プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 原発再稼動に必要な「フィルターベント」設備とは?

最近問題になっている「フィルターベント」について、東通、女川、柏崎のことについてまとめてみました。  

「フィルター付格納容器ベント設備」とは圧力が上がって格納容器が破壊するのを防ぐため、圧力を下げる装置ですが、フィルター付きとはいえ 気体などは通過してしまい住民に被ばくをさせてしまう装置です。原発を立地する時は 「止める」「冷やす」「閉じ込める」と言っていました。また、五重の壁があるから安全とも言って原発を建てました。それが 3.11以降は 格納容器が破壊するのを防ぐため、ベントすると考えが変わってきています。
 以下にほぼ時系列で まとめてみましたので、ご覧ください。


〇(H25.5.29)
 東通原子力発電所におけるフィルター付格納容器ベント設備の設置工事開始
  http://www.tohoku-epco.co.jp/news/atom/1184320_1065.html

 東通原子力発電所におけるフィルター付格納容器ベント設備の概要
  http://www.tohoku-epco.co.jp/ICSFiles/afieldfile/2013/05/29/13052903_bessi.pdf



〇(H25.6.25)
 女川原発におけるフィルター付格納容器ベント設備の工事開始
  http://www.tohoku-epco.co.jp/news/atom/1184339_1065.html

 女川原発におけるフィルター付格納容器ベント設備の概要
  http://www.tohoku-epco.co.jp/ICSFiles/afieldfile/2013/06/24/13062401_bessi.pdf


〇(H25.9.25)
 新潟県知事と東京電力社長の会見録画が詳しく見られます。
  http://www.ustream.tv/recorded/39212660

   フィルターベント(建屋外)を2つ目付けること、
   安全協定の遵守、
   最後に東電社長の単独会見もあります。
   フィルターベントを使用するときの問題等々が話されていました。



〇(2013.9.26)
 新潟県知事のコメントが出ております。

http://www.pref.niigata.lg.jp/genshiryoku/1356769369667.html

 以下に貼り付けます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 条件付き承認に伴う知事コメント

2013年09月26日
 昨日の東京電力廣瀬社長との会談において、フィルタベントが稼働する状況下では、避難中の住民が健康に影響のある被ばくをする危険があることが確認されました。
 また、「新規制基準をクリアしただけでは住民の安全を確保できず、自治体との協議が必要」
という点も共通の認識となりました。加えて、残念なことですが、東京電力は、フィルタベント以外の設備についても、田中原子力規制委員会委員長が「最低限の基準」と指摘する新規制基準をクリアできるか自信が持てていない状況にあります。
 柏崎刈羽原子力発電所は、停止していても生きている施設であり、安全確保が必要です。
事業者が現状に対しても安全確保に自信を持てず第三者の目を入れたいという状況を放置することは、地元にとっても望ましくありません。
 フィルタベントの性能が十分なのか、避難計画と整合性が取れるのか等については、県技術委員会の場でも検討する必要があると考えていますが、それ以外の設備等については、規制基準適合審査によって、第三者(原子力規制委員会)の確認を求めることは容認したいと思います。
 以上により、条件付きの承認を行うこととしました。   
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        (貼り付け終了)


〇(H25.9.27)
東北電力が「東通原子力発電所における原子力防災訓練実施結果の報告について(平成25年度分)」
というのを HPで公開していました。
  http://www.tohoku-epco.co.jp/news/atom/1184427_1065.html

 9/13に女川原発関連でも同じようなものが公開されています。
  http://www.tohoku-epco.co.jp/news/atom/topics/1184415_1984.html

   その時 気になる記述があり それが東通では 今回ありません。
   それは下記にある 
http://www.tohoku-epco.co.jp/ICSFiles/afieldfile/2013/09/17/130913_Onagawa_kunren_b1.pdf

       9.今後に向けた改善点の下記の文です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1)原子力災害発生時には現場の状況が不明確なことを想定し,放射性物質の外部放出(格納容器耐圧強化ベントなど)を想定した高線量下での作業を意識した訓練(現場作業員および放射線管理員との連携強化)の実施について検討する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 新潟県知事のフィルターベントに対してのコメント(H25.9.26)「昨日の東京電力廣瀬社長との会談において、フィルタベントが稼働する状況下では、避難中の住民が健康に影響のある被ばくをする危険があることが確認されました。」も影響しているのかな~と思ったりしています。

なお 女川では 東通、柏崎、とは違い原子炉建屋内に設置を計画しています。

どっちが良いのか? 一長一短ありそうです。


〇(2013.9.30)
フィルターベントについて誤った報道がされたので 新潟県がコメントを出していますので、紹介します。
  http://www.pref.niigata.lg.jp/genshiryoku/1356769573726.html


       以下に貼り付けます。
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィルタベントの使用に関する条件について

2013年09月30日
 9月26日付け「柏崎刈羽原子力発電所の規制基準適合審査申請に係る条件付き承認について」
について一部報道機関において、誤った解釈による報道がありました。
 県と東京電力は、了解が得られない限りフィルタベント設備の運用開始はできない。実際に事故が発生した際の個別の対応に、県の了解を得るよう求めたものではない。という認識で一致しています。

【県の付した条件(抜粋)】
 原子力規制委員会への規制基準適合申請にあたっては、以下の事項を申請書に明記すること
 2 今回申請のフィルタベント設備は地元避難計画との整合性を持たせ安全協定に基づく了解が
   得られない限り使用できない設備であること

【東京電力の申請書への記載(抜粋)】
(略)格納容器圧力逃がし装置及び代替格納容器圧力逃がし装置は,立地自治体の了解の後に運用開始するものであり,既に設置している耐圧強化ベント系と併せて,立地自治体と協議のうえで定める事業者防災業務計画に基づき,避難状況の確認等を行うことを手順等に明記する。

【参考:東京電力株式会社柏崎刈羽原子力発電所周辺地域の安全確保に関する協定書(抜粋)】
(計画等に対する事前了解)
 第3条
 丙は、原子力発電施設及びこれと関連する施設等の新増設をしようとするとき又は変更をしようとするときは、事前に甲及び乙の了解を得るものとする。
本件についてのお問い合わせ先
 原子力安全対策課長 須貝
(直通)025-282-1690 (内線) 6450



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ベントする事と原子力防災計画をどう整合性のあるものにするかが問題です。本当に出来るのだろうか?

(2013.10.3.)

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する