FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • (3/9)子ども脱被ばく裁判 山下俊一氏出廷 他

■3月9日【子ども脱被ばく裁判】
山下俊一氏 出廷
「言葉足らずの講演だった」。9年後の〝ミスター100mSv〟が法廷で語った今さらながらの「釈明」と「お詫び」。甲状腺ガン「多発」は強く否定

言葉足らずが誤解を招いたのであれば謝る」。9年後の〝釈明〟に法廷がどよめいた─。「子ども脱被ばく裁判」の第26回口頭弁論が4日午後、福島県福島市の福島地裁203号法廷(遠藤東路裁判長)で開かれた。福島県の「放射線健康リスク管理アドバイザー」として福島県内各地で〝安全安心講演会〟を行った山下俊一氏が出廷。当時の発言の誤りを一部認め、「誤解を招いたのであれば申し訳ない」などと述べた。多くの人が信じた〝世界的権威〟の9年後の釈明。パニックを鎮めるために説明を省いていた事も分かり、原告たちからは改めて怒りの声があがった。
<鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)2020年03月05日 14:32 より>
https://www.iwanami.co.jp/kagaku/eKagaku_202003_Hiranuma.pdf

■ニコニコ発言「緊張解くため」〜山下俊一氏が9年前の発言釈明<ourplanetより>
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2478

■こども脱被ばく裁判のブログ
http://datsuhibaku.blogspot.com/

■福島20代女性の叫び「私の甲状腺がんの原因が知りたい」(女性自身より)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200311-00010005-jisin-soci&p=1

■岩波公開記事(時間限定)
甲状腺検査の集計外症例について
https://www.iwanami.co.jp/kagaku/eKagaku_202003_Hiranuma.pdf

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する