プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

11月以降の催事のご案内

<宮城県・女川原発に関する会議>
   ○11月11日 
    「女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会」 
    http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/280925.pdf
   
   ○11月20日 
    「女川原子力発電所環境保全監視協議会」開催
    http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/281465.pdf


廃棄物最終処分場見学会
●11月2日
日時 11月2日 AM 10:00~11:30
場所 目的地は田代岳最終処分場建設予定地
     集合場所は 宮崎役場(宮崎支所)前
問い合わせ先  紅葉の田代岳に行こう会 実行委員会
        伊とう 090-7337-4448 伊藤 0229-63-2329

~候補地は、県が定めた鳴瀬川水道水源の保全地域、大崎全体の水源の宝庫~

●11月3日

加美町連帯企画

「最終処分場問題」を学び、紅葉・温泉を満喫!
 -日帰りバスツアーのご案内-
【日 時】 2014年11月3日(月)
仙台駅東口 代々木ゼミ前8:50集合 9:00出発
 ☆予定スケジュール
 仙台駅東口→JA加美よつば(最終処分場問題学習会)・昼食
  →カントリーエレベーター視察→やくらい「薬師の湯」/フリータイム
               (温泉入浴・買い物)
  →仙台駅東口(17:30着予定)
※「処分場候補地」の田代岳までは入りません!

【参加費】1500円(昼食・おみやげ付き)

※申込み・問い合わせは東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター
 ☎022-399-6907 FAX022-399-6925
  


☆11月8日(土)
女川原発の再稼働を許さない!
2014みやぎアクション「秋のつどい」

日時 11月8日 13時半~
場所  仙台弁護士会館
講演  井戸謙一さん(2006年志賀原発運転差止判決を下した裁判長、福島集団疎開裁判弁護団)
報告 吉澤正巳さん(希望の牧場ふくしま代表)、他


☆【東北文化学園・特別講座】
10月15日~11月19日 (水曜日 16:40~18:10)
震災・原発・自然エネルギーをテーマとした特別講座を、昨年に引き続き開講しており
ます。学外の方のご参加歓迎いたします!

水曜日 16:40~18:10
東北文化学園大学1号館1257教室
昨年と同じ教室です。
道路に面している2階の教室です。
JR国見駅徒歩2?3分、または市バス880系統南吉成行バス「国見浄水場」下車徒
歩1?2分
10月15日 坂本智尚(毎日新聞編集委員・震災当時郡山支局長)
10月29日 小出重幸(日本科学技術ジャーナリスト会議会長)
11月5日  武藤類子(福島原発原告団団長)
11月12日 武藤類子(福島原発原告団団長)
11月19日 島昭宏(弁護士)

☆11月22日
 緊急被ばく医療セミナー
 (宮城県の被爆時の安定ヨウ素剤の配布の取り組みなど)

日時 11月22日 13:30~16:40
場所 トラストシティカンファレンス・川内・トラストシティ5階
定員 100名(直接会場にお越しください)
主催  災害研緊急被ばく医療推進センター
問い合わせ先:緊急被ばく医療推進センター
      ☎ :022-717-8132


☆11月24日
  緊急住民集会
  処分場白紙撤回へ
 
  日時11月24日 午後1時
  場所 中新田文化会館(バッハホール)
  事務局  JA加美よつばセンター


☆11月27日
エネシフカフェvo1.7
とき:11月27日(木) 10:30~12:00(10:00会場)
ところ:ゼロ村市場(泉区上谷刈6-11-6)
参加費:ドリンクまたはランチオーダー
持ち物:筆記用具
定員:30人
主催:エネシフみやぎ
https//www.facebook.com./miyagi.de.eneshif
◆お申込み先・お問い合わせ先
メール eneshif.miyagi@gmail.com
FAX 022-725-2262


☆11月30日
健康管理のあり方に関する公開フォーラム
11月30日@福島市
日時:11月30日(日)13:30~16:00
場所:コラッセふくしま 401号室 
資料代:500円
申し込み不要(直接会場にお越しください)

内容:
1)福島県民健康調査の現状と課題

2)広島・長崎の被爆者援護法とチェルノブイリ原発事故後の健康支援
…吉田由布子「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク事務局長

3)民間における甲状腺検診の経験から
…西尾正道/北海道がんセンター名誉院長

4)フクシマで生きる
…今田剛/医療法人社団敬天会小川医院理事、
循環器専門医、漢方専門医、綜合内科専門医、医学博士

5)国としての健康支援の在り方
…崎山比早子/高木学校、元国会事故調査委員会委員
…満田夏花/国際環境NGO FoE Japan理事

6)意見交換

主催:放射線被ばくと健康管理のあり方に関する市民・専門家委員会

子どもと放射能対策の会
連絡先:放射線被ばくと健康管理のあり方に関する市民専門家委員会事務局
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9 国際環境NGO FoE Japan
Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986
担当:満田・矢野
携帯:090-6142-1807
E-mail:XLA07655(アット)nifty.com (アット)を@に変えて送信してください
http://fukushimaaction.com/?cat=4


☆12月7日
   福島シンポジウム2014
  原発災害と生物・人・地域社会への影響と補償・生活再建の途を探る
  http://iitate-sora.net/fukushimasymposium/fukushima2014



☆12月16日
=風の会・公開学習会 vol.5=
-吉田調書が語る- 『福島原発事故の教訓』
講師 仙台原子力問題研究グループ 石川徳春さん

日時 12月6日(土)18:30~20:30
会場 仙台市市民活動サポートセンター研修室5
(仙台市青葉区一番町四丁目1-3)
参加費 300円
主催 みやぎ脱原発・風の会
 問合せ 090-8819-9920 hag07314@nifty.ne.jp(舘脇)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12月13日
[原発事故被害者の救済を求める全国運動」
第二期東京集会開催のお知らせ 
http://act48.jp/index.php/2014-01-07-02-41-36.html
 私たち原発被害者救済を求める全国運動は、第一期の活動で一定の成果をあげたというものの、原発事故被害者をとりまく状況は一向に改善されず、原発事故子ども・被災者支援法は真の意味で実施されたとはいえません。
 私たちは、第二期を立ち上げ、原発事故被害者にとって緊急性の高い施策の実現を求め、立法措置を含め、下記4項目の世論を喚起するとともに、政府や国会議員への働きかけ、請願署名を執り行います。
 ◆ 健診の支援・医療費減免措置
 ◆ 原子力災害に伴う避難者の住宅問題の解決のための立法措置
 ◆ 子どもたちの保養プログラムを実施する国家体制の構築
 ◆ 原発ADRの和解案の完全実施
10月13日キックオフ集会をに福島県郡山市で開催いたしました。
そして今回、東京にて下記の通り集会を開催いたします。

【日時】 2014年12月13日(土) 13時30分~16時50分
【場所】東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67 表参道駅B2出口より徒歩7分)
【参加費】 500円
【概要】
 ◆ 挨拶   -東京集会の開催目的-    満田夏花(FoE Japan)

 ◆ -講演- 「福島原発事故 被災者支援政策の欺瞞」  日野行介さん(毎日新聞記者)   
    *福島原発事故 県民健康管理調査の闇 福島原発事故 被災者支援政策の欺瞞(岩波新書)著者

 ◆ -事例報告-
   ① 埼玉県における原発事故避難者がおかれている状況と今後の支援活動 -社会的ケアの視点から-    
                       愛甲裕さん(震災支援ネットワーク埼玉事務局長)  
   ② 福島から東京に母子避難したママたちが自ら立ち上げた「つながるNPO」活動報告
                       ましこりかさん(ココロとカラダを育てるハッピープロジェクト代表)

 -休憩- 映画予告編上映  「日本と原発:河合弘之監督」 「小さき声のカノン:鎌仲ひとみ監督」  

   ③ 保養活動の取り組み-保養活動、保養相談会、避難者同士の交流から 今後の取り組み
                       早尾貴紀さん(311受入全国協議会共同代表)     

   ④ 関東における甲状線自主健診の取り組み状況     
                       関東子ども健康調査支援基金共同代表の柴田圭子さん  
 ◆ 会場参加者との討論    

 ◆ -今後の運動展開に向けて-
   ① 原発事故被害者救済を求める第二期請願署名運動の論点       
                        海度雄一(弁護士/当団体呼びかけ人)   
   ② まとめ-原発被害者の救済を求める全国運動第二期に向けて-   
                        佐藤和良(当団体共同代表/いわき市議)

【主催】原発事故被害者救済を求める全国運動
【お問合せ】国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)〒173-0037東京都板橋区小茂根1-21-9
       Tel:03-6909-5983Fax:03-6909-5986

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する