体が27日、公開質問状を県原子力安全対策課に提出した。委員の選任過程や会の運営について11月7日までの回答を求めた。県は女川町や石巻市と共同で検討会の設置を決め、すでに大学教授ら10人を委員に選んでいる。うち6人について、市民団体側は「県が過去に設置した安全性検討組織のメンバーを務めており、信頼性に欠ける」などと問題視している。質問状は「女川原発の再稼働を許さない2014みやぎアクション」(鈴木宏一代表)など9団体の連名。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   【公開質問状】
2014年10月27日
宮城県知事
村井 嘉浩 殿

「女川原発安全性検討会」設置に係る公開質問状

 10月6日、宮城県議会予算特別委員会の分科会に県環境生活部から示された『「女
川原発安全性検討事業」予算補足説明資料』(以下、説明資料)において、女川原発
安全性検討会(以下、検討会)の概要、委員などが明らかにされました。
 検討会設置を巡っては、私たちは8月1日に県へ申し入れを行っており、原子力安全
対策課長に直接、私たちの意見・要望を伝え意見交換しました。8月1日申し入れを踏
まえた上で、このたび明らかにされた検討会の概要、委員の人選等について、以下の
質問をさせていただきます。
 回答期限は2014年11月7日までとし、それまでに環境生活部長と原子力安全対策課
長が直接、回答する場を設定してくださるようお願いします。
 なお質問及び回答は広く県民や報道機関に公開いたします。

質問1
今回発表された10名の委員はそれぞれ、どのような理由で、どのような調査・検討を
経て選ばれたのですか? 説明資料に示された選考要件(①女川原発に関する知見を
多く有する者、②宮城県で発生する可能性のある自然災害について専門的な知識を有
する者)のどの項目における、どのような実績が評価されて委員に選考されたのです
か? 委員一人ひとりについて、具体的に教えてください。

質問2
今回発表された10名の委員のうち6名が、2009~2010年の女川3号機プルサーマル安全
性検討会議のメンバーと同一です。8月1日申し入れで指摘したように、このプルサー
マル安全性検討会議は、第1回会合で「プルサーマルに関する論点の整理」が資料と
して配られ、最初から会議の筋書きが決められており、東北電力や県当局の説明に対
して委員が質問するという進め方で、委員同士の議論は殆どなく、プルサーマルの受
け入れを決定しました。このような経過を許した同一メンバーで、本当に女川原発の
安全性が検証できると考えていますか?

質問3
今回発表された10名の委員が利益相反行為を行う可能性がないか、調査しましたか?
 即ち、電力事業者・原子力事業者等から報酬、謝金、寄付金、助成金等を過去に
渡って受け取ったことはないか等を調査しましたか? 調査していないのであればそ
れは何故ですか? 調査したのであればその結果を教えてください。

質問4
8月1日申し入れにおいて、私たちは、各々の専門分野における第一級の権威であり学
界からも市民からも信頼を得ている11名の専門家を委員に推薦しました。私たちは、
私たちの推薦した専門家が今回の委員選考に入るのではないかと期待しましたが、結
果は一人も選ばれませんでした。これは何故ですか? 私たちが推薦した専門家につ
いては調査・検討し打診したのですか? しなかったとすれば何故ですか? したと
すれば最終選考に残らなかった理由は何ですか?

質問5
今回発表された委員の殆どが大学の研究者であり、実際の原発の設計や運用を経験し
た技術者は入っていません。しかし原発の安全性検討を行うには原発の現場を知った
技術者を加えることがぜひ必要であり、私たちは3名の原発メーカー出身の技術者を
推薦しました。何故、原発の現場を知る技術者が委員に選ばれていないのですか? 
これで本当に女川原発の安全性検討ができると考えていますか?
また今回発表された委員には地震や地質の専門家が入っていません(私たちは3名の
専門家を推薦しましたが)。地震工学、耐震工学の専門家が入っていますが、いずれ
もかつてのプルサーマル安全性検討会議メンバーであり、つまり女川原発を基準地震
動を遥かに上回る揺れが襲うことを予見できなかったメンバーです。東日本大震災・
福島原発事故の後の検討には地震や地質の専門家が加わることが不可欠だと考えます
が如何ですか?

質問6
11月中にも検討会の初会合を持つということですが、どのような進め方、運営方法で
行なうのですか? 8月1日申し入れにおいて、私たちは、県の内部文書にあった「第
1回目 東北電力から概要説明、県側から検討事項の提示を行う」「東北電力及び規制
委員会の説明に対し、各委員から一通り意見を聴取したら終了」のような進め方で
あってはならず、「会議の進め方が委員の自主性に委ねられ、委員同士の自由闊達な
議論や独自の調査が行われてこそ、様々な問題点が浮かび上がり、委員の専門性を活
かした知見が深まり、公正な意思決定と提言が行われる場となります。」と提言しま
した。この提言を受け入れる準備はありますか?

質問7
説明資料によれば、検討会の検討事項を「①東日本大震災後の施設の健全性確認 ②
新規制基準に適合することにより向上する安全性の確認」としていますが、この2項
目のみに限定するのですか? 8月1日申し入れにおいて、私たちは、「委員の自主的
な会議運営と議論、調査の中で浮かび上がってきた問題点が幅広く検討されることに
よって、女川原発の安全性を充分に検証できる」と提言しましたが、この提言を受け
て検討項目を広げる考えはありますか?

質問8
説明資料によれば、検討会の設置主体は「県、女川町及び石巻市」ということです
が、何故、女川原発30km圏(UPZ)自治体の5市町(登米市、東松島市、涌谷町、美里
町、南三陸町)が入っていないのですか? これら5市町は女川原発事故に備えた避
難計画を策定しなければならず、東北電力と原子力安全協定の締結協議も行っている
のですから、女川原発の安全性検討に係る「主体」であることは明らかです。5市町
が検討会の設置主体に入って当然と考えますが、如何ですか?

質問9
説明資料によれば、検討会は「平成26年度は4回開催予定」とありますが、平成27年
度以降はどのようなペースで何回開催する予定ですか? 検討会としての「答申」は
いつ頃出す予定ですか?

質問10
検討会の透明性確保は極めて重要であると考えますが、議事録、会議資料等はすべて
完全版が、すみやかに開示されますか? 傍聴に制限は加えられませんか? 原子力
規制委員会など政府機関の会議は映像がライブ配信されYouTube等でいつでも見られ
るようになっています。検討会もそのようにすべきだと考えますが、如何ですか?
また県民が意見を述べ議論に参加する機会を設けることが不可欠であると考えます
が、そのために、形式的なパブリックコメント以外の、どのような方法を考えていま
すか? 

以上


<共同提出団体>
女川原発の再稼働を許さない!2014みやぎアクション(代表 鈴木宏一)
宮城県護憲平和センター(理事長 清藤恭雄)
原発問題住民運動宮城県連絡センター(共同代表 嶋田一郎 庄司捷彦)
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター(代表世話人 網島不二雄)
生活協同組合あいコープみやぎ(理事長 小野瀬裕義)
子どもたちを放射能汚染から守り、原発から自然エネルギーへの転換をめざす女性
ネットワークみやぎ(共同代表 浅野冨美枝 小澤かつ 児玉芳江 村口喜代 山田
いずみ)
船形山のブナを守る会(代表世話人 小関俊夫)
女川から未来を考える会(代表 阿部美紀子)
止めようプルサーマル止めよう核燃料女川石巻地元連絡会(代表 近藤武文)

ーーーーーーーーーーーーーーーー


▼(質問書提出に至るまでの経緯)
東北電力は女川原発2号機の再稼働に向けて昨年12月27日に原子力規制委員会に安全審査の申請を行いました。それに先だって安全協定にもとづいて宮城県・女川町・石巻市に事前協議の申入れを行っています。
この事前協議の申入れに対して、原発の危険性から全ての県民を守るために女川原発の安全性・設備健全性の検討を国任せにするのではなく、宮城県が独自に検討しダブルチェックする専門家会議の設置を求めて、私たちは宮城県議会の2月定例会に「宮城県原子力発電所の安全性に関する検討委員会の設置を求める陳情書」を提出しました。
 その後この問題に関する宮城県当局の検討がそれなりに進んでいるとの情報が届いたので、改めて宮城県に私たちの要望を伝えようと最初の「申入書」を6月9日に提出しました。これらの陳情と申入れを受けて、村井知事は県議会6月定例会で独自の安全性検討会を10月にも設置する事を明らかにしました。
  私たちの要望を受けて検討会の設置は決まりましたが、問題はその検討会の内容です。 宮城県から情報公開請求で入手した文書によると、県が考えている検討会は私たちの要望した「原発の危険性から県民の生命と財産を守る専門委員会」ではなく、「東北電力の安全審査申請にお墨付きを与える検討会」になりそうでした。問題は委員に原発に慎重、批判的な立場の専門家を含めるかどうかの人選と、委員同士の自由闊達な議論や独自の調査が行われ公正な意思決定や提言がなされるかどうかの会議の進め方です。そこで私たちの方から11人の委員候補の推薦を行い、前例としてある2009年10月から2010年2月まで開催された「プルサーマルの安全性に係る検討会議」(*注1)の誤りを繰り返さないために、あるべき検討会の進め方についての要望をまとめ8月1日に再度の「申入書」を提出しています。
▼(今回の公開質問状の提出)
  宮城県は県議会9月定例会に、この検討会に関する203.8万円の補正予算を提出し、10人の委員の名簿を発表しました。その内容を見るとこれまでの私たちの要望や提言はまったく無視されています。10人の委員のうちの6人(*注2)は「プルサーマルの安全性に係る検討会議」で委員を務めた専門家です。福島原発事故を経験して新たな問題に挑戦しなければならないのに、その気概も無く宮城県は安易な道を選択したと言わざるを得ません。
そこでこれまでの検討過程、選考過程を質すために公開質問状を提出することといたしました。

(*注1)「プルサーマルの安全性に係る検討会議」要綱と委員名簿
http://www.pref.miyagi.jp/gentai/miyagi%20pluth/pdf/provisions.pdf

(*注2  ◎プルーサーマル検討委員と重なる専門家)
【「女川原発安全性検討会」委員名と専門分野】
 今村文彦   東北大災害科学国際研究所教授       (津波工学)
◎岩崎智彦   同大学院工学研究科教授            (原子炉工学)
 兼本茂     会津大コンピューター理工学部教授     (制御工学)
◎栗田哲     東京理科大工学部教授             (耐震工学)
 首藤由紀   株式会社社会安全研究所長           (ヒューマンエラー)
 鈴木浩平   首都大東京名誉教授               (機械工学)
◎関根勤     東北大高度教養教育・学生支援機構教授  (放射化学)
◎長谷川雅幸  同名誉教授                     (原子炉材料工学)
◎源栄正人   同災害科学国際研究所教授           (地震工学)
◎若林利夫   同名誉教授                    (原子力システム安全工学)

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する