プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • ふるさとを放射能から守ろう!3・21みやぎアクション(集会 宣言)

2015年 3月21日
ふるさとを放射能から守ろう!3・21みやぎアクション--------------------------------
13d61799d0ea2f53cf0d2e229486b3e975b1b512_51_2_9_2.jpg
1e52a5125e6537c7c1b2d9ec3ed096548d6c764f_51_2_9_2.jpg
CIMG3327.jpg


<映像>
https://www.youtube.com/watch?v=HCVF1xhGM90


<集会速報と集会宣言文>
朝から晴天の一日、勾当台公園市民広場(市役所前)にて
市民の皆さん、県民の皆さんに呼びかけました。

集会場に足を運んでいただいた1000人の参加者の皆様とともに、
補償を打ち切り帰還をせかされる福島県の皆さんの現状
放射性指定廃棄物最終処分場に反対する加美町民の訴え、
女川の再稼動に反対する町民のアンケート結果報告などを聞き、
最後に集会宣言で思いを確認しあいました。

参加者一同
「女川原発再稼働反対」と
一番町をアピール行進し集会を無事終了いたしました。

ご参加くださった皆様、耳を傾けてくださった皆様
ありがとうございました。!!!





福島原発事故を忘れない 女川原発再稼働を許さない!
ふるさとを放射能から守ろう!3・21みやぎアクション

        <集 会 宣 言>

壊滅的被害をもたらした4年前の3月11日を経て、原発は危険であり、100%安全の保
障もないことが誰の目にも明らかになりました。今なお福島の12万人余の避難者は散
り散りになり、ふるさとに帰れません。夥しい汚染水が垂れ流され、事故原因を究明
するための現場検証すらできない東電福島第一原発では、この瞬間も過酷な被ばくを
伴う応急、収束作業が続いています。
国や県、電力会社によって「安全」神話化されていた原発事故の衝撃と怖ろしさを私
たちは身を以て体験しました。誰一人、責任を負わなかった原発事故を絶対に忘れる
ことはありません。
「3・11」で私たちは、あたりまえに暮らせることがどれほど大切なことかを知り
ました。私たちは心から家族を愛し、ふるさとを愛しています。同様に、目の前の人
たちのいのちをも私たちは尊重します。それ故に、大切な人やふるさとを奪われた計
り知れない悲しみや苦しみに背をむけることはできません。

今日ここに集った私たちは、全ての宮城県民に、全国の人々に、そして世界へ向けて
呼びかけます。
土や海に根ざし、支えあい、つつましく暮らしてきた祖先がのこした生き方とふるさ
とを奪っただけでなく、何の責任もない子どもたちの未来を一方的に奪い尽くす、過
酷事故を前提とした原発再稼働を許しません。避難計画の実効性すら乏しく、過疎地
など地方や下請け労働者だけにリスクを押しつける構造的差別が続くことを許しませ
ん。
被ばくを強いることにつながる放射能影響の過小評価を容認することはできません。
私たちは、ヒロシマ、ナガサキ、ビキニ、そしてチェルノブイリで繰り返されてきた
惨禍を誰にも経験してほしくありません。
住民の声を聞かず、一方的に計画を強行しようとしている放射性指定廃棄物最終処分
場の建設は新たな核の被害者を生み出すものです。無害化できない危険な核のゴミに
怯えた生活ではなく、本当に豊かないのちの営みを希求します。
雪解け水のせせらぎを聞き、牛が草を食み、鳥が青空に羽ばたき、黄金色の稲穂の絨
毯があらわれるような、縷々としたいのちの営みを私たちは後世に手渡したい。ふる
さとも子どもたちのいのちも私たちの所有物ではありません。私たちや、限られた者
たちだけが使用する電気のために、これ以上誰かを傷つけ、ふるさとを蹂躙しないこ
とを求めます。

女川原発は被災原発です。これ以上誰も犠牲にしない明日のために、女川原発再稼働
を止め、廃炉にすることを、国や宮城県、東北電力に求めます。私たちは1人ではあ
りません。この広場に集ったおおぜいの仲間とともに、私たちは行動してゆくことを
ここに宣言します。
世界市民のみなさん! 誰かの犠牲を前提にしたシステムではなく、かけがえのない
ふるさとでともに生きていける未来を築きましょう! 放射能からふるさとを守るた
めにともに歩んでいきましょう!

2015年3月21日 
福島原発事故を忘れない 女川原発再稼働を許さない!
ふるさとを放射能から守ろう!3・21みやぎアクション 集会参加者一同

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する