FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
=女川原発再稼働を許さない!福島原発事故を忘れない!=
さようなら原発 みやぎ県民大集会
2020年3月22日(日)本集会 午後1時30分 デモ出発 午後2時30分
会場 勾当台公園市民広場
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 第153回152回151回 女川原発2号機新規性基準適合性審査会合

■4月2日
第153回 女川原発2号機新規制基準適合性審査会合
【会議資料】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002193.html
【議題】
「サプレッションチェンバ内部水質量の考え方の変更について」
「地震による損傷の防止」
「建屋の耐震設計」

<報道・河北新報4月3日より>
女川2号機審査
燃料被覆管の機能維持説明
東北電
 原子力規制委員会は2日、東北電が再稼働を目指す女川原発2号機の新規制基準適合性審査会合を開いた。東北電は、基準地震動(最大想定の揺れ)が起きた場合でも放射性物質を閉じ込める機能に影響が及ばないとする設計方針を提示。燃料被覆管の各部位ごとの解析結果を踏まえ、地震動や応力による疲労度合いは基準に適合することを確認したと報告した。


■3月26日
第152回女川原発2号機新規制基準適合性審査会合
【会議資料】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002190.html
【議題】 
「設計基準への適合性、重大事故等対策及び大規模損壊発生時の体制の整備について」


<報道・河北新報3月27日より>
審査会合152回最多
女川2号機 柏崎刈羽上回る
 
 原子力規制委員会は26日、東北電が再稼働を目指す女川原発2号機の新規制基準適合性審査会合を開いた。審査会合数は今回で152回に上り、新基準施行後に合格した8原発15基のうち、合格まで要した会合数が最多だった東京電力柏崎刈羽原発6,7号機(新潟県)を上回った。回数は東北電、東電のカウントに基づいた。女川2号機は2013年12月に審査申請。柏崎刈羽は福島第1原発事故の事業者としても回数を重ねたが、女川は「東日本大震災で被災するなど固有の論点が多い」(規制委)事が長期化の一因とみられる。26日の審査会合で、東北電は地下水位を下げる対策などを追加説明。地下水を集めるドレーン管や揚水井戸を多重化する対策、運用方針を示した。規制委は「地下水位の低下機能が全体として多重化されていない」などと指摘し、改めて回答を求めた。航空機衝突やテロなどを想定した「大規模損壊」への対処の議論も始まり、次回以降は非公開で議論する。審査は終盤を迎えており、東北電は7月中に審査を終えたい意向を示す。女川2号機は福島第1原発と同じ沸騰水型炉(BWR)。加圧吸い型炉(PWR)に比べて審査が長期化する傾向にある。


■3月19日
第151回女川原発2号機新規制基準適合性審査会合
【会議資料】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002189.html
【議題】
「使用済燃料プールへの重量物落下について


<報道・河北新報3月20日より>
燃料プールへの落下防止策了承
規制委審査会合
  原子力規制委員会は19日、東北電が再稼働を目指す女川原発2号機の新規制基準適合性審査会合を開き、原子炉建屋にある使用済み核燃料プールへの落下物防止策を議論した。東北電は、プール直上にある屋根部材の落下をワイヤで防ぐ従来の方針を見直し、屋根構造全体が基準地震動(最大想定の揺れ)でも落下しない耐震性を確保する設計に変更すると表明。規制委は大筋了承した。組織や技術者の確保、自然災害や重大事故に対処できる教育・訓練といった原発事業者としての態勢についても説明し、規制委の理解を得た。



■3月14日
新規性基準適合性審査会合
【開催案内】
https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tekigousei/power_plants/00002188.html

<報道・3月15日河北新報より>
沸騰水型軽水炉
放射能漏れ試算再回答を求める
規制委東北電
 原子力規制委員会14日、沸騰水型軽水炉(BWR)の新基準適合性審査会合を開いた。女川原発2号機の再稼働を目指す東北電力が重大事故の被ばく評価の一環として、原子炉格納容器からの放射性物質の漏出について説明した。東北電は、重大事故で格納容器内が高温高圧となった場合、つば状の部分で部材をつなぐフランジ構造や電気配線貫通部のシール部分などから放射性物質が漏れだすと想定。国内研究機関の試験データを参考に、どの程度漏れるか考察した結果を示した。規制委は、結論に至る論理構成が不十分だとして再回答を求めた。東北電は、BWRを採用する電力7社を代表して説明した。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する