FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • <女川原発>2号機再稼働 17年4月以降に

6月12日
<河北新報>
<女川原発>2号機再稼働 17年4月以降に
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201506/20150612_11019.html
 東北電力が、2016年4月以降としていた女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働時期を、「17年4月以降」に延期することが11日、分かった。再稼働の前提となる新規制基準適合性審査の過程で、安全対策工事の完了がずれ込む見通しになったため。12日に正式発表する。
 東北電は東通原発(青森県東通村)も再稼働時期を16年3月から17年4月以降に先送りする方針で、東日本大震災以降続く同社の「原発ゼロ」は6年以上に及ぶことが確実になった。
 東北電は13年12月に女川2号機の審査を申請。原子力規制委員会は九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)など「加圧水型」の原発を優先し、東京電力福島第1原発と同じ「沸騰水型」の女川2号機の審査は遅れていた。
 また審査の中で、軽油タンクの地下化など新たな安全対策工事が必要になり、当初予定の16年3月の工事完了が難しくなった。
 審査はことしに入り設備・運用分野を中心にペースが上がり、11日には50回目に達した。ただ、震災の震源に最も近い被災原発でもあり、規制委は地震・津波対策の審査には慎重な姿勢を崩していない。田中俊一委員長は10日の定例記者会見で「女川は地震の影響で(地盤が)相当大きくずれた。施設にも影響はある」と強調していた。
 1000ガルに設定した基準地震動(最大想定の揺れ)、23.1メートルに引き上げた最大津波想定の妥当性をめぐる議論は道半ば。設備面でも新設のフィルター付きベント装置の健全性確認など課題が残り、審査終了のめどは立っていない。

*薩摩川内 来月視察
女川町議会 避難計画に反映

 東北電力女川原発が立地する女川町の町議会原発対策特別委員会は7月8~10日、鹿児島県薩摩川内市を視察する。今夏にも再稼働する見通しの九州電力川内原発を巡る地元の実情を調べ、女川原発の重大事故に備えた避難計画つくりなどに反映させる。市議や市の担当者、九州電力関係者と会い、①避難計画②2再稼働に向けた議会の審議状況③原子力規制庁との協議状況ーなどを聞き意見を交わす。
 東日本大震災以降、原発の新規性基準に基づく審査に合格しての再稼働は川内1号機が初。女川原発2号機も審査を受けている。特別委の佐藤良一委員長は「川内原発の再稼働について地元の自治体、議会はどう対応し、住民はどう納得したのか、知っておく必要がある」と説明した。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する