プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 「女川2号機の安全性に関する検討会」に関する申し入れ

2015年2月20日

 私たちは、宮城県が今年度3回実施した「女川2号機の安全性に関する検討会」を傍聴し、検討会における「女川原子炉の実態」に即したより深い議論の展開と、市民の要望の反映等を求め県の担当課と話し合いをいたしました。
申入書に対し担当課より、○検討各委員に渡辺敦雄氏の「考察」(女川原発)の配布・と論点の追加○検討会の映像配信○委員の質問に対する東北電力の回答記録など、何点かは前向きに検討する旨の回答を頂きました。


<プレスリリース>                                            2015年2月18日
報道各社 御中
女川原発の再稼働を許さない!2015みやぎアクション
                       代表 鈴木宏一 
                         

女川原発安全性検討会に関して
宮城県に再度の申入れを行います

宮城県との話し合い
日時:2月20日(金)午後1時30分~2時30分
会場:県議会棟1階第一応接室

コメント
   女川原発がもたらす危険性から宮城県民の命と財産を守るため、私たち11の団体(添付の申入書の末尾
に記載してあります)は宮城県が設置した「女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会」の構成、会議の運営などについて、数度にわたって申入書や公開質問状を提出し、話し合いを続けて来ました。しかし私たち県民の声はそのほとんどが県当局によって無視され続けています。この間検討会の3回の会議が開かれていますが、それを傍聴していて委員の構成と会議の運営の仕方、そして情報公開に多くの問題点があることを感じています。
そこでその問題点を指摘した申入書を宮城県に提出し、再度の話し合いを行う準備を進めて来ましたが、来る2月20日(金)に話し合いを持つことで県当局との調整がつきました。申入書は話し合いの当日に正式提出する予定ですが、話し合いを実りあるものにするために事前に検討しておいていただくため、本日原子力安全対策課を通して宮城県に仮提出いたしました。その申入書を添付いたします。私たちが検討会について問題だと考えていることは8項目の申入れ事項に明確に示されています。
 会議の取材規制などは報道機関にとっても重大な問題ですので、関心を持って取材していただきたいとえています。
よろしくお願いいたします。                         以上

 

 <申し入れ書>                                                             2015年2月20日
宮城県知事
村井 嘉浩 殿
「女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会」に係る申入書

女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会(以下、検討会)はこれまでに3回の会議(その間に女川原発の現地視察1回)を経てきました。2014年11月11日第1回会議が開催され、それを受けて私たちは、12月8日に7項目の申し入れ、12月19日に原子力安全対策課との意見交換を行ないました。その後、12月24日に第2回、2015年2月10日に第3回の会議が開催されましたが、その内容は12月8日付け申入書が生かされたものとは言えず、私たちは同じ7項目を再度申し入れなければならないのかと残念に思っています。
ここでは前回の7項目を踏まえた上で、以下の8項目について申し入れます。
さらに渡辺敦雄氏(かつて東芝の原子力部に勤務し女川原発、浜岡原発などの基本設計に携わった。専門は原子力工学、危機管理学。)による「女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会論点一覧への考察」を併せて提出します。いずれも3月以降に開催される検討会に、必ず生かしていただけるようお願いします。

1、 渡辺敦雄氏による「考察」を含めて、女川原発2号機の安全性に関する論点を系統的網羅的に挙げ、検討会に取り入れてください。
事務局から第2回検討会へ提出された「論点一覧」85項目は、まだ議論が始まっていない段階で、差し当たり委員から出された「質問・意見・要望」のまとめに過ぎません。添付する渡辺敦雄氏の「考察」にあるように、MarkⅠ改良型の評価等、女川原発2号機の安全性を検討する上で必要な論点は他にも多々あり、それらを系統的網羅的に列挙し、検討会に取り入れるべきです。また今後の検討会の議論が深まる中で、更なる論点が見出されてくるはずであり、それらを取り入れながら、それに伴って必要な専門家を追加招集すべきです。

2、 事務局により第3回検討会へ提出された「第2回検討会で出された意見への対応」19項目の具体的な内容について詳しく説明してください。
「論点一覧の85個の質問・意見を鈴木委員の提言(第2回検討会議事録25~26ページ)に基づいて再整理した」として、事務局から第3回検討会へ「第2回検討会で出された意見への対応」19項目が示されました。ところが85項目を19項目に「再整理」したことによって、論点が大雑把で曖昧になり、議論する内容が県民にとってかえってわかりにくくなっています。各項目がどのような内容を検討するのか具体的に明らかにしてください。それ抜きに19項目だけ見れば、あたかも東北電力の「説明会」の項目のようにしか見えません。

3、 各回の検討会の度毎に、検討された論点についての検討会としての見解・判断を、県民に解るように示してください。
第3回検討会では「点検記録不備」と「重大事故対策」が東北電力から説明されました。会議の最後に若林利男座長から「このテーマについては終了しました」との趣旨の発言がありましたが、これは検討会として東北電力の説明を了解したとの判断を示したのでしょうか。このように検討会としての見解・判断が曖昧な形で会議が進められることには問題があります。検討された論点について検討会として了とするのか、不十分なのでさらに検討を継続するのか、東北電力に追加の資料提出を求めるのか等を、会議の終了の度毎に県民にわかるように示すことを求めます。

4、 検討会の議事録の中に東北電力による説明も記録として残してください。
検討会の会議時間の大部分は東北電力からの説明に費やされています。しかしこの間の検討会の議事録からはこの東北電力の説明内容が省かれています。資料をもとに東北電力がどのような説明をしたのかは、その説明の妥当性を検証するためにも記録として残すことが必要ですから、全て議事録に記載してください。

5、 「女川原発2号機の設備点検に4188件の不備があった」事件を最優先で取り上げ、検討会の中で東北電力を徹底追及し、事実を明らかにしてください。
この事件の中でも、特に「実際には存在しない部品を点検し問題なかったとした例が207件あった」件は「不備」ではなく、「虚偽」もしくは「ねつ造」と言うべきであり、東北電力の企業モラル、社員のコンプライアンス意識そのものが疑われる事態です。ひいては東北電力からの説明と質疑応答をその大部分としている検討会のあり方そのものが問われる事態です。この問題は第3回検討会でも取り上げられ、東北電力の説明がありましたが、それに対する委員からの発言は鋭さを欠いたものでした。これで終わりとしたのでは到底納得できません。他の「論点」に優先して、この問題について東北電力を徹底追及し、事実を明らかにしてください。

6、 住民の避難計画・避難訓練の問題を、重大事故対策の重要項目として取り上げ、検討会において検討してください。
第2回検討会で示された「論点一覧」の80番で岩崎委員が、81番で栗田委員が、「避難計画との関係」において「重大事故対策について」の意見を述べています。以前、私たちとの意見交換の場で原子力安全対策課の阿部勝彦課長は「住民避難計画は検討会の対象ではない」と述べましたが、重大事故対策と避難計画の問題を切り離せるはずもなく、当然にも、委員の側から論点として提起されているのです。検討会がこのことをしっかり受け止めて、住民の避難計画・避難訓練の問題を、重大事故対策の重要項目として検討することを求めます。

7、 3人の委員(若林氏、関根氏、岩崎氏)に同一金額(1,050,000円)の受託研究費が数年に渡って一般企業(黒塗りにより企業名不明)から支払われている件について、調査結果を明らかにしてください。
この件は、若林利男委員、関根勉委員、岩崎智彦委員の3名に毎年、同一の企業から研究費が手渡っているのではないかと思わせるものであり、その企業名が判明しない限り、3名の委員に対する疑念は晴れません。12月19日私たちからの指摘に対して、原子力安全対策課の阿部勝彦課長は「調査する」と明言しました。調査結果を、特に契約相手の企業名を、包み隠さず明らかにしてください。

8、 報道機関を含めたカメラやビデオの撮影の制限をやめて、会議の公開性・透明性を確保し、県民が信頼できる検討会にしてください。
第2回および第3回検討会において議論に入る前にカメラやビデオを締め出したことは、公的な会議の公開性透明性を高める時代の流れに逆行する措置であり、ただちに撤回することを求めます。国や他の自治体の対応と比べても「後進性」が際立っています。県民からは「密室」で議論されている印象となり、信頼構築からはほど遠く、これでは県民の「安全安心」のために行っている検討会の目的は達せられません。

以上

<添付資料>
 「女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会 論点一覧 への考察」 渡辺敦雄
 参考資料 「水素爆発をもたらしたものは何か-MarkⅠ型原子炉格納容器の圧力抑制室に関する水力学的動荷重問題」 渡辺敦雄(岩波書店「科学」Dec.2011 Vol.81 No.12)

<共同提出団体> 
女川原発の再稼働を許さない!2014みやぎアクション(代表 鈴木宏一)
宮城県護憲平和センター(理事長 清藤恭雄)
原発問題住民運動宮城県連絡センター(共同代表 嶋田一郎 庄司捷彦)
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター(代表世話人 綱島不二雄)
生活協同組合あいコープみやぎ(理事長 小野瀬裕義)
子どもたちを放射能汚染から守り、原発から自然エネルギーへの転換をめざす女性ネットワークみやぎ
 (共同代表 浅野冨美枝 小澤かつ 児玉芳江 村口喜代 山田いずみ)
船形山のブナを守る会(代表世話人 小関俊夫)
女川から未来を考える会(代表 阿部美紀子)
止めようプルサーマル!止めよう核燃料サイクル!女川原発地元連絡会(代表 近藤武文)
女川原発の再稼働を許さない石巻地域の会(代表 庄司捷彦)
女川原発の危険から住民の生命と財産を守る会(代表 庄司捷彦)

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する