FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
=女川原発再稼働を許さない!福島原発事故を忘れない!=
さようなら原発 みやぎ県民大集会
2020年3月22日(日)本集会 午後1時30分 デモ出発 午後2時30分
会場 勾当台公園市民広場
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 7月1日・第9回女川原発の「安全性検討会」の議事録公開

 7月1日

第9回女川原発の「安全性検討会」の議事録・宮城県のHPアップされました。
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/gentai/kentoukai.html

<議事録>
http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/367384.pdf

 第9回女川原発の「安全性検討会」(5月26日開催)では、女川原発での地震後の設備健全性確認の「記録不備」や、1号機で続けて2回も発生した停電、ケーブルの不適切敷設(*注・6月29日規制委員会が保安規定違反2と発表)、炉心シュラウドサポートの応力評価誤り等最近の、女川原発で発生した問題点について話し合われました。
 宮城県の発行する「原子力だより」(VOL133)には、あまり問題がない様にあっさりと書かれていますが、議事録を見ればわかりますが、東北電力の取り組みに対して検討会構成員や原子力規制委員会が色々と指摘しています。

≪議事録より≫
・存在しない機器を点検した記録がある事(P13 中ごろ、P20中ごろ)
・品質保証で「教育に厚み」というのは、これは何か世間的には物すごくわかりにくい。(P21中ごろ)
・地震について・・・繰り返しで、累積で壊れる現象、変形で壊れる現象、加速度で壊れる現象、これがいいかげんなまま、幾ら計算結果でチェックしたって何も意味ないのですね。・・・(P25最後)

・保安検査の検査結果について、女川原子力規制事務所から説明に対して
 ・・・県民からすれば、何か原子力規制庁はもう少し指導してほしいというのが正直なところだと思います・・・(P37―7行目)

・原子力規制委員会(女川原子力規制事務所)より
女川原子力発電所に対して・・・26年度に…2号機の保安規定違反の状況等もございましたし、また27年度にも、・・・・・所内の停電等がございましたので、それについて立ち止まるような姿勢が足りないんじゃないのかとか、その辺は再度見直すとか、そういった観点で、安全文化の状況についても劣化状況があるんじゃないかというのを、おととい、文書で出させていただいております。(P37中ごろ)

・私が気にしているのは、2回目の停電なんですね。・・・(P52―5行目)
・それを監督している人がそれを見過ごしてしまったというところは、やっぱり油断があるのか、技術の劣化というかですね、そういういろいろなものを見る機会が少なくなって劣化しているのかと。・・・・(P53-3行目)

・・・・等々



















コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する