プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 「女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会」についての公開質問状・県に提出

7月9日
宮城県が設置した「女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会」に関る質問書を、本日県に提出しました。



         【公開質問書】

                                                               2015年7月9日
宮城県知事
村井 嘉浩 殿
           
   「女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会」に係る公開質問状

女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会(以下、検討会)は、2014年11月11日に第1回が開催され、それを受けて私たちは、12月8日に7項目の申し入れ、12月19日に原子力安全対策課との意見交換を行ないました。その後、12月24日に第2回、2015年2月10日に第3回の検討会が開催され、それを受けて私たちは、2月20日に8項目の申し入れを行ないました。さらにその後、4月23日に第4回、5月20日に第5回の検討会が開催されました。
以上の申し入れへの回答や意見交換の中で、原子力安全対策課・阿部勝彦課長が「回答する」「実施する」と言明しながら、現在に至るまで「未回答」「未実施」の事項がいくつかあります。それらの事項を中心に、検討会をめぐる問題点について以下の質問を致します。
質問への回答は出来るだけ7月17日までに文書でお願いいたします。また環境生活部長と原子力安全対策課長が直接私たちに回答し説明する場を設定してくださるようお願いいたします。
なお質問及び回答は広く県民や報道機関に公開いたします。

質問1
3人の委員(若林氏、関根氏、岩崎氏)に同一金額(1,050,000円)の受託研究費が数年に渡って支払われている件(黒塗りにより企業名不明)(*1)についての調査結果はどうなりましたか? 何故、いつまで経っても公表されないのですか?
  (*1)国立大学法人東北大学総法文998号で開示した文章。なお契約相手方が民間企業、社団法人、財団法人の場合は、「契約相手」「研究課題名」は不開示。

2月20日、私たちは『この件は、若林利男委員、関根勉委員、岩崎智彦委員の3名に毎年、同一の企業から研究費が手渡っているのではないかと思わせるものであり、その企業名が判明しない限り、3名の委員に対する疑念は晴れません。12月19日私たちからの指摘に対して、原子力安全対策課の阿部勝彦課長は「調査する」と明言しました。調査結果を、特に契約相手の企業名を、包み隠さず明らかにしてください。』と再度申し入れました。それに対して阿部課長は「この問題は調査途中であり、終わり次第、調査結果と県としての判断を示す。」と再度言明されました。にもかかわらず、未だに調査結果は公表されておらず、県民の疑念は膨らむ一方です。最初の質問から半年以上が経過し、今回の質問が3度目です。速やかに調査結果を公表してください。
また、県が検討会委員を選任するにあたり、各委員に口頭で確認なさった委員の要件事項を具体的に示してください。

質問2
検討会の動画公開はいつから行なうのですか?
2月20日、私たちの「報道機関を含めたカメラやビデオの撮影の制限をやめて、会議の公開性・透明性を確保し、県民が信頼できる検討会にしてください。」という申し入れに対して、阿部課長は「県が動画撮影して公開することを検討する」と回答しました。ところが第5回検討会に至るまで、動画の撮影・公開は実施されていません。いつから実施するのですか?

質問3
渡辺敦雄氏の「考察」、私たちの申入書は検討会の委員に確かに手渡してくれていますか?
2月20日、私たちは渡辺敦雄氏による「女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会 論点一覧への考察」を提出し、この「考察」や私たちの申入書が検討会の委員に手渡るように要望しました。それに対して、阿部課長は『渡辺氏の「考察」は全委員に手渡す。申入書についても手渡すことを検討する。』と言明しました。
この言葉のとおり、渡辺氏の「考察」や申入書は全委員に手渡してくれていますか?
 また、この質問書(及び回答書)も全委員に手渡るようにお願いします。今後提出する申入書、質問書等についても同様の対応をお願いします。

質問4
検討会の論点は必要に応じて追加され、必要な専門家が追加招集される、ということでよいですか?
2月20日、私たちは、85項目の「論点一覧」、19項目の「再整理」に対して、「MarkⅠ改良型の評価等、女川原発2号機の安全性を検討する上で必要な論点は他にも多々あり、それらを系統的網羅的に列挙し、検討会に取り入れるべきです。また今後の検討会の議論が深まる中で、更なる論点が見出されてくるはずであり、それらを取り入れながら、それに伴って必要な専門家を追加招集すべきです。」と申し入れました。それに対して、阿部課長は、「検討会の論点はこれからも必要に応じて追加していく。」と言明しました。この言葉のとおり、今後、検討会の論点は必要に応じて追加されるということでよいですか?
またそれに伴って、「検討を進める中で、座長から確認が必要な分野の専門家の招集要請があれば、検討会に諮りながら追加することにも、柔軟に対応をしていく予定である」と公開質問状への回答(平成26年11月7日付)で述べているとおり、必要な専門家の追加招集が行われるということでよいですか? その際は、2014年8月1日付申入書で私たちが推薦した検討会委員候補者リストの専門家も対象にするべきと考えますが、如何ですか?

質問5
住民の避難計画・避難訓練の問題は、重大事故対策の重要項目として、検討会の論点として取り上げられますか?
2月20日、私たちの申し入れに対して、阿部課長は、「避難計画・避難訓練の問題は重大事故対策との関連の中で論点になる。」と言明しました。この言葉のとおり、住民の避難計画・避難訓練の問題は、重大事故対策の重要項目として、今後、検討会の論点として取り上げられるということでよいですか?

質問6
「女川原発2号機の再稼働一年延期」問題を、検討会でしっかり取り上げるべきと考えますが如何ですか?
東北電力は6月12日、女川原発2号機の再稼働予定時期を「2017年4月以降」に延期すると発表しました。「新規制基準適合性審査の過程で新たな安全対策工事が必要となった」こと等が延期の理由と報じられていますが、これはとりもなおさず、東北電力が当初予定していた安全対策が「甘かった」ことを示しており、検討会で追及すべきではありませんか? 
どのような安全対策工事を追加したのか? 何故、当初からそれらの安全対策が必要と考えなかったのか?など徹底追及してください。

 今回の質問項目は以上です。
また、2月20日、私たちが「検討会の議事録の中に東北電力による説明も記録として残してください。」と申し入れたのに対して、阿部課長は「次回から前向きに対応する。」と回答されましたが、現在この言葉のとおりに対応してくださっていることに感謝申し上げます。
今回の質問、申し入れについても前向きに対応してくださるようお願い致します。

最後に、私たちは今秋、「市民による女川原発の安全性に関するシンポジウム」(仮)を開催します。
このシンポジウムは、私たちが県に推薦した専門家をパネリストとして、講演と会場も交えたディスカッションを行なうことを軸と考えていますが、県の検討会委員、県原子力対策課、東北電力の担当者などの皆さんにも参加をお願いし、ぜひ意見交換したいと考えています。
改めて招請状をお届けしますので、検討会委員の皆さんに手渡りますようご配慮をお願いします。
また原子力安全対策課・阿部課長はじめ職員の皆さまにもぜひご参加いただけますようお願い申し上げます。
              - 記 -
企画名:「市民による女川原発の安全性に関するシンポジウム」(仮)
企画内容:女川原発の安全性に関して専門家からの問題提起と県民参加の意見交換
日時:2015年11月23日(月・祝)13時~16時 
会場:仙台市情報・産業プラザ(アエル5F)多目的ホール(定員600人)
パネリスト(予定):後藤政志氏(元東芝)、井野博満氏(東京大学名誉教授)など
主催:11.23シンポジウム実行委員会

<共同提出団体> 
女川原発の再稼働を許さない!2015みやぎアクション(代表 鈴木宏一)
宮城県護憲平和センター(理事長 清藤恭雄)
原発問題住民運動宮城県連絡センター(共同代表 嶋田一郎 庄司捷彦)
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター(代表世話人 綱島不二雄)
生活協同組合あいコープみやぎ(理事長 小野瀬裕義)
子どもたちを放射能汚染から守り、原発から自然エネルギーへの転換をめざす女性ネットワークみやぎ
 (共同代表 浅野冨美枝 小澤かつ 児玉芳江 村口喜代 山田いずみ)
船形山のブナを守る会(代表世話人 小関俊夫)
女川から未来を考える会(代表 阿部美紀子)
止めようプルサーマル!止めよう核燃料サイクル!女川原発地元連絡会(代表 近藤武文)
女川原発の再稼働を許さない石巻地域の会(代表 庄司捷彦)
女川原発の危険から住民の生命と財産を守る会(代表 庄司捷彦)

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する