FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • ケーブル敷設に不備 (女川・東通両原発)火災対策上不適切

女川・東通 両原発 
ケーブル敷設に不備 火災対策上不適切

12月16日<河北新報>
 東北電力は15日、女川原発3号機と東通原発で中央制御室床下のあるケーブルの敷設に不備があると発表した。火災対策の観点から新規性基準が求めているケーブルの区分けが適切に行われていなかった。原子力規制委員会と県、立地自治体などに同日、報告した。火災発生時の延焼を防ぐため、新規性基準では原子炉緊急停止などに関わる「安全系」のケーブルと、それ以外の「非安全系」を不燃性の分離板で分けて設置するよう事業者に要求。東北電も新規制基準前から社内の仕様書で定めていた。
 女川3号機は非安全系も通信ケーブル2本が分離板を貫通し、貫通部の防火処理も施されていなかった。東通原発では、分離板が本来の位置からずれて設置され、適切に区分けされていなかった。
いずれのケースも原因や不備がいつから続いていたか分かっていない。東北電は「ケーブルは難燃性で、運転員による火災の早期発見、初期消火が可能なため直ちに安全上の問題はない」と説明した。ケーブル敷設の不備は東京電力柏崎刈羽原発などで発覚。東北電は14日に女川原発と東通原発の点検に着手し、不備を確認した。来年3月までに今回の2基に女川1,2号機を加えた計4基の制御室床下にある全ケーブルを点検する。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する