プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

3月以降の催事のご案内

■3月11日

原発を考える3・11メモリアルアクション
日時:3月11日(金)20:00~21:00
 夜1時間、各家庭で一斉にキャンドルナイトを実行する。できる人はブレーカーを落とし、ろうそくを囲んで、大震災やげんぱつ事故の犠牲者をいたみ、原発と電気の事を考える。

呼びかけ:NPOキラキラ発電・市民共同発電所
      脱原発仙台市民会議
連絡先:☎・FAX 022-379-3777


■3月27日
3.27ノーヌクスパレード
~みんなで止めよう女川原発

2016年3月27日(日曜日)
14:00(午後2時)集会開始
15:00(午後3時)デモ出発
仙台市勾当台公園市民広場にて
反原発アピールしたいひと みんな来い
いろんなスタイル 大歓迎!

3.27デモ実行委員会
(呼びかけ・みやぎ金曜デモの会 他)

■3月27日
「これでいいのか?原子力規制委員会と新規性基準」
立石雅昭氏講演会(総会記念講演会)

日時:3月27日  AM10:00~
場所フォレスト仙台4階会議室
講師:立石雅昭氏(新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会)
主催:原発問題住民運動宮城県連絡センター

■4月2日
県議と考える
「放射能と指定廃棄物最終処分場問題」


日時:4月2日(土)
場所:中新田図書館視聴覚ホール
入場無料
出席議員:高橋けい議員(加美郡」選出) 内藤 たかじ議員(大崎市選出)
基調講演:今野仁一氏(建設に断固反対する会事務局次長)

主催:「放射能と暮らしを考える 風花ネットワーク」
連絡先:☎0229(63)5023    代表世話人 二瓶さん


■4月2日
シンポジウム「自然エネルギーで地域社会を変える」
日時:平成28年4月2日(土) 13:00~16:00(開場12:30)

場所:東北大学片平キャンパス さくらホール(仙台市青葉区片平2丁目1-1 E-01)

プログラム:
 基調講演  
 飯田哲也氏 環境エネルギー政策研究所所長
 講演  
 佐藤彌右衛門氏 全国ご当地エネルギー協会会長

 パネルディスカッション        
 宮城県の政策紹介 宮城県再生可能エネルギー室

参加費:1000円 当日会場にてお支払ください。
定員:150名(予約優先)

交流会:シンポジウム終了後(16:30~)、飯田哲也氏・佐藤彌右衛門氏やパネルディスカッション登壇者の方々との交流会(立食形式)をさくらホール1階で開催いたします。こちらにもぜひご参加ください。参加費は2000円。

申込み:こくちーず申込サイト
http://www.kokuchpro.com/event/esm_sympo201604/


問い合わせ:エネシフみやぎ事務局
 eneshif.miyagi@gmail.com  022-725-2261 ((株)建築工房零 内)

主催:エネシフみやぎ
共催:認定NPO 法人環境エネルギー政策研究所、全国ご当地エネルギー協会、ひっぽ電力株式会社、宮城県中小企業家同友会
後援 :宮城県、生活協同組合あいコープみやぎ、(公財)みやぎ・環境とくらし・ネットワーク


■4月17日
福島原発事故5年
被災現地視察バスツアー

日時:4月17日(日) 9時仙台駅東口バスプール出発17時着
予定コース
1:浪江町 駅前通り→請戸漁港
2:双葉町 第一原発
3:大熊町 6号線沿い
4:富岡町 夜ノ森  測定器で測てみよう
5:楢葉町 宝鏡寺 昼食
   ミニ講演会 早川篤雄さん(福島原発避難者訴訟原告団長)
参加費:4500円
(バス代・弁当・保険含む)
定員:50名(締切4月8日)
申し込み方法:FAX022-215-3120(お名前・電話・連絡先・生年月日)
主催:子たちを放射能汚染から守り・原発から自然エネルギーへの転換をめざす女性ネットワークみやぎ
http://blog.canpan.info/joseinet-miyagi/
(詳しくは、女性ネットニュースNo55号・PDF版で拡大してご覧ください)


■5月29日
「事故が起きたら逃げられるのか?
市民による女川原発の安全性を問うシンポジウム part2 」

日時:2016年5月29日(日) 12:30~16:30(開場12:00)
会場:仙台国際センター・大ホール(地下鉄東西線国際センター駅下車) 

入場料:無料(カンパ歓迎)

○基調講演
上岡直見氏(環境経済研究所代表)
○パネリスト
福島県・宮城県の市町村の防災担当者等(予定)

○主催:脱原発をめざす宮城県議の会/市民による女川原発を問うシンポジウム実行委
員会 
(市民による女川原発を問うシンポジウム実行員会構成団体 : 女川から未来を考え
る会/女川原発の危険から住民の生命と財産を守る会/女川原発の再稼働を許さない石
巻地域の会/女川原発の廃炉を求める大崎連絡会/原発問題住民運動宮城県連絡センタ
ー/子どもたちを放射能汚染から守り、原発から自然エネルギーへの転換をめざす女性
ネットワークみやぎ/「さようなら原発inいしのまき」実行委員会/自由法曹団宮城県
支部/生活協同組合あいコープみやぎ/脱原発仙台市民会議/脱原発ひまわりネット/
止めようプルサーマル!止めよう核燃料サイクル!女川原発地元連絡会/東日本大震災
復旧復興支援みやぎ県民センター/船形山のブナを守る会/放射能から子どもたちを守
る栗原ネットワーク/宮城県護憲平和センター)


コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する