プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 第1回シンポジウム大盛況で無事終了しました!!!

11月23日
シンポジウム
simpo2_20151128213702e0c.jpg

被災原発を再稼働させて大丈夫!?
「市民による女川原発の安全性を問う シンポジウム」

【当日資料】
11.23シンポジウム資料(前半)
11.23シンポジウム資料(後半)

【映像記録】
https://youtu.be/HISM4THdUzY



肌寒い雨の一日でしたが、会場は530名の参加者で大盛況のなか無事終えることができました。

シンポジウムにご賛同くださった皆様
当日ご参加くださった皆様、
原子力市民委員会の皆様
シンポジウム呼びかけ人の皆様
本当にありがとうございました。

長期間の準備を重ねた結果、意義深いシンポジウムとなり、
女川原発再稼働を止めるための次へのステップを、広く大きく作る事が出来ました。
ご尽力下さった皆様に心から感謝申し上げます。 

映像は、登壇者が実際に原子力開発に携わった経験や、長年の研究に基づいた発表と議論の記録です。
当日聞き逃された方、専門的でお話が難しいと感じられた方も
あらためてどうぞじっくりご覧下さい!
そして、ぜひ多くの方にもご紹介ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

 
【報道】
●11月24日<河北新報>
被災原発 安全懸念
 仙台女川再稼働でシンポ

 東北電力が2017年4月以降の再稼働を目指している女川原発の安全性を考えるシンポジウムが23日、仙台市青葉区の市情報・産業プラザであった。原発再稼働に反対する市民団体による実行委員会が主催し、約500人が参加した。
 原発の元技術者や大学教授がパネリストとなり、東日本大震災で受けた女川原発の被害を分析し、持論を展開。原子炉の冷温停止に必要な外部電源の多くが破損し、紙一重で確保したことなどから、市民の求める完全な安全性は保たれていないとの認識で一致した。このうち、大手メーカーOBで原子炉格納容器の強度設計を研究した後藤政志さんは「放射能物質の拡散を防ぐための格納容器は、炉心溶融(メルトダウン)してしまうと、まったく事故の進展を抑えられない」と原発の問題点を指摘した。
 井野博満東大名誉教授(金属材料学)も「技術はつくる立場の意図を反映して実現され、その立場の価値観で評価される。すべて分かった上でつくられるわけでもなく、不確実性が存在する。そうした原発の設計思想への疑問は消えない」と述べた。会場からは、福島第一原発事故を教訓とした、新規性基準の合理性などを問う質問があった。


●11月25日 <NHK>
http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20151123/4678591.html
女川原子力発電所の再稼働に反対している宮城県内の市民グループが、仙台市で、原発の問題点を話し合う公開討論会を開きました。
この討論会は女川原発の再稼働に反対している県内の市民グループが共同で開いたもので、500人あまりが参加しました。
この中で、原発メーカーで原子炉格納容器の設計に携わっていた後藤政志さんが「福島第一原発のような水素爆発を防ぐ対策ができていない。特に女川原発は、東日本大震災で損傷しているうえ、福島第一原発と同じ原子炉格納容器の改良型を採用している問題がある」と指摘しました。
このあと会場から「政府は、日本の原発の規制基準は世界で一番厳しいと言っているが本当か」という質問が出されました。
これに対し東京大学の井野博満名誉教授はヨーロッパやアメリカの例を出して、「決して一番厳しいとは言えない」などと答えていました。
主催者の篠原弘典さんは「きょう出たさまざまな問題を、今後、国や県にぶつけて女川原発の再稼働に反対していきたい」と話していました。
東北電力は「資源の乏しい日本の実情を踏まえれば、安全確保を前提に原子力は一定程度必要だ」として、安全対策を強化した上で、女川原発2号機の再稼働を目指しています。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する