プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

<報道から>

○2月23日 ニューヨークタイムズ
原子力産業界の崩壊が始まった!西側先進各国
http://kobajun.chips.jp/?p=22407
○3月25日
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?
http://news.kyokasho.biz/archives/31299


○東京電力福島第一原発の汚染水状況
http://oshidori-makoken.com/?p=812

○3月6日 
東北電力・低レベル放射性廃棄物六ケ所村に向けての輸送を中止
http://www.tohoku-epco.co.jp/news/atom/__icsFiles/afieldfile/2015/03/05/1189222.pdf

全国の原発で発生する放射性廃棄物のうち低レベル放射性廃棄物(原発労働者が使う防護服など比較的汚染度の低い廃棄物)と呼ばれる廃棄物は、ドラム缶に詰められて発電所内に保管されていますが、まとまった数量になると青森県六ヶ所村の低レベル放射性廃棄物埋設センターに運ばれて、地中に埋設処分されることになっています。
そのドラム缶を運ぶ輸送船は青栄丸と名付けられています。
青森を栄えさせるための輸送船です。

東北電力はその青栄丸で今年3月に女川から六ヶ所村に向けて輸送を行う予定にしていました。
ところがその青栄丸のクレーンが故障したために、輸送を中止すると発表しました。

(日本原燃)
http://www.jnfl.co.jp/business-cycle/llw/llw-center.html
 
3月13日
みなし仮設住宅:住み替え対応バラバラ 6~130件 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150313k0000m040141000c.html

福島で育児 半数「不安」「できるなら避難」24%
               2015年3月12日 西日本新聞
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京電力福島第一原発事故を受け、福島県内の避難指示区域外で子育てをしている
親の半数以上が地元での育児に不安を感じ、4人に1人が避難を望んでいることが、
成元哲中京大教授や牛島佳代福岡大講師らのグループの調査で分かった。事故の
影響が今なお深刻なことを浮き彫りにした。調査グループは「事故の影響は続いており、
長期的な支援が必要だ」と指摘している。

調査は、原発事故の避難指示区域に近い福島県中通り地方の9市町村で、震災時に
1〜2歳だった子を育てる母親などの保護者を対象に2013年から毎年、アンケートで
健康や生活状態を尋ねてきた。

今年1月に配布したアンケートには4日現在、1184人が回答を寄せた。それによると、
「放射能の健康影響についての不安が大きい」との質問に「あてはまる」「どちらかと
言えばあてはまる」との回答が6割近くを占め、「福島で子どもを育てることに不安を
感じる」も5割を超えた。「できることなら避難したい」は24.6%に上った。

情報の信頼性への疑念も強く、「放射能に関してどの情報が正しいのか分からない」が
7割、「いじめや差別を受ける不安を感じる」も、5割超に達した。

一方、「地元産の食材は使わない」が3割近くあった。事故直後の約9割から減ったものの、
少しでもリスクを回避したいとの思いは根強い。そうした対応は家計の圧迫にもつながっており、
6割が「事故後、何かと出費が増え、経済的負担を感じる」と回答した。

調査グループは「地元産以外の食材使用や避難などの対策には費用がかかり、収入が
低いほど負担が大きい。リスクへの対処がさらなるストレスにつながっている」と分析する。

成教授は「被災地の親が今も苦しんでいるという事実を社会全体で共有し、実効性の
ある対策につなげていくべきだ」と強調し、今後も調査を続ける方針だ。

○3月19日・電気新聞
国連防災会議のスタデイツアー(女川視察)

http://www.shimbun.denki.or.jp/news/local/20150319_01.html

国連防災世界会議の参加者、女川原子力の安全対策視察
2015/03/19
仙台市で開かれている国連防災世界会議の参加者が東北電力女川原子力発電所の安全対策を視察するスタディーツアーが17日に行われた。南アフリカ、スイス、ドイツから3人が参加し、同発電所で建設中の防潮堤や、安全対策を講じている3号機建屋を視察。東日本大震災発生時の発電所の状況やその後の対策、新規制基準適合性審査への対応などの説明を受けた。ツアーには、震災当時に同発電所長だった渡部孝男常務・火力原子力本部副本部長が同行し、参加者を誘導した。
ツアー最初にあいさつした渡部常務は「女川で何が起き、どう対応したのかを伝えるのは大事であり、意義深いこと」と説明。「建設当初から敷地を高くするなど地震・津波対策を講じ、日頃の訓練や改善に力を合わせてやってきた」とした一方、「反省点もある。その事実を知って頂き、防災の一助にして頂けたら光栄」と述べた。(5面)
・・
○3月28日 下野新聞」

放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場候補地選定問題で、環境省が5月14日に宇都宮市内で一般向け説明会を開くことが27日、分かった。
宮城県では4月5日に「環境省と考える 指定廃棄物の課題解決に向けたフォーラム」と題して開催されるが、本県では初めて。
福田富一知事はこれまで記者会見などで「国は国民向けの啓発活動をしっかり行ってほしい」と発言しており、国にも要望していた。
こうした声に国が応える格好。
環境省側も望月義夫環境相が今月6日の閣議後記者会見で「(宮城県や栃木県で)広く県民に丁寧に説明する努力を続けていきたい」と表明していた。
フォーラムは指定廃棄物の定義や処分場の安全性などを説明する場を設け、県民理解を深めることが狙い。
会場は県総合文化センターサブホール。県内在住者が対象で、定員は400人程度とみられる。

○ 3月30日 河北新報
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150330_13039.html

女川原発再稼働、反対訴え行進 仙台で集会
 市民団体「女川原発の再稼働を許さない!2015みやぎアクション」主催の市民集会が21日、仙台市青葉区の勾当台公園市民広場であり、約1000人が参加した。
 「福島原発事故を忘れない」「女川原発再稼働を許さない」がテーマ。福島原発告訴団副団長の佐藤和良いわき市議は「今でも14万人もの福島県民が避難生活を送っている。これ以上、悲惨な状況を全国につくってはならない」と訴えた。
 指定廃棄物最終処分場の県内候補地の一つになっている加美町の住民も「このような事態になったのは政治家選びを間違ったから。われわれがしっかりしなければならない」と述べた。
 集会では東北電力女川原発(女川町、石巻市)の再稼働中止や原発労働者へのリスク押し付けの改善などを東北電や国、県に求める宣言を採択。参加者は市中心部をデモ行進し、女子グループ・制服向上委員会の掛け声で「危険な原発やめよう」「みんなで節電」と気勢を上げた。

○3月31日 河北新報
5年ぶり核燃料搬入へ 女川2号機 東北電
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201504/20150401_13032.html

東北電力
http://www.tohoku-epco.co.jp/news/atom/1189420_1065.html

○4月3日 産経新聞

福島第1原発事故 追加告訴の東電社員ら9人を不起訴 東京地検
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0403/san_150403_2270294427.html

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する