プロフィール

dkazenokai

Author:dkazenokai
原発のない東北の復興を考える
市民による女川原発の再稼働を問うシンポジウム

日時:2017年1月29日(日) 13:00~16:30(開場12:30)
会場:仙台国際センター 大ホール(地下鉄東西線国際センター駅下車)
入場無料

東日本大震災・福島原発事故から5年半。被災地東北の復興は「新たな地域社会・地域経済をどう再生、再建するか?」というフェーズに入っています。再生可能エネルギーと農林水産業を基盤として、住民を主体とした自立した地域社会/経済を興そうという取り組みがある一方で、やみくもな原発再稼働の動きに象徴されるように、外部からの資本投下による“巨大プロジェクト”型の「復興」もまた推し進められています。
このような岐路に立つ今、東北の復興と原発再稼働問題について考えるシンポジウムを開催します。「東北の復興に原発は必要なのか?」「原発に頼らない地域社会・経済をどうつくるか?」をおおぜいの皆さんと共に考えたいと思います。ぜひご参加ください。

プログラム:
第一部 基調講演 金子勝氏(慶応大学経済学部教授)
『「脱原発」成長論――分散ネットワーク型社会へ向けて』
第二部 パネルディスカッション「原発のない東北の復興を考える」
コーディネーター:
早川俊哉氏(河北新報 論説委員)
パネリスト:
金子勝氏(慶応大学 教授)
佐々木功悦氏(宮城県議会 議員)
阿部美紀子氏(女川町議会 議員)
橋浦律子氏(NPO法人紫波みらい研究所 事務局長/理事)

主催:脱原発をめざす宮城県議の会
市民による女川原発の再稼働を問うシンポジウム実行委員会
連絡先:
電話&FAX 022-373-7000(篠原)
E-mail hag07314@nifty.ne.jp(舘脇)

<講演者プロフィール>
金子 勝(かねこ まさる)氏
慶應義塾大学経済学部教授。専門分野は制度経済学、財政学、地方財政論。テレビやラジオでの辛口のコメントでおなじみ。多忙の中でも執筆に精力的で、「脱原発成長論 新しい産業革命へ」、「資本主義の克服 共有論で社会を変える」、「負けない人たち」など著書多数。1952年東京都生まれ。75年 東京大学経済学部卒業。80年 東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。2000年より現職。

<賛同人・賛同団体大募集!>
賛同金  個人一口1,000円  団体一口3,000円
賛同いただいた方はブログ、当日パンフレットに記載して紹介させていただきます(匿名希望の方はその旨ご連絡ください)。
郵便振替口座 02210-0-120053
口座名 市民による女川原発シンポジウム実行委員会
※恐れ入りますが振込手数料のご負担をお願い致します
……………………………………
私たち「みやぎアクション」は、女川原発の再稼働を許さない!という思いで、集まり行動するゆるやかなネットワークです。

 私たちは2011年3月11日の震災後に起こった福島原発の爆発で、自然界には存在しない放射性物質を浴びました。
子どもたちは直接の被曝のみならず、汚染されてしまった環境によって、これから長い年月にわたり放射線を被曝し続けることになってしまったのです。

福島原発の爆発から2年以上たちます。
福島県では除染も思うように進まず戻れない人々、
年間1ミリシーベルトを超える環境で暮らさざるをえない人々が沢山います。
原発からは高濃度の汚染水が今も海に流れ続けています。
 震災当時、女川原発の被害状況はほとんど報道されませんでした。しかし女川原発でも、大規模事故につながりかねない危機的事態が発生していたことがわかってきました。

私達は福島原発事故後、県内で行動を起こした多くの個人や団体が“ゆるやか”につながって、次の課題に取り組んでいきます

1、女川原発の再稼働反対―廃炉を目指す取組
2、福島原発事故による放射能汚染に対する取組

  • 1.29シンポジウムに780人参加! 金子節炸裂で「原発は衰退産業で、エネルギー転換を突破口に地域分散型経済への転換を!」

20170129女川原発シンポチラシ表サイズ小

16425847_1250231951731113_3953198891516442461_n_201701312237222a0.jpg
16195611_1250232331731075_3907267766034253380_n_201701312236597ee.jpg
DSC_0051_20170226200318057.jpg

1月29日、「原発のない東北の復興を考える 市民による女川原発再稼働を問うシンポジウム」が開かれ、780人の市民が参加しました。

【当日アンケートより】
・脱原発によって地域分散型エネルギー再生を行うことが地域活性化につながるのだと思います。内部発展型経済循環しくみがこれから地域で行うべきだと思いました。(20代)
・「原発は不良債権だ」というお話、じっくりと聞けてよかったです。経済的な発展をするためにも脱原発!すすめます(30代)
・強いリーダー像に頼りきるのではなく、紫波のように、町民が学び、実行していくことが必要なのかもしれないと思いました。そしてそれはなかなか大変なことだと思います。(40代)
・多くの国民が再生可能エネルギーを選択することが求められている。エネルギーを値段で考えてはならない。東北人は電力自由化についての理解がまだまだ低いのが残念だ。(50代)
・“安全”を一番に考え、反原発運動をしておりますが、金子勝さんの“経済”から考える原発のお話に改めて日本の政治について考えることの大事さを気付きました。(60代)
・紫波町の取り組み、女川町の原発反対運動の歴史・現状、美里町の反原発自治体、それぞれのお話もとても興味深くよかったです。(60代)
・東北電力のCMについて、原発をたずさえて“よりそう”のは真平ごめんです。(60代)
・単に脱原発というのではなく、新しい社会のシステムづくり、若者に希望、夢の持てる社会システムをつくらなければならないということが改めて理解できた。(70代)
・金子先生の話、我を忘れて聞きほれていました。先生の情熱だけでも大いなる気力をもらいました。うれしい限りです。(80代)

河北の記事です。
http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170130_13024.html
  • 1.29シンポジウムへの賛同ありがとうございました!

御賛同頂いた方で、公開可と連絡いただいた方です。ありがとうございました (1月31日現在 入金確認できた方)

【団体】放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク、生活協同組合あいコープみやぎ、東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター、名取変電所と健康を考える会、全金本山労働組合、社会民主党宮城県連合、日本基督教団東北教区放射能問題支援対策室いずみ、電気通信産業労働組合、みやぎ脱原発・風の会、泉病院友の会、名取の環境を守る会、女川から未来を考える会、電通労組宮城支部、女川原発の廃炉を求める大崎連絡会、生命と平和の会、船形山のブナを守る会、新日本婦人の会 宮城県本部、宮城県母親大会連絡会、子供たちを放射能汚染から守り原発から自然エネルギーへの転換をめざす女性ネットワークみやぎ、NPO法人 きらきら発電・市民共同、原発問題を考える登米市民の会(事務局 工藤保之)、脱原発市民会議、特定非営利活動法人 麦の会、(有)長尾設備、宮城県保険医協会、宮城県生活協同組合連合会、宮城全労協、自治労宮城県本部、自治労宮城県本部青年部、自治労宮城県本部女性部、女川原発の危険から住民の生命と財産を守る会 、 三陸の海を放射能から守る岩手の会、宮城県護憲平和センター、宮城県平和労組会議、仙台地方平和労組会議、食緑水を創る宮城県民会議、宮城県高齢者問題懇談会、郵政合同労働組合、原発問題住民運動宮城県連絡センター 、I 女性会議宮城県本部、原発いらない宮城ツユクサの会、気仙沼地方護憲平和センター 、塩釜護憲平和センター 、女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション、 スペース21、全水道宮城県支部、塩釜地区平和運動推進労働総合会議、海産珍味たかしげ、繭の会

【個人】(敬称略)本田敏夫、山下司郎、熊谷敬子、佐藤千鶴子、鈴木健三、鈴木智子、佐藤功、多々良哲、大内忠雄(宮城全労協)、大島健男、岡野哲也、山田幹夫、小野寺秀也、日野正美、鈴木政喜、岩渕康治、太斎義明、三浦智美、後藤純一、柿沼健一、須江達雄 、田山英次、大場拓俊、高木静香、根岸誠、高桑順一、成田一紘、尾形忠也、鈴木幸信、布原啓史、伊藤由子、佐藤行夫、宇佐美麻耶、呉繁雄、青柳充、辻春男、原田禎忠、須藤英允、浅野けい子、西澤晴代、酒井孝夫、佐藤隆、中野七郎、中野郁子、石川徳春、兵藤則雄、須田剛、鈴木宏一、篠原弘典、篠原恭子、小山勇朗、前田千代、伊藤百合子、高橋徳、清水信義、荒井まり子、松原くに子、再稼働阻止全国ネットワーク会員有志、木村裕一、土屋聡、鈴木典明、 中鉢勉、酒井由布子、齊藤俊子、鈴木敏嗣、前野忠夫、前野恭子、橘美登里、日下邦子、古川さつき、加納真喜子、木村敏子、根本がん、高橋京、住田勝、住田順子、瀬川満夫、雫石壽子、長崎邦子、小関俊夫、早坂修、芳川良一、斎藤善雄、金田基、手嶋邦衛、小澤かつ、安田由紀子、松浦陽子、本田永久子、須藤道子、秋山善治郎、南政子、鈴木睦郎、岡山博、鈴木正博、服部賢治、高橋喜一、横山大玄、宇根岡實、小林弘志、佐藤剛、佐々木俊彦、石川雅之 、井原聰、玉川悟、小畑茂 、西新太郎、野川秀行、菅原晃悦 、河野正義 、畠山久美子 、西澤 晴代、石井里美、苫米地サトロ、梅森寛誠、梅森信子、舘脇章宏、菊池正、菊池よし、池田朋子、斎藤春美、畔田りえ子、齋藤洋子、他39名
  • 「原発のない東北の復興を考える」 市民による女川原発の再稼働を問うシンポジウム

20170129女川原発シンポチラシ表20170129女川原発シンポチラシ裏
(クリックすると画像が大きくなります)

日時:2017年1月29日(日) 13:00~16:30(開場12:30)
会場:仙台国際センター 大ホール(地下鉄東西線国際センター駅下車)
入場無料

東日本大震災・福島原発事故から5年半。被災地東北の復興は「新たな地域社会・地域経済をどう再生、再建するか?」というフェーズに入っています。再生可能エネルギーと農林水産業を基盤として、住民を主体とした自立した地域社会/経済を興そうという取り組みがある一方で、やみくもな原発再稼働の動きに象徴されるように、外部からの資本投下による“巨大プロジェクト”型の「復興」もまた推し進められています。
このような岐路に立つ今、東北の復興と原発再稼働問題について考えるシンポジウムを開催します。「東北の復興に原発は必要なのか?」「原発に頼らない地域社会・経済をどうつくるか?」をおおぜいの皆さんと共に考えたいと思います。ぜひご参加ください。

プログラム:
第一部 基調講演 金子勝氏(慶応大学経済学部教授)
『「脱原発」成長論――分散ネットワーク型社会へ向けて』
第二部 パネルディスカッション「原発のない東北の復興を考える」
コーディネーター:
早川俊哉氏(河北新報 論説委員)
パネリスト:
金子勝氏(慶応大学 教授)
佐々木功悦氏(宮城県議会 議員)
阿部美紀子氏(女川町議会 議員)
橋浦律子氏(NPO法人紫波みらい研究所 事務局長/理事)

主催:脱原発をめざす宮城県議の会
市民による女川原発の再稼働を問うシンポジウム実行委員会
連絡先:
電話&FAX 022-373-7000(篠原)
E-mail hag07314@nifty.ne.jp(舘脇)

<講演者プロフィール>
金子 勝(かねこ まさる)氏
慶應義塾大学経済学部教授。専門分野は制度経済学、財政学、地方財政論。テレビやラジオでの辛口のコメントでおなじみ。多忙の中でも執筆に精力的で、「脱原発成長論 新しい産業革命へ」、「資本主義の克服 共有論で社会を変える」、「負けない人たち」など著書多数。1952年東京都生まれ。75年 東京大学経済学部卒業。80年 東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。2000年より現職。

<賛同人・賛同団体大募集!>
賛同金  個人一口1,000円  団体一口3,000円
賛同いただいた方はブログ、当日パンフレットに記載して紹介させていただきます(匿名希望の方はその旨ご連絡ください)。
郵便振替口座 02210-0-120053
口座名 市民による女川原発シンポジウム実行委員会
※恐れ入りますが振込手数料のご負担をお願い致します。

主催:
脱原発をめざす宮城県議の会
2015年12月、宮城県議会(定数59)の超党派の県議有志20人によって結成された。①原発依存から脱却を目指す ②女川原発再稼働に反対する人々、慎重な対応を求める人々と思いを同じくする…の2点を目的とし、学習会や意見交換会などを中心に活動を進める。このような「脱原発」をうたった会の設立は原発立地14道県議会で初めて。会長は佐々木功悦県議(みやぎ県民の声)。副会長は菅間進県議(無所属の会)、中嶋廉県議(日本共産党)。事務局長は岸田清実県議(社民党)。

市民による女川原発の再稼働を問うシンポジウム実行委員会
<構成団体>
女川から未来を考える会/女川原発の危険から住民の生命と財産を守る会/女川原発の再稼働を許さない石巻地域の会/女川原発の再稼働を許さない!みやぎアクション/女川原発の廃炉を求める大崎連絡会/原発問題住民運動宮城県連絡センター/子どもたちを放射能汚染から守り、原発から自然エネルギーへの転換をめざす女性ネットワークみやぎ/「さようなら原発inいしのまき」実行委員会/自由法曹団宮城県支部/生活協同組合あいコープみやぎ/脱原発仙台市民会議/脱原発ひまわりネット/止めようプルサーマル!止めよう核燃料サイクル!女川原発地元連絡会/東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター/船形山のブナを守る会/放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク/宮城県護憲平和センター

<会場までのアクセス>
仙台市営地下鉄東西線 八木山動物公園方面「国際センター駅」下車
http://www.aobayama.jp/access/

5.29「事故が起きたら逃げられるのか」シンポジウムの動画です
それぞれクリックしてください

市民による女川原発の安全性を問うシンポジウム・主催者挨拶
基調講演1 「福島原発事故 そのとき浪江町民は」 馬場有氏(福島県浪江町長)
基調講演2 「原発避難計画の実効性を問う」上岡直見氏(環境経済研究所代表)
パネルディスカッション・閉会挨拶

20165291.jpg20165292.jpg
201605294_20160530223314bfc.jpg

5月29日、仙台国際センター大ホールで「事故が起きたら逃げられるのか?市民による女川原発の安全性を問うシンポジウムpart2」が開催され、前回を上回る630名の市民・議員などの御参加を頂くとともに、いろいろな立場・視点から原子力防災・避難計画の問題について多角的な議論が繰り広げられました。講演者・パネリストの皆様、御参加・御賛同頂いた皆様、本当にありがとうございました。以下は当日の資料です(発表者の許可を得てアップしております)。

馬場浪江町長講演資料(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/uces
石巻市避難計画の概要(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/uceA
上岡直見氏講演資料(1)(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/uceG
上岡直見氏講演資料(2)(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/uceK
上岡直見氏講演資料(3)(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/ucfk
上岡直見氏講演資料(4)(2016.5.29シンポジウム)
http://urx.red/uceS


<報道より〉
■5月29日 仙台放送
http://ox-tv.jp/nc/p/search_list.aspx?t=share&d=20160529&no=4

仙台市で女川原発の安全性を考えるシンポジウム開催
29日、宮城・仙台市青葉区で、女川原発の安全性を考えるシンポジウムが開かれ、福島・浪江町の町長が、事故が起きた際の迅速な避難行動などについて講演した。 浪江町の馬場 有町長は「放射性物質が、放出されてからでは遅い。(その)前に、避難できるように、国の指示を待たずに、町の判断で避難指示が出せる態勢をつくらなくてはならなかった」と述べた。 このシンポジウムは、「原発事故が起きたら逃げられるのか」をテーマに、女川原発から30km圏内にある、自治体の避難計画を検証しようと、県議会議員などが開いたもの。 29日は、浪江町の馬場町長が、福島第1原発事故直後の住民の避難行動を振り返り、複数の情報伝達手段を持つことが重要と話した。 馬場町長は「(迅速な避難へ)防災エリアメールとか、ウェブサイトとか、SNSとか、音声ではなく、目で見るサイネージなど、新しいツールを考えなければいけない」と述べた。

■5月30日 毎日新聞
女川原発 安全性を問うシンポジウム
避難計画に批判相次ぐ

 東北電力が来春以降の再稼働を目指している女川原発の安全性を問うシンポジウム(脱原発をめざす宮城県議の会など主催)が29日、仙台市で開かれた。立地自治体(女川町・石巻市)などが策定する住民の避難計画や事故時の想定について、参加者から疑問や批判が相次いだ。
 東京電力福島第一原発事故を受け、国は原子力災害対策指針を改定し、原発事故時の避難計画の策定を30キロ圏の自治体に求めている。両立地自治体のほか、登米市、東松島市など5市町が含まれる。中嶋廉県議は、国の原子力規制委員会が、原発から同心円状の距離を基本に放射性物質の拡散を想定していると批判。福島第一原発事故では距離に関係なく高い放射線量を観測した地域があることから、山などの地形や風向きなどの気象条件を踏まえる必要があると指摘した。東北東の風の場合、高いレベルの放射性物質が30キロ圏の南三陸町ではなく、海を越えて仙台市方向などにも及ぶという研究機関の想定を紹介した。事故当時福島県田村市で障がい者自立支援施設を運営していた鈴木絹江さんは、国の指針で5~30キロ圏は事故直後に屋内退避とされていることについて「障害を持っている独居者や高齢者は真っ先に避難が必要。(介護の)ヘルパーも来られない状況では餓死してしまう」と訴えた。石巻市の避難計画を策定している二上洋介・総務部次長は、避難手段として車が想定されていることに関連し、車両の放射線量の測定や除染をするポイント2か所で発生する渋滞が35キロに及ぶ可能性を説明した。

■5月30日 朝日新聞
避難計画の問題点、議論
    原発事故テーマにシンポ

 女川原発の安全性を問うシンポジウムが29日、仙台市内であり、約650人(主催者発表)が参加した。「事故が起きたら逃げられるのか」をテーマに避難計画の問題点を話し合った。
 福島県の浪江町の馬場有町長は基調講演で、福島第一原発事故の当初、情報伝達が不十分だったことや、町外への避難ルートも未定だったことを説明。「私自身が安全神話につかっていた。事故後は住民がバラバラに避難し、混乱した」と話した。
 主催した脱原発を目指す県議の会副会長・中島廉県議(共産)は、民間のシュミレーションシステムを使い、女川原発で重大事故が起きた場合、風向き次第では仙台市中心部も避難を余儀なくされる可能性を指摘。「まともな想定をしないで(自治体の)避難計画が作られている。現実味のある避難計画に作りなおすべきだ」と訴えた。
 討論会では石巻市の避難計画づくりを担当する二上洋介総務部次長が、自治体ごとに計画の策定を義務付けている国の方針を問題視。隣り合う市や町の計画が連動しないと実効性がないとして、「国や県が先頭に立って一つの計画をつくるべきだ」と主張した。
11月以降の催事のご案内


■11月12日
「核廃棄物の後始末をどうするか」
意見交換会in宮城・栗原

日時:11月12日(土)  午後1:00開始~4:00(会場12:30)
会場:栗原市(金成支所)金成ほたるホール(金成沢辺町沖200 ☎0228-42-1111)
資料代:500円

【報告者】筒井哲郎(プラント技術者の会)
      満田夏花(国際環境NGO FoEJapan理事)
【意見交換】コーディネーター:岡山 博(元仙台赤十字病院呼吸器科医師)
■みなさんの御意見をお寄せください。当日も活発な意見交換を!

【協力】原子力市民委員会
【主催】「放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク」 http://kuriharasimin.blog.fc2.com/
連絡先:本田敏夫  ☎・FAX 0228-23-7707


■11月19日
講演会と総会「原発再稼動阻止のために~私たちの課題は~」

日時: 2016年11月19日(土)14時~16時
場所: 多賀城市市民活動サポートセンター会議室
講講師:高野博氏
主催:原発ゼロをめざす塩釜・多賀城・利府・七ヶ浜・松島地域連絡会

■11月20日
「‐命をまもるために 知ろう、つながろう‐かまちゃんの映画と対話の会」

『六ヶ所村ラプソディー』『ミツバチの羽音と地球の回転』など
多数のドキュメンタリー作品を作られている鎌仲ひとみ監督。
今回は監督の最新作「小さき声のカノン」を多くの方に観て頂きたいです。
皆様のお越しをお待ちしております。

◇ 日時:2016年11月20日(日) 13:30~16:40(13:05~受付/開場)
◇上映作品「小さき声のカノン」 監督:鎌仲ひとみ 製作・配給:ぶんぶんフィルムズ/119分
◇会場:仙台メディアテーク7階スタジオシアター(仙台市青葉区春日町2-1)
    *地下鉄南北線勾当台公園駅下車「公園2」出口から徒歩6分

:スケジュール:
13:30- ぶんぶんフィルムズ予告編
13:35- 本編上映(119分)
15:55- 休憩(10分)
16:05- 「戦争の作り方」(7分)上映
16:15- 鎌仲ひとみ監督トーク(質疑応答)
16:40- 終了

*18時より交流会を開催(「かまカフェ」19:30まで 定員20名申込み要)
◇入場料:前売り1000円 / 当日1200円(小学生以下無料
*託児はございません。
*定員180名(満席の際は当日券は販売いたしません)

:お申込み:
◇こくチーズ
http://kokucheese.com/event/index/426763/
◇メール
info@kamanaka.com

◇前売りチケット取扱店
 「火星の庭」http://kaseinoniwa.com/ 
「慢瑶茶(まんようちゃ)」URL(facebook)/ https://www.facebook.com/ManYaoCha
 「ゼロ村市場」http://www.zerocraft.com/zero-village/zeroichiba.html


■11月20日
映画上映「飯館村の母ちゃんたち 土とともに」

日時:11月20日(日)
    13時半~  映画上映
    15時20分~トーク(出演者と監督)
場所:・エルパーク仙台6Fギャラリーホール
主催:イコールネット仙台・仙台男女共同参画財団

入場料:800円

■11月26日
女性ネットみやぎ学習会「放射能の基礎から応用までQアンドA」

*放射能汚染について・外部被ばく・内部被ばくの影響の違い・なぜ甲状腺がんになるの?など、疑問に思っていること、日頃わからないままでいたこと、など気軽に尋ねて、話し合い、理解しよう!
日時:11月26日(土)13時半・
場所: パルシティ7F
講師: 矢崎とも子医師
参加費: 無料


■11月27日

宮城県保険医協会女性部公開市民講座・
「原発事故について考えてみよう(公開授業)」

日時:11月27日(日)
 第1部(10時半~12時)「原発事故について考えてみよう(公開授業)」 
 第2部(13時半~15時半)「風化が進む原発事故の記憶~チェルノブイリ30年、福島5年の現場報告~」  
場所:
講師:木村真三氏(獨協医科大学准教授・放射線衛生学者)
参加費:無料
要申込み:FAXで 022-265-0576



■12月3日
今中哲二氏講演会
『福島原発事故から5年-チェルノブイリと福島の放射能汚染を考える』

福島原発事故から5年半、放射能汚染の問題がメディアに取り上げられることも少なくなりました。この間、ある意味で「順調に」放射線量は減衰してきましたが、しかし今後は、汚染の主役=セシウム137の半減期が30年であることを考えると、数十年(数百年?)単位の対応を考えていかねばなりません。決して「風化」させてよい問題ではないのです。
この問題について考えるために、今中哲二さん(元京都大学原子炉実験所助教)の講演会を開催します。今中さんは、福島原発事故の直後から福島県飯舘村に入り、村内の放射線量を詳細に測定、その後も毎年、定点観測を継続しておられます。
今中さんのお話をとおして、これから私たちが放射能汚染問題にどのように向き合っていくべきか?を共に考えましょう。

日時 :2016年12月3日(土) 13:30~16:00
 場所: 仙台市戦災復興記念館・記念ホール (仙台市青葉区大町2丁目12-1)
講師: 今中哲二
参加費: 無料


■12月10日
ドキュメンタリー映画「日本と原発4年後」上映会
知っていますか?原発のすべて・・・・

日時:12月10日(土)10時半~14時~
場所:みやぎ生協加賀野店(登米市)2Fホール
主催:女川原発UPZ住民の会
前売り券:500円(当日600円)


■12月17日
風の会・公開学習会 「廃炉に向けての“基礎固め”に 女川原発申請書等を“ぶっ飛ばしで”見ようぜ!」(仮)

日時:12月17日(土)pm6時30分~
場所:戦災復興記念館 


■2017年1月29日
「原発のない東北の復興を考える」 市民による女川原発の再稼働を問うシンポジウム

日時:2017年1月29日(日) 13:00~16:30(開場12:30)
会場:仙台国際センター 大ホール(地下鉄東西線国際センター駅下車)
入場無料

東日本大震災・福島原発事故から5年半。被災地東北の復興は「新たな地域社会・地域経済をどう再生、再建するか?」というフェーズに入っています。再生可能エネルギーと農林水産業を基盤として、住民を主体とした自立した地域社会/経済を興そうという取り組みがある一方で、やみくもな原発再稼働の動きに象徴されるように、外部からの資本投下による“巨大プロジェクト”型の「復興」もまた推し進められています。
このような岐路に立つ今、東北の復興と原発再稼働問題について考えるシンポジウムを開催します。「東北の復興に原発は必要なのか?」「原発に頼らない地域社会・経済をどうつくるか?」をおおぜいの皆さんと共に考えたいと思います。ぜひご参加ください。

プログラム:
第一部 基調講演 金子勝氏(慶応大学経済学部教授)
『「脱原発」成長論――分散ネットワーク型社会へ向けて』
第二部 パネルディスカッション「原発のない東北の復興を考える」
コーディネーター:
早川俊哉氏(河北新報 論説委員)
パネリスト:
金子勝氏(慶応大学 教授)
佐々木功悦氏(宮城県議会 議員)
阿部美紀子氏(女川町議会 議員)
橋浦律子氏(NPO法人紫波みらい研究所 事務局長/理事)

主催:脱原発をめざす宮城県議の会
市民による女川原発の再稼働を問うシンポジウム実行委員会
連絡先:
電話&FAX 022-373-7000(篠原)
E-mail hag07314@nifty.ne.jp(舘脇)