プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 11/8 みやぎアクション秋のつどい報告(その2)

11/8秋のつどい報告(その2)

女川町議会議員   阿部美紀子氏
<女川原発再稼働に関する町民アンケートの報告 >から

 女川町義有志3名の連名で町民に「女川原発再稼働に関する町民アンケートを実施し、
11月末期限で回収予定。2400戸に配布したうち、10月5日現在回答数635通の概要報告。

○再稼働に賛成     126通(19.84%)
○再稼働に反対     371通(58.43%)
○不明           138通(21.73%)


○賛成の理由で多かったもの(複数回答)
・女川町は原発がないとやっていけない。   159通
・電気代が高くなるとやっていけない。     116通
・規制委員会が「合格」とした場合        115通

○反対の理由で多かったもの(複数回答)
・福島のような事故が心配             
・放射能の恐ろしさが身に染みた         400通
・お金より命が大事                  295通
・事故が起きたら復興の努力が水の泡      283通
しかも本質的に危険という回答が309通もあり、原発に頼らずともやっていけるという回答も146通ありました。

 今、国、電力会社は再生可能エネルギーの買い取り中止。そして川内原発の再稼働同意と、露骨に原発ありきの姿を顕わしています。私は脱原発の住民の声が、さらに大きく、さらに広がるよう、土壌作りに励みたいと思います。(鳴り砂より)


「秋のつどい」当日頂いたアンケートの一部をご報告します。
【井戸謙一さんの講演について】
・これから進んでいくふくしま子ども被ばく裁判が、福島・東北・全国・世界の脱原
発を願う人々の力で拡がっていくよう、皆で共にたたかいたいと思います。
・素晴らしい講演でした。井戸謙一さんが裁判長をされた方でありながら、原発問題
に積極的に取組まれている事に力強さを感じました。
・福島でシビアな原発事故が現実に起こった今、「科学的」という基準を金科玉条の
如く扱い、安全が担保できるとは不確かなものとなった。裁判は、この国の将来を左
右する営みである、姿勢を感じた。市民の力、運動の大切さ、原動力であることを改
めて感じました。
・福島集団疎開裁判をはじめ、まったく知らなかった事があったが、そういった重大
な裁判がほとんど報道されていなかったことにおどろいた。政府も報道もまずは原発
再開が第一であり、それをはばもうとする動きは抑えこまれている。そういった中で
活動を続けていくことはとても大変なことかと思うが、講演名でもある「原発にない
未来を子供達へ」渡すために頑張っていただきたい。自分も様々な情報にアンテナを
張り、「知る」ことを忘れないようにしたい

【吉澤正巳さんの報告について】
・吉澤さんの怒りを共有して本気になって止めないといけないと思った。
・吉澤さんの熱い思いヒシヒシと伝わりました。浪江の人の口惜しさが分かります。
親類も点々と浪江から避難暮しです。ずっと注目していかなければと思います。
・吉澤さんの”強い怒り”涙をこら得て聞きました。福島の方の怒り初めて聞きまし
た。これまでお会いした方々は、怒りを出さず、何とか生きようとしている感じで
す。私も一緒に怒りつづけたいと思いました。吉澤さんガンバローね。
・国民の実力まさにその通りですね。吉澤さんの声が胸に響きました。涙が出ます。
牛に写真も見せていただきましたが、悲しいことから目をそらさずに、前に進まなけ
ればという気持ちになりました。原発いらない。子供たちに未来を残したいです。

【阿部美紀子さんの報告について】
・阿部さん家族ぐるみで長年闘いを積み重ねられたこと感動的です。8月10女川参
加しましたが、これから女川だけに頼らず宮城みんなで闘いを広げましょう。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する