FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
=女川原発再稼働を許さない!福島原発事故を忘れない!=
さようなら原発 みやぎ県民大集会
2020年3月22日(日)本集会 午後1時30分 デモ出発 午後2時30分
会場 勾当台公園市民広場
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • (1/8)原発避難計画 市民グループが内閣府に質問書 他

■2019年1月8日
原発避難計画 市民グループが内閣府に質問書

再稼働が現実味を帯びている東北電力、女川原子力発電所2号機について、宮城県石巻市の市民グループは、重大事故が起きた際の避難計画には実効性がないとして内閣府に対し、検証を求める質問書を送りました。
  内閣府に質問書を送ったのは、石巻市の市民グループ「女川原発の避難計画を考える会」です。内閣府が主催する「女川地域原子力防災協議会」の作業部会の中で、石巻市が策定した避難計画について、交通渋滞の予測や避難バス確保の見通しなど7項目の実効性を検証し、結果を公開するよう求めています。女川原発の30キロ圏内の7つの市と町は、重大事故を想定した避難計画の策定が義務付けられています。しかし、計画では住民20万人が車で避難する必要があり「現実離れしている」との声が住民から上がっています。
 「脱原発宣言の町」を掲げる宮城県美里町。一部地域が30キロ圏内に含まれているため2016年3月に避難計画をつくりましたが、相澤清一町長は、自らその実効性を否定しています。12月12日、美里町議会も女川原発2号機の再稼働に反対する意見書を賛成多数で可決。脱原発の態度を明確にしました。こうした中、村井知事は、避難計画に実効性があるかどうかは、再稼働の是非を判断する際の重要な材料になるとの考えを示していますが、実効性を検証するのは県の役割ではないと話します。
 女川原発2号機の再稼働について、原子力規制委員会は、2月中旬以降、正式に審査の合格を出す見通しで、東北電力は来年度の2020年度中の安全対策工事の完了と、その後の再稼働を目指しています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000007-tbcv-l04<東北放送>

「女川原発の避難計画実効性について審査を」市民団体が内閣府に公開質問状〈宮城〉 
女川原発の避難計画について宮城県石巻市の市民団体が内閣府宛てに公開質問状を出しました。避難計画の実効性について国に質問状を出すのは、全国でも初めてとみられています。
市民団体は1月8日、石巻市で会見を開き、内閣府宛てに提出した質問状を公開しました。
これは、内閣府の「女川地域原子力防災協議会」の作業部会の中で、避難計画の実効性について審査を行うよう求めるもので、1月17日までの回答を求めています。
質問状では県と石巻市が作った避難計画について、「交通渋滞」や「高齢者への対応」など7つの点で実効性がないとしています。
市民団体では、すでに県と市に対し、女川原発の再稼働に同意しないよう求める仮処分を仙台地裁に申請していますが、その中で避難計画の検討作業が内閣府の担当と判明したことから、今回、直接質問状を出したということです。
女川原発の避難計画を考える会 原伸雄 代表
「内閣府がどうこれをとらえて、我々が心配していることについて議論・指導・支援してくれるのか知りたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000007-oxv-l04<仙台放送>

■1月5日
女川原発廃炉など知事に要請書 宮城県母親大会連絡会

村井知事(右)に要請書を手渡す佐藤会長
 宮城県内の教育、福祉関係団体などでつくる県母親大会連絡会は、東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)の再稼働反対と廃炉を求める要請書を村井嘉浩知事に提出した。
 要請書は、昨年9月に開いた県母親大会で参加者から寄せられた意見などをまとめた。原発廃炉のほか、水道3事業の運営を民間に一括して委ねる「みやぎ型管理運営方式」の導入反対、35人以下学級の早期実施も盛り込んだ。
 連絡会の関係者ら約50人が昨年12月23日、県議会棟を訪れた。村井知事に要請書を手渡した連絡会の佐藤郁子会長は「宮城の子どもが希望を持って生きられる古里にしてほしい」と求めた。
 村井知事は「(原発の再稼働は)県民の声に耳を傾けて熟慮したい。原発がある以上、命を守る取り組みを進める」と述べた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00000012-khks-soci<河北新報>

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する