プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 日本の安全議論に警鐘!(元NRC委員長グレゴリー・ヤツコ氏) 他

日本の安全議論に警鐘
グレゴリー・ヤツコ氏
 東京電力福島第一原発事故の発生当時、米国で原子力規制委員会(NRC)の委員長だったグレゴリー・ヤツコ氏が12日、国会内で講演し、日本の再稼働に関して「安全とは、事故が起きても避難を必要としない状況だという観点で議論すべきだ」と訴えた。ヤツコ氏は「安全とは政府、科学者、産業界、市民などが決める非常に主観的なもの」と指摘。福島の事故から間もなく4年を迎える日本について「何が起きたのか、どんな教訓を学ぶべきか、認識や議論が不十分だ」と警鐘を鳴らした。2月13日<河北新報より>


▼「地元も安全神話卒業を」 原子力規制委の田中委員長
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021801001655.html
 原子力規制委員会の田中俊一委員長は18日の記者会見で「(原子力施設が立地する)地元は絶対安全、安全神話を信じたい意識があったが、そういうものは卒業しないといけない」と述べた。
 田中氏は九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)と関西電力高浜3、4号機(福井県)が新規制基準に基づく規制委の審査に合格した際「運転に当たり求めてきたレベルの安全性を確認した」「絶対安全とは言わない」と繰り返し説明していた。東京電力福島第1原発事故を受け、電力業界だけでなく地元も意識改革が必要との考えを示した形だ。
2015/02/18 17:42 【共同通信】

川内原発、審査で安全性担保せず 原子力規制委員長 
田中俊一委員長
http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071601001601.html

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は16日の記者会見で、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)が再稼働の前提となる審査に事実上合格したことについて「基準の適合性を審査した。安全だということは申し上げない」と述べ、審査は必ずしも原発の安全性を担保したものではないとの認識を明らかにした。地元首長は安全と受け止めており、再稼働に向け地元が受け入れを判断する際に認識の差が課題となりそうだ。
 田中氏は会見で川内原発について「一定程度安全性は高まったことは評価するが、これはゴールではない。九電はますます努力する必要がある」と説明した。
2014/07/16 20:28 【共同通信】

2月19日
<女川原発>再稼働 町民の賛否割れる
アンケート結果
再稼動賛成・どちらかといえば賛成=39.1%
    反対・どちらかといえば反対=34.6%
    どちらともいえない      =26.3%
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201502/20150219_13008.html


<東通原発>敷地内断層「活動否定できず」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201502/20150219_23010.html
 原子力規制委員会は18日、東北電力東通原発(青森県東通村)の敷地内断層をめぐる有識者調査団の評価書案を他の有識者がチェックするピアレビュー(査読)会合を都内で開き、2本の主要断層について「活動性は否定できない」とする原案通りの内容でおおむね合意した。
 調査団は表現や構成を調整し、最終的な評価書を規制委に報告する。断層問題は今後、東北電が2014年6月に申請した新規制基準の適合性審査会合に議論の場を移す。
 評価書案をまとめた石渡明委員と調査団メンバー4人に加え、他の有識者5人が出席した。
 焦点の第4系(258万年前以降)の地質変状を「粘土鉱物の風化と吸水による体積膨張」とする東北電の主張には、有識者から「前提条件や評価方法に問題があり非現実的」「十分なデータが示されていない」と疑問視する意見が相次いだ。
 一方、調査団の議論が膨張説の可否に終始し、断層評価自体の部分が深まらなかったとの指摘も出た。座長の加藤照之東大教授(日本地震学会会長)は「限られた資料で得られた知見をまとめるのが評価書。(最終的な)判断は規制委がする」と述べた。
 冷却用取水路直下の小断層f-1については、断層活動と体積膨張の両論に「変状と断層の関係が十分確認できない」との意見を加えた三つの見解を併記すると決めた。
 会合後に記者会見した東北電の安倍宣昭副社長は「適合性審査で合理的な評価を得られるよう説明を尽くす」と話した。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する