プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
県民が決める!女川原発再稼働の是非 ~原発技術者が語る女川原発再稼働の問題~

日時 2017年10月7日(土)午後1時~4時30分 (開場12時30分)
会場 仙台市福祉プラザ ふれあいホール (地下鉄南北線「五橋駅」下車徒歩3分)
入場無料
主催 脱原発をめざす宮城県議の会&女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション
連絡先:☎/FAX 022-373-7000(篠原)
 hag07314@nifty.ne.jp

3.11大震災で基準をはるかに上回る揺れに襲われ、多数のひび割れが見つかっている「被災原発」を再稼働させてよいのか? 福島第一原発事故の原因は解明されてもいないのに、同じ型の原子炉を再稼働させてよいのか? 原発の構造と現場を熟知した技術者の意見を聴いて、女川原発再稼働の是非について共に考えましょう。そしてこの問題を宮城県知事選の争点のひとつとしていきましょう。

☆彡 プログラム
講演1 「東北電力は福島原発事故から何を学んだのか」田中三彦さん(元国会事故調委員)
講演2 「新規制基準は世界一なのか」後藤政志さん(元原子炉格納容器設計者)
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

<11月以降の催事のご案内>
【尚詳細は各団体のアドレスでご確認下さい】

11月17日
福島シンポジウム2013 
 飯舘村放射能エコロジー研究会(IISORA)福島シンポジウム
~原発災害と生物・人・地域社会への影響と克復の途を探る~
日時:2013年11月17日(日)10:00~17:30
場所:福島青少年会館大研修室 (収容人数約200名)
参加費:無料 (どなたでもご参加いただけます)
参加申込:不要 (満席の場合は、立ち見をお願いする場合がございます。)
主催:飯舘村放射能エコロジー研究会(IISORA)

なお、本シンポジウムの開催にあたっては、「公益財団法人JKA(RING!RING! プロジェクト・東日本大震災復興支援補助)による飯舘村支援活動」の予算を使用しています。

http://iitate-sora.net/%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0/%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a02013



11月19日
「5年後10年後子どもたちが健やかに育つ会 せんだい みやぎ」
http://d.hatena.ne.jp/sukoyakasendaimiyagi/
日本の放射能被害を防ごう
<ウクライナ>タチアナ・アンドロシェンコ女史が語る
        「低線量汚染地域・健康被害の真実

誰も知らない27年後のチェルノブイリ


                       記

◆日 時  11月19日(火)

 <講演スケジュール> *********************************************
      13:00~       受付開始
      13:30        開演
      13:35~13:50  「ウクライナ調査について」「日本とウクライナの違い」  
                                     小若順一氏
                   
      13:50~15:30  「健康被害と実情」        タチアナ女史
      15:30~15:40  休憩
      15:40~16:40  質疑応答              タチアナ女史
      17:10~       交流会(希望者のみ)

      ※スケジュールは変更となる可能性もございますのでご了承願います。   
 *******************************************************************

◆会 場  仙台市市民活動サポートセンター 6階セミナーホール
            地下鉄広瀬通駅 →西5番出口すぐ
            市営バス      →商工会議所前 徒歩3分

◆参加費  500円
           資料としてレジメの他、『食品と暮らしの安全(289号)』を配布予定

◆定員100名

◆お申込み 下記「こくちーず」よりお申込みください
           http://kokucheese.com/event/index/119345/


●11月29日(金)
カエルノワ

http://kaerunowa.blogspot.jp/2013/11/a2-b-c.html
『A2ーBーC』上映&トーク

日時 11月29日【金】
午前の部 10:30-13:00
夜の部  19:00-21:0

場所:せんだいメディアテーク7階 スタジオシアター


<プログラム>
午前の部
10:30-11:40 『A2ーBーC』上映
11:50-13:00 トーク&ディスカッション
   イアン・トーマス・アッシュ監督
   太田茂樹(子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク代表)
   井形 英絵(NPO法人 被災支援ネットワーク・東北 ヘルプ 理事、牧師)
   坂田邦子(東北大学)

夜の部
19:00-20:10 『A2ーBーC』上映
20:10-21:00 トーク&ディスカッション
         イアン・トーマス・アッシュ監督
         坂田邦子(東北大学)

入場料:無料

託児:有り(11月20日までに事前予約:
       090-9160-4343 grasskite@gmail.com山田まで、
       持ち物:昼食、飲み物)

主催: 『A2-B-C』上映実行委員会
    http://a2bcsendai.blogspot.jp/2013/11/a2-b-c.html 
協力:カエルノワ、i-くさのねプロジェクト、book cafe 火星の庭、社会情報学会東北支部、東北大学大学院情報科学研究科

お問い合わせ先
東北大学大学院情報科学研究科
メディア文化論研究室
坂田邦子 

mobile: 090-4428-6345
mail: k-sakata@media.is.tohoku.ac.jp




12月8日
東北教区放射能問題支援対策室いずみ
http://tohoku.uccj.jp/izumi/

講演会のお知らせ
北海道がんセンター名誉院長の西尾正道先生をお招きし、講演会を行います。

日時 2013年12月8日(日)15:00~17:00まで

場所 日本基督教団仙台青葉荘教会
(仙台市青葉区錦町1-13-48 東北教区センター「エマオ」の隣です)

講演 「こどもたちの甲状腺検査から見えてきたこと」
西尾 正道先生
独立行政法人国立病院機構 北海道がんセンター 名誉院長

入場無料です。申込の必要もありません。当日直接会場へお越しください。

みなさまのご参加をお待ちしております。


-風の会2013 公開学習会 vol.3- 福島原発事故の背景~1号機は設計ミスだった?~

講師:仙台原子力問題研究グループ 石川徳春さん
日時:12月14日(土)18:15~20:15
場所:仙台市市民活動サポートセンター研修室5
   (〒980-0811 仙台市青葉区一番町四丁目1-3 地下鉄広瀬通駅そば)
参加費:300円 主催:みやぎ脱原発・風の会(お問合せ090-8819-9920)

風の会HPで「原発問題のオリジナル解説あれこれ」を精力的に投稿している仙台原子力問題研究グループの石川さんに、昨年11.3の田中三彦さん講演録の出版をうけ、福島原発事故の背景を独自の視点で暴いて頂きます。貴重なお話ですので、ぜひみなさまのご参加をお待ちしております。(原発のここがチョットわからない、という方もどうぞ!)



コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する