FC2ブログ

プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

■3月28日・河北新報より

女川原発2号機で作業員が内部被ばく

 東北電力は27日、女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の原子炉建屋1階で作業していた協力会社の50代の男性作業員が、体内に微量の放射性物質を取り込み、内部被ばくしたと発表した。東北電が保有する女川原発と東通原発(青森県東通村)で内部被ばくが発生したのは初めて。
 内部被ばく量は0.05ミリシーベルト。東北電の担当者は「自然界から受ける年間の線量に比べて極めて低く、身体に影響を与えるものではない」と説明している。
 東北電によると、作業員は26日午前9時45分ごろ~11時20分ごろ、布で金属製の弁の汚れを落とす作業に従事。終了後の体表面の検査で口元の汚染が確認され、27日の測定で体内への取り込みが判明した。
 作業員は専用の服やゴム手袋、長靴、ヘルメットを着けていた。弁は通常、原子炉の水を採取する配管に設置されているが、作業時は飛散防止のためビニール袋に入れていたという。
 東北電の担当者は「地域の方々にご心配とご迷惑をお掛けした。原因を究明し、安全性向上と再発防止に取り組む」と謝罪した。
 女川2号機は2月、原子力規制委員会の新規制基準適合性審査に正式合格した。東北電は安全対策工事を終える2020年度以降の再稼働を目指している。

https://www.kahoku.co.jp/special/spe1090/20200328_01.html

■4月14日<河北新報より>
女川2号機内部被ばく
汚染測定方法 不適切
東北電は13日、女川原発2号機で50代の男性作業員が内部被ばくした問題について、汚染状況の測定方法が不適切だったことなどが原因との調査結果を公表した。東北電によると、作業員らは3月下旬、金属製の弁をビニール袋に入れて除染したり、磨いたりする作業を実施した。弁の表面をふき取ったろ紙の汚染状態を測定する方法をとったが、弁の溝の奥に残っていた放射性物質が袋の内面に付着。袋内で洗浄スプレーを使うなどして放射性物質が開口部から拡散し、作業員の体内に入ったという。今後は複雑な構造の弁の作業は、放射線測定器で直接測定する。ビニール袋は使わず、防護マスクをつけるなど装備をより厳重にする。東北電は「再発防止策を確実に実施し、同様の事象を発生させないよう取り組む」と説明した。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する